三浦サリー、新曲が“日本一売れているファッション誌”CM ソングに

ツイート

三浦サリーの新曲「ハッピーハッピーピース」が、“日本一売れているファッション誌”、宝島社の『sweet(スウィート)』2月号のCMソングに決定した。

◆三浦サリー 画像

三浦サリーは、メジャーデビュー前からデジタルシングルでヒットを連発、“新・配信の女王”とスポーツ新聞、ワイドショーなどを賑わし、2012年4月にミニ・アルバム『泣キ歌』『恋ノ歌』を2枚同時リリース。また、東北出身という事もあり、クリスマスには福島の保育園でスペシャルライブを催すなど精力的に活動している。

今回『sweet』のCMソングに抜擢された「ハッピーハッピーピース」は、カラオケでも盛り上がりそうなアゲアゲのハッピーチューン。「友達といっしょに“彼”の嫌いなところを、おもいっきり叫んじゃおう!キレイになって見返しちゃおう!」という、励まし系・冬ラブソングとなっている。

今回、このタイアップを記念して、今まで公開されていなかった「ハッピーハッピーピース」のミュージックビデオが、12日にYouTube、22日にGyaO! で公開される。着信うた(R)は現在、レコチョク他で配信中。

三浦サリーは1月、韓国・日本大使館での、日本の音楽や文化振興を目的としたライブを開催する。


8th digital single
「ハッピーハッピーピース」
2012年12月26日配信
レコチョクURL
http://recochoku.com/f0/miurasally/happyhappypeace/

◆オフィシャルサイト
◆オフィシャルブログ
この記事をツイート

この記事の関連情報