最強格闘家陣が鬼龍院翔のピンチを救う『仮面ライダーウィザード』主題歌ミュージックビデオ

twitterツイート

テレビ朝日にて現在放送中の『仮面ライダーウィザード』。鬼龍院翔が歌う主題歌「Life is SHOW TIME」のミュージックビデオが完成した。ビデオでは、仮面ライダーウィザードと鬼龍院翔の前に現れた強敵たちに立ち向かう助っ人として、プロレスラー・棚橋弘至、プロボクサー・亀田大毅、柔道家・鈴木桂治が登場している。

◆棚橋弘至、亀田大毅、鈴木桂治出演。鬼龍院翔「Life is SHOW TIME」ミュージックビデオ画像

『仮面ライダーウィザード』は、平成仮面ライダーシリーズ14作目。ウィザードという名前からもわかるように、“魔法”をテーマに、人々の希望となって強大な敵に立ち向かっていく。

主題歌「Life is SHOW TIME」(10月24日リリース)は、作詞が仮面ライダーシリーズでおなじみの藤林聖子。そして作曲と編曲は、こちらも仮面ライダーシリーズ関連楽曲を手がけてきたeversetのtatsuo。さらにtatsuoがプロデュースするゴールデンボンバーのボーカル・鬼龍院翔をボーカリストとして起用したこの曲は、すでに子供たちが口ずさむほどの人気を得ているという。

ミュージックビデオでは、仮面ライダーウィザードの敵・グールが、あろうことか鬼龍院翔へと襲いかかる。キリショー、危うし。そんなピンチを救うべく、仮面ライダーウィザード、そして最強格闘家たちが助っ人として召還される ──。

現在、IWGPヘビー級チャンピオンとして活躍しているプロレスラー・棚橋弘至。彼はリングパフォーマンスでも仮面ライダーの要素を盛り込むほどのライダーファン。今回も、グールにスリングブレイド、ジャイアントスイングと言ったプロレスの大技を使って立ち向かう。

オリンピック、世界選手権と数々の金メダルを獲得した日本最強の柔道家・鈴木桂治。今回も一本背負いや足払いなど見事な技で敵を退治。最後には、得意の内股でグールを一網打尽にする。

亀田3兄弟の次男で、元・WBAフライ級王者にして、現在はWBAスーパーフライ級に階級を変え、世界王者を狙う日本最強ボクサー・亀田大毅。今回、リングから飛び出した彼は、パンチのみならずキックをも使って、グールを次々に沈めていく。

格闘家たちによる激しいバトル。鬼龍院翔が歌う主題歌とともに、今後も『仮面ライダーウィザード』を盛り上げる。

(C)2012 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
◆VARKS
◆エイベックス仮面ライダー公式サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon