【インタビュー】黒夢「もっと自由であっていいと思うし、僕ら自身が黒夢に縛られる必要もない。形式としての黒夢がいつまでも続くとは思ってない」

twitterツイート


■メタル、パンク、グラムでもない危険な香りのするロック
■そういう曲のカヴァーをソロではなくバンドでやってみたかった

――各々の3曲目に収録されているカヴァー曲の選曲も面白い。まず「ゲルニカ」のほうに同時収録されているのは「ストローヘッド」。オリジナルは女性3人組バンドのJaco:necoですよね? 僕はあまり詳しくないんですが。


▲「ゲルニカ」[CD+DVD] AVCD-48880

▲「ゲルニカ」[CD+DVD] AVCD-48881

▲「ゲルニカ」[CDシングル] AVCD-48882
清春:僕自身も実は生では観たことはないんです。岐阜に住んでた頃、名古屋のローカル番組がTVで流れていて。ELLというライヴハウスの常連バンドが何個か出てたんですけど、そのひとつが彼女たち……というか、このお姉さま方だった。実際、そのときに番組で演奏されてた何曲かのうちのひとつがこの曲で。つまり、僕の記憶をたどったときに出てきた曲。検索すれば他にもっと代表曲が出てくるんだろうけど、僕のなかでJaco:necoといえばこの曲なんです。黒夢ではこれまでも(ステッペンウルフの)「BORN TO BE WILD」とか(ザ・ダムドの)「NEW ROSE」とかカヴァーをやりましたけど、日本のロックのカヴァー・アルバムを作るのも面白いんじゃないかっていう話が出てたんですね。しかもちゃんと危険な香りがしてた頃の日本のロックの、超有名ではない曲ばかりを集めて。そのときに候補にあがった曲なんです、この「ストローヘッド」も、もう1曲の「奴隷」のほうも。どちらも刺激的でしたね。Jaco:necoについても、改めて音源を確認してみると、ちょっと簡単じゃないことやってるんですよ。このメロディ自体、即座には歌えなかったし。バンド名からしてちょっと妖しい感じがする。当時の僕らからすれば、自分たちがなかなか出られなかったELLに出演してるバンドという意味での憧れもあったわけですけど。

――そしてこの曲に参加しているのが高野哲さん。しかも歌ではなくギターで。

清春:今回、どっちかの曲で絶対、彼に弾いて欲しいと思ってたんです。ZIGZOもNILも僕は好きなんだけど、哲君自身について、もっと評価されるべき人だと常々思っていて。もちろん歌声や歌詞も素晴らしいんだけど、ここでコーラスをやってもらうというのもどうかと思ったし、ギターも上手いのはわかってた。いつかこうして一緒に何かできる機会が欲しかったんですよね。しかも対バンとかではない形で。実際、誘って良かったですね。僕がスタジオに行った頃には、もうほとんどレコーディング終わってたけど(笑)、そこであれこれと話もして。もっといろんなところから声がかかって引っ張りだこになるべき人だと思うなあ、彼は。

――そして双方のカヴァー曲でドラムを叩いているのが、coldrainのKatsumaさん。

清春:彼にはライヴで一度叩いてもらっていて(9月6日、Zepp Diver City)、すごくいいドラマーだってことを実感できてたし。どちらも曲調的にはあんまりcoldrainのカラーではないんだけど、ライヴを観に来てくれた関係者とかもみんな彼がすごく良かったと言ってて、「レコーディングも一緒にしたらいいんじゃない?」という声も多かった。曲はこのさいなんでもいいんじゃないか、と(笑)。

――「I HATE YOUR POPSTAR LIFE」のほうに収められているカヴァー「奴隷」は、SHADY DOLLSの楽曲ですよね?


▲「I HATE YOUR POPSTAR」[CD+DVD] AVCD-48883

▲「I HATE YOUR POPSTAR」[CD+DVD] AVCD-48884

▲「I HATE YOUR POPSTAR」[CDシングル] AVCD-48885
清春:うん。僕、好きだったんです、SHADY DOLLS。もちろんTHE STREET SLIDERSも大好きで、ZIGGYも好きだったけど、ZIGGYがグラムっぽかったのに対して、もっとローリング・ストーンズ的というか。「BLACK RAIN」という曲も好きだったんで、どっちにしようか迷ったんですけど。なんかね、あの時代の日本のロックを体験できなかった人たちには「みんな、残念だったね」って言いたい気分(笑)。メタルでもなく、パンクでもなく、ミクスチャーでもなく。だけど危険な香りのするロックなんです。そういう曲のカヴァーを、ソロではなくバンドでやってみたかった、自分達でも今回の選曲については、いいところを突けたんじゃないかと思ってますね(笑)。

――なんか、黒夢を楽しめているのがそういった発言ぶりからも伝わってきます。

清春:うん。こんな言い方をすると誤解する人もいそうだけど、もしかしたら黒夢じゃなくても楽しくやれるのかもしれない。このカップリングとかにもそれが現れてるように思うんですよ。もはや黒夢だから一緒にやってる、という感覚じゃないんですよね。気心の知れた人時君とやってるというだけ。たまたまこの2人が一緒にやってると黒夢という名前になってしまうというだけで。むしろ黒夢に縛られずにいたいところもあって、彼との間では、黒夢以前に一緒にやってたバンドでのライヴとかやっておきたいよねって話まで出てくるくらい。それもまた“黒と影”なんですよ。

