【会見レポート】河西智美、海外ドラマ吹き替え「自信をもって100点です!」

ツイート

河西智美がドラマ「リベンジ シーズン2」のアフレコ会見を実施、声優としての才能をのぞかせた。

◆河西智美画像

河西智美が吹き替えを行ったのは、完全無料のBSテレビ局・Dlife(ディーライフ/チャンネル番号:BS258)にて3月23日(土)22:00から日本独占初放送となる復讐ドラマの決定版「リベンジ シーズン2」で、担当したのは物語のターニングポイントとなる第8話『起源』(5月11日放送予定)に登場する、主人公エミリーの復讐のターゲット:ヴィクトリア・グレイソンの少女時代だ。

今回が海外ドラマの声優に初挑戦となった河西智美は、役柄にちなんでレトロアメリカンなワンピース姿で登場。「初めてのドラマの吹替でしたが、既に女優さんが演技をしているところに声を入れるのは難しかったです。演技を潰さないように気をつけました。収録前にはAKB48の大島優子ちゃんが吹替を担当した『メリダとおそろしの森』を改めて見たんですが上手だなと思いました。とても参考になりました」と、その手応えを語った。

またアフレコの出来については「監督にも色々指導頂いて、すごく時間をかけて収録をしました。最終的には自分の声も馴染んでいたと思うので100点です!」とご満悦。アフレコ会見の最後には、ストーリーの鍵となる拳銃を持ってフォトセッションも行われ、イベントは大盛況のうちに終了となった。

「AKB48でも色々なことをやらせて頂きましたが、歌やステージに立つことが好きなので、卒業したらミュージカルにも挑戦してみたいです。あとは英語を勉強したいですね。自分の歌った英語の歌が『リベンジ』の主題歌になったら嬉しいです!」──河西智美

ドラマ「リベンジ シーズン2」は、復讐への緊張感と先の読めないストーリー、セレブ界のゴージャスで優美なファッション、タイプの異なる魅力的な男性俳優陣といった見どころ満載の復讐ドラマの決定版だ。物語の鍵を握る重要なエピソードにおいて、大きな十字架を背負った少女ヴィクトリアをどのように演じているのか、ご注目を。

「リベンジ シーズン2」
無料BSテレビ局・Dlife(ディーライフ)
3月23日(土)より日本独占初放送
この記事をツイート

この記事の関連情報