ジョージ・マイケルに引退の噂?

twitterツイート
ジョージ・マイケルが音楽界を引退する噂が立っている。ジョージは公式ウェブサイトgeorgemichael.comに記載されていた内容を全て削除して事実上クローズとなっているため、ファンの間ではジョージの健康面への心配が大きくなっているようだ。同サイトのトップページには現在赤いカーテンが閉じられてるイメージが記載されているものの、ジョージの広報担当者は「2014年にエキサイティングなニュースがある」と話している。

◆ジョージ・マイケル画像

以前には肺炎を患ったこともあるジョージだが、5月にはロンドン近郊のセント・アルバンズ近くの自動車道M1で自動車事故に巻き込まれ、助手席から転げ落ち、頭部を打撲したうえ全身に切り傷や打ち身を負うなど命に関わるほどの怪我を負っていた。その際ジョージはヘリコプターで病院に運ばれて2週間の入院を余儀なくされていた。

2013年に入って健康面が心配されているジョージは、2012年にはユニバーサル・ミュージックと巨額の契約を結んでいるものの、2004年のアルバム『ペイシェンス』以来となる新作アルバムは未だにリリースされていない状況だ。2006年にはグレイテストヒッツ・アルバム『ジョージ・マイケル / トゥエンティ・ファイヴ』を発表し、発売と同時にUKアルバム・チャートで1位を記録していた。2012年には新曲『ホワイト・ライト』をリリースし、ケイト・モスがPVに出演したことでも話題を呼んだが、フルアルバムの発売日に関しては明かされていない。ジョージは「30年経った今でも、みんながまだ僕に興味を示してくれるなんて驚きさ。まあ、僕もいくつかバカなことをして世間の注目をそらさないようにはしたけどね。それにしても素晴らしいことだね。何年も何年もの間、こんなにレコーディングやアルバム発売を楽しみにしたことはないよ」と語っていた。

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス