島袋寛子、沖縄を歌うソロライブ開催

twitterツイート

7月14日、東京・品川ステラボールにて島袋寛子ソロライブ<HIROKO SHIMABUKURO★LOVE and ... live2013>が行なわれた。

◆島袋寛子 <HIROKO SHIMABUKURO★LOVE and ... live2013> 画像

ライブで披露された楽曲は、8月14日に発売されるカバーアルバム『私のオキナワ』収録曲が中心。島袋は「カバーの曲はみなさんそれぞれに思いがあるから大事に歌いたい。」と曲ごとの思い出をMCで明かし、誰もが一度は聴いたことのある沖縄音楽の名曲を、オリジナルの良さを生かしつつ、“島袋寛子流”にアレンジして歌いあげた。

また、本公演では島袋寛子初名義となる、7月17日発売のニューシングル「童神」(ワラビガミ)も歌唱。この曲は、沖縄音楽を代表する女性歌手・古謝美佐子の作品で、沖縄の方言であるウチナーグチが歌詞となっている。なお、MCでは「お孫さんが生まれたときに作った曲で、母の想いがたくさんつまった曲。ミュージックビデオは歌詞つきなので、どんな意味なのかじっくりと味わってください。」とコメントした。

さらに島袋寛子は、「沖縄で景色を見ていると頭の中に曲が流れてくるんです。みなさんにも聞いてマジックにかかってほしい。」と、アルバムのタイトル曲となっている「私のオキナワ」を披露するなど、夏にぴったりのライブを展開し、会場全体はすっかり“沖縄のビーチ”へと変貌を遂げていた。

引き続き本公演は、舞台を大阪・なんばHacthに移して7月20日(土)に開催される。


◆BARKSライブレポ
◆島袋寛子のチケット情報
◆島袋寛子 オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon