【インタビュー】NoGoD「フランス人はふとした瞬間に目が合った時もニコッと笑ってくれるのがすごく素敵」@JAPAN EXPO

twitterツイート

――前日にフランスに着いたばかりのNoGoDさんですが、着いた日は何をされましたか?

Kyrie:みんなでディナーを…。

団長:なにがディナーだよっ!

Kyrie:川のほとりにある、結構トラディショナルなレストランに…。

団長:なんだよトラディショナルって。Kyrieさん、かぶれちまったな。

Kyrie:違うよ!(笑)みんなで食べたザワークラフトはおいしかったんですけど、付け合わせのソーセージにケチャップをつけたがるおじさんがうちにはいるので、ケチャップを頼んだらすごい嫌そうな顔をされました。

Shinno:そう!『この国はケチャップなんてつけないわよ!』って言わんばかりの顔で持って来ましたね(笑)。

華凛:フランスに行く前に何に気をつけたらいいかをファンの方に聞いたら、ボンジュールとメルシーは必ず言ったほうがいいよって言われて、最初はおっかなびっくり言ってました。だけどそれをしっかり言うようになったら、お皿をさげてくれる時にニコッとしてくれて、優しい人たちなんだなって思いました。

――JAPAN EXPOを見られていかがでしたか?

K:二次元に関する出店が多くて、すごくテンションが上がりましたね。

団長:こんなに大きいと思いませんでした。あと、コスプレの方を見ているとアニメのキャラが偏ってる!ワンピースばっかり多過ぎ。

華凛:あとピカチュウが多過ぎ。でも僕、衣装なので「一緒に写真を撮ってください」って声を掛けられるかなーって思ってたんですけど、意外とこの格好が会場に馴染んじゃってひとりしか声を掛けられなかったですね(笑)。

K:僕は個人的にふなっしーに会えた時にいちばんテンション上がりました。

団長:それだったら僕はさっき乃木坂46に会えて嬉しかった。

華凛:トリピーも超おもしろかったですね。

団長:こんなに日本の文化が愛されているというのは嬉しいことですね。普通に買い物もして帰りたい。

華凛:でも漫画はこっちの言葉だから読めないよ。昨日、ホテルでKさんとテレビでアニメを見てたんですけど、知ってるアニメなのに言葉がわからず、視聴者が置きざりにされた感覚になりました(笑)。

――トークショー、サイン会はいかがでしたか?

華凛:トークショーでは団長がボケると、日本語のわかる人はそこでドッと笑ってくれるんですけど、そうでない人からは通訳が入ったあとに反応が返るっていう時差がありましたね。

Kyrie:でもみんな日本語でしゃべってくれたのはよかったです。

団長:僕たちのことを知っている人なんていないんじゃないかと思っていたんですけど、さっきのサイン会でもイタリア、ドイツからも来たっていう人がいて嬉しかったです。僕たち、アニソン歌手ではないので、ライブで見せるしかないと思っています。この滞在でフランスの人気者になって帰りたいですね。

――日本とフランスのファンの違いは感じますか?

団長:日本のファンと一緒で待っていてくれたんだなっていうのを感じます。わざわざ日本語で手紙をくださった方がいて、それも『あなたが私に光を与えてくれました』って書いてあったんです。それに感動して、いつか僕もそんな人と結婚したいなって思いました。あとフランス人はファニーですね。男の子はイケメンで、女の子もいちいちかわいい!ここに来られて幸せだなーって思いました。

華凛:すれ違いざまもそうですし、ふとした瞬間に目が合った時もニコッと笑ってくれるのが、すごく素敵だなって思いました。

――海外でライブに臨むにあたって、いつもと違うことがあれば教えてください。

団長:僕たち、海外に流通しているCDがまだ少ないので、PVになっているような曲をセットリストに入れようと思うぐらいですね。

Kyrie:持ち込める機材の量は変わりますけど、特に何も準備してこなかったですね。ツアーにパスポートも持っていくぐらいの感覚です。

団長:ただやっぱり飛行機の移動っていうのは本当に暇で大変でしたね。ShinnoさんとKyrieさんは映画を見ていて、K君は寝てたんですけど、僕は全然眠れなくて、横の華凛ちゃんとずっと遊んでいました。

