【インタビュー】分島花音、「signal」MV撮影で触れたドバイの風景と、c/wに綴る“重力無重力の法則”

ツイート

分島花音が2月19日にニューシングル「signal」をリリースする。本作は表題曲がTVアニメ「ストライク・ザ・ブラッド」の新エンディングテーマに決定しているほか、ミュージックビデオがドバイで撮影されたことも話題となった。今回BARKSでは「signal」の表題曲・カップリング曲について彼女にインタビューすると共に、ドバイでのミュージックビデオ収録にまつわるエピソードも聞いてみた。

◆分島花音 画像

■表題曲「signal」について

──2月19日にニューシングル「signal」がリリースされますが、こちらは収録にあたってどんなことを意識されましたか?

分島花音(以下、分島):そうですね、歌詞に関しては自分の中の揺るぎない想いとか、強い気持ちみたいなものを絶え間なく外に発信し続けるという意味で「signal」というタイトルになっています。この曲はアニメ『ストライク・ザ・ブラッド』のエンディングテーマになっているんですけれども、楽曲もちょっと作品とリンクさせたいなと思っていて、主人公たちが仲間との関わりの中で少しずつ希望に近づいて、前に進んでいるという開けたイメージを曲に入れています。

──“signal”というのは継続的なものなんですね。

分島:そうですね。なんか直訳すると信号みたいなものになってしまうんですけれども、絶え間なく発信し続けるみたいな、自分の中の強い思いを相手に届け続ける、投げかけ続ける。そういう意味合いがこもっています。

──もう1つ、「signal」ミュージックビデオのドバイでの収録についてお伺いしたいと思います。こちらはドバイのどの辺で撮影されたものでしょうか?

分島:ちょっと郊外の砂漠地帯があって、そこで撮りました。車で1時間ぐらいの場所だと思うんですけれども。そこまで来ると周りのビル街が全然なくなって、ずっと長い道路とか開けた平野とか砂漠みたいなものがずっと続いているような、そういう全然日本の景色と全く違うような場所になっていて。

──写真では美しい海も写っていますよね。

分島:海のところにもロケに行って。海も有名なビーチらしくて夕日が沈む直前に撮影したんですけれども、すごくきれいな海でした。

──なるほど。それにしても、なぜドバイで撮影することになったんですか?

分島:私もびっくりしたんですけど、アニメ『ストライク・ザ・ブラッド』の舞台が東京の島なんですけど、建物が近未来ぽいイメージで、その雰囲気がドバイに似ているということで、ドバイになりました。ビル街みたいなところで撮影するのかなってワクワクしていたら“砂漠……?”って。結果的にすごくきれいな絵を撮っていただいたんですけれども(笑)

──同じ近未来でもちょっと文明から離れた仕上がりになりましたね。

分島:だからアニメとはまた若干イメージが違っちゃうんですけど、歌詞の開けた感じが目で見ても伝わってるんじゃないかと思います。

──ちなみにドバイのビル街の方へは行かれたんですか?

分島:あまり観光する時間がなかったので、夜に少しだけ。大きいショッピングモールがいくつかあって、その中の有名な水族館があるところに行きました。

──水族館?

分島:はい。毎回海外にいくとその海外のご当地水族館をめぐるのが趣味で……結構行きましたよね。カナダとかフランスとかシアトルとかも……。で、ドバイも有名なところがあるからじゃあ行ってみようって。なんか横にすごい長い…富豪ってかんじの(笑)なんて言ったらいいんだろう。水槽が横に100メートル近くあって。

──えー! そんなに大きな水槽が!

分島:しかもそのガラス(※アクリルパネル)は日本製らしいんですよ。なんか普通の会社がつくると曇っちゃうんですって。厚いらしいんですよ。横に長いから。

──たしかに水圧に耐えられる厚さでないといけないですもんね。

分島:何メートルとか横も長くって。ただひたすら磨くことで透明度が保たれるんですけど、それの技術を持っているのが日本だけらしく、日本の会社が作っているみたいです。日本に帰ってからテレビでたまたま紹介してて、「あ!行ったとこじゃん」と思って。

──そうなんですね。

■カップリング曲「無重力」について

──「signal」について語っていただいたところで、カップリング曲の「無重力」についてもお聞かせいただけますか。

分島:こちらはずっとライブでは演奏している曲なんですけれども、今回ようやく音源化させて頂いて……この曲自体は自分の中で「重力無重力の法則」みたいなものがあるんですけれど……。

──と、申しますと?

分島:なんか気持ちが落ち込んだ時とか、辛いことがあった時って、地に足がつかないようなフワフワした感覚になるときがあるんですね、私の中で。それって何かに例えられないかなと思っていた時に、「自由落下」という言葉があるんですけど、地球の引力にずっと引きずられて落ち続けているんですけれども、この回る遠心力によって落ち切らないで、無重力をさまよっているような状態のことを言うんですね。だから気持ちは落ちてても足がフワフワしているその感覚になんか似ているなと思って。落ち続けているのに遠心力で漂うというか。

──すごく不思議な概念ですね。

分島:そうですね(笑)そういう感覚、フワフワした感覚を無重力の状態に似ているなと思って無重力とよんでいるんですけれども、でもそういうフワフワした心もとない気持ちでどっかに投げ出されたり飛ばされそうになるときって、やっぱり自分の大切なモノとか好きな人達とかそういうものによってつなぎとめられて、また気持ちが戻っていけるなと思って。それは私にとっての重力なんじゃないかと思ったんですね。

──なるほど。ではこの曲は、分島さんの周囲の方々などの具体的な顔を思い浮かべて作られた曲なんでしょうか?

分島:でもありますし、やっぱりファンの方とか応援してくださっている方たちとか、これから自分が音楽をするにあたって出会っていくものや物事とか世界みたいなものをイメージしています。

──ありがとうございます。最後に、BARKSユーザーへのコメントをお願いいたします。

分島:2月19日にニューシングルの「signal」がリリースします。アニメ『ストライク・ザ・ブラッド』のエンディングテーマになっています。ドバイで撮影したきれいなMVも初回限定盤に入っておりますので、ぜひ見てください。

ニューシングル「signal」
2014年2月19日発売
TVアニメ「ストライク・ザ・ブラッド」新EDテーマ収録

<MV 付き特別盤>CD+DVD
税込¥1,890
*CD収録曲
1. Signal
作詞:分島花音
作曲:分島花音
編曲:千葉"naotyu-"直樹
※TV アニメ「ストライク・ザ・ブラッド」新エンディングテーマ
2. 無重力
作詞:分島花音
作曲:分島花音
編曲:sugarbeans
3. signal (instrumental)
4. 無重力 (instrumental)
*DVD収録内容
中東・ドバイにてロケ敢行!「signal」Music Video

<通常盤>CD のみ
税込¥1,260
*CD収録曲
1. signal
2. 無重力
3. signal (instrumental)
4. 無重力 (instrumental)

<分島花音 番組出演情報>
■STUDIO MUSIX
2月2日(日) 21:00より放送
(リピート放送:2月9日(日)11:00~12:00、2月10日(月)5:00~6:00)
http://www.animax.co.jp/special/studiomusix/


◆STUDIO MUSIX(分島花音出演 2月9日(日)11:00~12:00、2月10日(月)5:00~6:00)
◆分島花音 オフィシャルサイト
◆分島花音 オフィシャル Tumblr
◆TV アニメ「ストライク・ザ・ブラッド」公式HP
この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス