この夏、<Glastonbury Festival 2013>に出演するザ・ローリング・ストーンズ。ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、ロニー・ウッドの3人が「楽しみだ!」と発言している中、チャーリー・ワッツだけはあまり乗り気ではないらしい。野外コンサートやフェスティヴァルが好きじゃないそうだ。

◆チャーリー・ワッツ画像

彼は『The Guardian』紙のインタビューでこう話している。「やりたくないね。ほかのみんなは盛り上がってる。僕は野外でのプレイが好きじゃないんだ。フェスティヴァルは当然のこと、好きじゃない」「バンドにいると……どんなことだってなんだってやるけど、グラストンベリーは古くさいな。そもそも、僕はヒッピーが好きじゃなかった。週末やりたいことじゃないなあ、正直なところ」

「野外のプレイで最悪なのは、風が吹いたときだ。ドラマーだと、シンバルが動いちゃって…、プレイするのが本当に大変なんだよ」

ストーンズはこの夏、<グラストンベリー・フェスティヴァル>(6月29日)だけでなく、<ハイド・パーク>(7月6日)でも野外コンサートを行なう。<ハイド・パーク>公演のチケットは金曜日(4月5日)発売。ステージ近くのスタンディングが£330(約4万9,000円)だという。

Ako Suzuki, London