華凛:飛行機の座席を全員通路側に予約してくれてたんですけど、僕と団長が一緒になってはしゃいでたら、隣にいた日本人が「席替わりましょうか?」って言ってくれて隣同士で座ることになりました。それで、さんざん騒いでましたね。飛行機が離陸した瞬間に「わーいわーい!」って(笑)。

団長:機内ではずっと華凛ちゃんとテトリスしてました。

華凛:僕がボロ負けしましたけどね(笑)。

Shinno:たまたまふたりの隣に人がいなかったからよかったですけど、そこに人がいたら地獄だろうなっていうすごいテンションでしたね。

団長:どっちかが寝始めると、どっちかが起こすっていうね(笑)。


――では、ホテルに着いてから寝られて?

団長:ちょっとだけですけどね。

Kyrie:いや、団長がメンバーの中で一番寝てましたからね。なんならご飯食べてる時に「俺、もう帰るー」って(笑)。

Shinno:それで僕がお風呂に入ろうとしたら、ビッチャビチャになっていたので、浴槽の掃除から始めました。

K:水捌け悪かったねー。

華凛:Kyrieさんはスタッフと一緒の部屋に泊まって、残りのメンバーは全員同じ部屋でした。すごく広い部屋で、トイレもシャワールームもふたつあって。

団長:ひとつの部屋にシングルベッドが3つあって、そこにはShinnoさんとK君、もうひとつの部屋にあったダブルベットに僕が寝て、華凛ちゃんはソファで寝てて…。

Shinno:あそこ華凛ちゃんの部屋になってたよね(笑)。一番広いんですよ。

華凛:広すぎたからあとで机とソファーを移動して部屋を狭めました(笑)。

――団長さんが大きいベッドを占領されたんですね。

Shinno:僕は気を使って、団長にダブルベッドを譲りました。それなのに「さみしい!俺は華凛ちゃんと一緒に寝るんだ!」って言い出すんですよ!

K:それ、俺も聞いてた(笑)。

Shinno:だから「一緒に寝たいって言ってるよ」って華凛ちゃんに言ったんですけど、「俺は大丈夫」って言ってましたね(笑)。

華凛:いや、先に帰って寝たいって団長が言ってたから、ゆっくり寝かせてあげようと思ってソファーで寝たんですよ。だけどあとでチラッと見たら、すごい端に寄って、ちゃんとひとり分残して寝てましたね(笑)。

Shinno:そのやりとりもお風呂の準備をしながら見てました。

団長:だから、夜が明けてパッと横見たら『誰もいない!』ってさみしくなっちゃて。って、なんなんだこのバンド(笑)。

Kyrie:結果ベッドが一個余ったから、メンバー5人同じ部屋に泊まればよかったなって思いましたね(笑)。

――フランス滞在中にやりたいことはありますか?

華凛:美術館に行きたい!

団長:早くライブがしたいけど、観光地も見たい!

Kyrie:確かに街は歩きたいですね。

Shinno:僕は交番を見てみたいです。どんななんだろうって気になりますね。

K:マックに行きたい!:

Kyrie:いいね!日本のマックって世界的にレベルが高いらしいので、それを確認してみたいですね!

取材・文●金川彩子

<NoGoD TOUR-2014-AUTUMN>
9月27日 (土)神戸VARIT
9月28日(日)心斎橋ミューズ
10月4日(土)横浜BAYSIS
10月5日(日)水戸LIGHT HOUSE
10月10日(金)仙台MACANA
10月11日(土)盛岡CLUB CHANGE WAVE
10月13日(月.祝)札幌KRAPS HALL
10月18日(土)名古屋E.L.L
10月19日(日)浜松窓枠
10月25日(土)長野JUNK BOX
10月26日(日)新潟RED
10月30日(木)広島ナミキジャンクション
11月1日(土)熊本DRUM Be-9 V2
11月2日(日)福岡DRUM Be-1
11月8日(土)福井CHOP
11月9日(日)金沢AZ
11月15日(土)高崎CLUB FLEEZ
11月16日(日)HEAVEN'SROCK宇都宮VJ-2
11月29日(土)品川ステラボール

◆NoGod オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報