――なるほど。黒夢と、その影にあるものというか……。

清春:そう。結局、僕ら自身がいちばん黒夢にこだわってないというか。だから、「黒夢をやってるうちに観に来たほうがいいよ」みたいなことをよく言うのは、かならずしもネガティヴな意味ではない。みんな、名前があるからこそ復活するようなところがあるじゃないですか。僕らも5年前は周りがそうだったかもしれない。だけど今はね、その名前とは関係なく時には一緒にやってもいいんじゃないかと思えてる。もっと自由であっていいと思うし、僕ら自身が黒夢に縛られる必要もない。もちろん1月には黒夢としてアルバムを出して、黒夢として日本武道館のステージに立つわけです。だけど、そういう黒夢、つまり形式としての黒夢をいつまでも続けようとは思ってない。実はそれとは遠いところに僕らの意識はあって、「一緒にいて、楽しければいいじゃん」という。だから、今、2人で一緒に黒夢に泥を塗るぐらいの気持ちであれてるんです。守ろうというのとは違う気持ちでやれるというか。だからある意味、一夜限りの復活ライヴから5年間かけて、ようやくちゃんと解散できるような感覚でもある。1999年とは真逆の終わり方もできるというかね。

取材・文●増田勇一


「ゲルニカ」
2013/12/11 RELEASE
[CD+DVD] AVCD-48880 \1,890(税込)
【初回限定封入】
2014.1.29 日本武道館ライブチケット優先予約応募券
DISC 1
01 ゲルニカ
02 CALLING
DISC 2
01 『ゲルニカ』MUSIC VIDEO
02 『ゲルニカ』MUSIC VIDEO MAKING
[CD+DVD] AVCD-48881 \1,890(税込)
【初回限定封入】
2014.1.29 日本武道館ライブチケット優先予約応募券
DISC 1
01 ゲルニカ
02 CALLING
DISC 2
・ 13 new ache (Live at Zepp Divercity 20130906)
・ White Lush Movie (Live at Zepp Divercity 20130906)
・ BARTER (Live at Zepp Divercity 20130906)
[CDシングル] AVCD-48882 \1,260(税込)
【初回限定封入】
2014.1.29 日本武道館ライブチケット優先予約応募券
DISC 1
01 ゲルニカ
02 ストローヘッド

「I HATE YOUR POPSTAR」
2013/12/11 RELEASE
[CD+DVD] AVCD-48883 \1,890(税込)
【初回限定封入】
2014.1.29 日本武道館ライブチケット優先予約応募券
DISC 1
01 I HATE YOUR POPSTAR LIFE
02 後遺症 -aftereffect-(2013 NEW RECORDING)
DISC 2
・ 『I HATE YOUR POPSTAR LIFE』MUSIC VIDEO
・ 『I HATE YOUR POPSTAR LIFE』MUSIC VIDEO MAKING
[CD+DVD] AVCD-48884 \1,890(税込)
【初回限定封入】
2014.1.29 日本武道館ライブチケット優先予約応募券
DISC 1
01 I HATE YOUR POPSTAR LIFE
02 後遺症 -aftereffect-(2013 NEW RECORDING)
DISC 2
・ C.Y. HEAD [Live at Zepp Divercity 20130906]
・ CANDY [Live at Zepp Divercity 20130906]
・ 後遺症 -aftereffect- [Live at Zepp Divercity 20130906]
[CDシングル] AVCD-48885 \1,260(税込)
【初回限定封入】
2014.1.29 日本武道館ライブチケット優先予約応募券
DISC 1
01 I HATE YOUR POPSTAR LIFE
02 奴隷

<黒と影>
2014年1月29日(水) 日本武道館
[問]HOTSTUFF PROMOTION:03-5720-9999
■プレイガイド先行
イープラス
http://eplus.jp/sys/main.jsp
プレオーダー2
12/12(木)12:00 ~ 12/18(水)23:00
最終プレオーダー
12/20(金)18:00 ~ 12/24(火)23:00 ※カード決済限定
■チケットぴあ
http://t.pia.jp/
サークルKサンクスweb抽選先行
12/03(火)11:00 ~ 12/15(日)11:00
■ローソンチケット
http://l-tike.com/
プレリクエスト1
12/03(火)13:00 ~ 12/10(火)23:00
プレリクエスト2
12/17(火)13:00 ~ 12/24(火)23:00
■一斉発売:12月28日(土)

<ZERO>
2014年2月7日(金) 岐阜club G
2014年2月8日(土) 岐阜club G ◆FC ONLY
2014年2月9日(日) 岐阜club G ◆FC ONLY
【黒夢・清春オフィシャルサイト会員先行】
・本公演のオフィシャルサイト会員先行は黒夢・清春サイト会員様を対象に実施致します。
・サイト会員様の受付公演は2月7日のみとなります。
・本公演のチケットエントリーはローソンチケットのシステムを使用致します。
■エントリー期間
1/6(月)12:00 ~ 1/9(木)23:59
■当落確認・引取り期間
1/11(土)12:00 ~ 1/14(火)23:00
■黒夢先行実施サイト
MB:http://kuroyume-m.jp/
SP: http://sp.kiyoharu-m.com/kuro/php/
■清春先行実施サイト
PC:http://www.kiyoharu.jp/
MB:http://kiyoharu-m.jp/
SP: http://sp.kiyoharu-m.com/kiyo/php/
アーティスト公式メロ
プレイガイド先行:2014年1月11日(土)スタート
一斉発売:2014年1月18日(土)


◆黒夢 オフィシャルサイト
◆清春 オフィシャルサイト
◆人時 オフィシャルサイト

◆インタビュー(2)へ戻る
◆インタビュー(1)へ戻る
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon
amazon
amazon
amazon
amazon