CALENDARS、2ndミニ・アルバム『Sweep』をリリース

ツイート
The Get Up Kidsトリビュート・アルバムへの参加、映画『ポーラー・エクスプレス』挿入歌のカバーEP制作などを間に挟んで、CALENDARSがデビュー・ミニ・アルバムから約4年ぶりとなる2ndミニ・アルバム『Sweep』をリリースする。

◆「You Read Me」試聴

ELLLEGARDEN所属レーベルの後輩としてデビューしたCRUNCHの中心メンバーが、その解散後にカナダ留学を経て再集結したパワーポップ・バンドがCALENDARSだ。地元、栃木県宇都宮市在住ながら、The Get Up Kidsや<NANO-MUGENFES.2012>で来日したMOTION CITY SOUNDTRACKなど世界的なバンドとの交流も深めている。

そのMOTION CITY SOUNDTRACKをして「間違いなく俺たちやWEEZERへの日本からの回答だ」と言わしめた彼らが2ndミニ・アルバム『Sweep』を12月5日にリリースする。「Calling Out」や「Tracy」など、すでにライブで人気の定番ナンバーに新曲を加え、全8曲を収録した。


アートワークを手掛けたのはHELMET UNDERGROUND & RIKO。カナダのNobunnyやThe Wendy Darlingsをはじめ、海外インディー・レーベル所属アーティストのジャケットを担当したほか、日本では「TOKYO VIVI」など有名ファッション誌の挿絵、DJチームTwee Grrrls ClubやアパレルストアViOLET AND CLAiREのアートワーク全般を担う、CALENDARSと同じ栃木在住で海外経験を持つ女性イラストレーターだ。

このコラボレーションは、高校時代に地元ライブハウスでの対バン経験のある両者がFacebookのフレンドで再会したことからスタートしたという。CALENDARSのヴォーカル&ギターKAZは、「本作の曲は彼女のイラストの世界観に共鳴し影響されている」と語り、HELMET UNDERGROUND & RIKOは「アルバムに登場するキャラクターはCALENDARSの楽曲からインスパイアされて生まれたもの」と明かしている。

なお、現在YouTubeのThistime Recordsチャンネルではリード・トラック「You Read Me」の先行試聴が可能となっている。そのサウンドに耳を傾けながら、早くも初回限定盤が出荷時点で終了したという話題作『SWEEP』のリリースを心待ちにしてほしい。



2ndミニ・アルバム『SWEEP』
2012年12月5日発売
XQER-1049 \1,785(tax in)
1.You Read Me
2.Calling Out
3.Tracy
4.Tight Rope
5.The hole
6.Room 206(i)
7.Room 206(ii)
8.Dawn Song

◆CALENDARS オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報