エース・フレーリー「最高の時はまだこれからだ!」

ツイート

エース・フレーリーが5年ぶりのソロ・アルバムを7月9日にリリースする。

◆エース・フレーリー画像

タイトルは『スペース・インヴェイダー』だ。KISS時代に“スペース・エース”の愛称で親しまれてきたエースならではのタイトルだ。現時点の情報では少なくとも9曲の新曲に、スティーブ・ミラー・バンドの名曲「ジョーカー」のカバーが収められており、日本盤にはボーナス・トラックも収録予定だとか。

カバーアートを手掛けたのは、KISSの『地獄の軍団』(1976年作品)、『ラヴ・ガン』(1977年作品)といった傑作のアートワークも担当した有名画家のケン・ケリーだ。

「アルバム・カバーについて、2007年からケンと話してきた。それがようやく実現したんだ!俺は『スペース・インヴェイダー』のカバーアートにこの上なく興奮したよ。また、その音楽は君たちの世界をロックするだろう!」──エース・フレーリー

さらにエースは、“異星からの訪問者”という自身のキャラクターに則り、「地球での生活は俺にとって最高のもので、作ってきた作品の数々は時の試練に耐え、長く愛された。そして今、俺を邪魔するものは何もなく、俺の創造力はかつてないほど精密に調整されている。異星(地球)での成長は俺の感覚を増強し、他の者たちが失敗したであろうところで、俺の成功を可能にしてくれた。最高の時はまだこれからだ!」と意気込みを語っている。

KISSの歴代メンバーのひとりとして2014年にロックの殿堂入りを果たしたエースは、4月10日にニューヨークで催された受賞式典において、ジーン・シモンズ、ポール・スタンレー、ピーター・クリスとともに、KISSのオリジナル・ラインナップで壇上に立ち、トロフィーを掲げた。

エース・フレーリー『スペース・インヴェイダー/Space Invader』
2014年7月9日発売
VICP-65222 2,500円+税
※日本盤ボーナス・トラック収録予定


◆エース・フレーリー・オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報