リアム・ギャラガー、妻は別れても犬とは別れたくない

twitterツイート

リアム・ギャラガーと別居中の妻ニコール・アップルトンが、犬の親権争いに突入するようだ。

◆リアム・ギャラガー画像

ニコールとの間に息子のジーン君(12)を持つリアムだが、ダックスフントのルビー・チューズデーとブリジット・バルドーの2匹をとても恋しがっているようで、新しい恋人のデビー・グィザーと住み始めた北ロンドンにある家で一緒に過ごしたがっているという。

ある関係者は「リアムは犬たちの共同親権が欲しいんです。あの犬たちと一緒に過ごせないことはリアムにとっては辛すぎるんです。その辛さを紛らわすために家の近くのペットショップまで訪れていますからね」と明かしている。

しかし、この夏にリアムとアメリカ人ジャーナリストのリザ・ゴルバーニとの隠し子が発覚したことで強いショックを受けたニコールは、リアムの要求に応えるつもりは一向にないという。前述の関係者はデイリー・スター紙に「リアムはニコールにこの件についての強い気持ちを打ち明けました。でもニコールはリアムのリクエストに応えてあげるつもりはないようです」と続けた。

大のダックスフント好きで知られるリアムは以前、その種を絶滅から守るためには何でもすると豪語していたことがある。「ダックスフントが絶滅したらって?俺は絶対に阻止するね。俺が900匹買うよ。俺が崩壊を阻止してやるんだ」
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報