石月努、10余年の年月を経て渋谷公会堂に再降臨

ツイート
石月努のソロデビューライブ<TSUTOMU ISHIZUKI the FIRST LIVE 2013 遠い日の約束 ~たとえ、鬼が笑っても~>が、1月27日(日)に東京渋谷公会堂で開催となる。

かつてFANATIC◇CRISISのラストライブを飾ったのもこの渋谷公会堂だった。あれから10余年の年月を経て、あらためて石月努としてこの地に立つことは、石月自身もファン達にとっても感慨深いものだ。

2012年にUSEN☆BEST HITSステーション「野村義男のフレッシュミュージシャン」にゲスト出演したことがきっかけとなり、当日は野村義男がギタリストとして参加、ドラムスLa'cryma ChristiのLEVINが担当、石月努の7年半ぶりの復活にふさわしい豪華なメンバーが脇を固める。

最新ミニアルバム『DROP』をはじめ、マキシシングル「I.S. / 銀ノ雨。」(2012年10月17日リリース)、DVDシングル「365の奇跡」(2012年9月17日リリース)はもちろんのこと、FANATIC◇CRISIS時代の代表曲をふんだんに織り交ぜ、さらに未発表曲も加えてのオールタイムベスト的なパフォーマンスが期待できる。

<TSUTOMU ISHIZUKI the FIRST LIVE 2013 遠い日の約束 ~たとえ、鬼が笑っても~>
2013年1月27日(日)
開場16:30 開演17:00
前売り\4,500(税込)/全席指定
[問]SOGO TOKYO TEL03-3405-9999

『DROP』
2012年12月5日発売
URCL-1001 2,300円
1.OPENING [Inst]
2.GAME
3.DROP
4.勇気
5.青ノ翼
6.DANCE DANCE DANCE
7.LOVELESS

◆石月努オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報