【インタビュー】KOTOKO「10年後もライヴハウスでピョンピョン飛び跳ねていたいです」

ツイート

■「ARCH」はこれまでの楽曲のフレーズやワードが散りばめられていて
■みんなと出逢っていままで歩いてこれたことをストーリーにしています


 ▲「TOUGH INTENTION」初回限定盤
 ▲「TOUGH INTENTION」通常盤
──すごく迫力があって良かったよ。そして。カップリングの「ARCH」は、作詞作曲共にKOTOKOちゃんですが。

KOTOKO:はい。この曲は、全国47都道府県ツアー<KOTOKO 10th Anniversary Live Tour “47 ARCH”~駆け回り食べまくり!NEO~>をやるにあたって書いた曲でもあるんです。楽曲や歌詞には、これまでの楽曲の中にあったフレーズやワードがところどころに散りばめられているんですよ。だから、ずっと応援してくれてるファンのみなさんには楽しんでもらえるんじゃないかな。

──ほほぉ。そこは最初からアイディアとしてあったの?

KOTOKO:ありました。10年目の「覚えてていいよ」を作りたかったんです。いままでの楽曲へのオマージュもありつつ、デビューする前の気持ちから、みんなと出逢っていままで歩いてこれたことをストーリーにしている歌詞なので、すごく思い入れが強いんです。それもあって、アレンジも「覚えてていいよ」を作ってくれた中沢伴行さんにお願いしたんです。

──不思議なファンタジー感を宿してる曲だなぁって思ったりもしたよ。

KOTOKO:そんな印象もあるのかも。でも、私の作った原曲はもっと暗い印象だったんです(笑)。コード進行がすっごい暗くて。けど、私的には「覚えてていいよ」みたいに、ちょっと切ないけど、キラキラした明るい曲を作りたかったので、中沢さんは頭を抱えてました。すごく難しかったみたいで(笑)。“最初はどうなることかと思ったよ……10年間の間に、この子何があったんだろう? って思っちゃうような暗い曲だったからね”って言われました。でも結果、すごく素敵な曲にアレンジしてくださったので、中沢さんには大感謝です!そして10年という節目にこの曲が作れたことを本当に嬉しく思っていますね。

──イントロ明けのラジオボイス的なアプローチが印象的だったな。

KOTOKO:そこも中沢さんのアイディアなんです。今回、いろいろいと音色にもこだわってくださって、ギターに至っては、「覚えてていいよ」を録ったときのギターを引っ張り出してきてくれたんです。そんなところでも、私の10年を感じてもらえる1曲になっているので、大事に聴いてもらえると嬉しいな。

──10年を振り返ってみてどう?

KOTOKO:いやー本当にいろいろとありましたね。一言では語り尽くせないくらい。楽しいことも多かったけど、本当にいろいろと大変だったなぁって。

──それはKOTOKOとして? いち女子として?

KOTOKO:KOTOKOとしてです。私、この10年、KOTOKOとしてしか生きてない気がするんです。お仕事が何よりも大好きだし、歌うことが大好きだから、その他はまったく興味がないんです。だから99%KOTOKOとして生きてきた10年でした。これが私のライフワークだなって思っていたので。忙しくても全然辛くはなかったし、大変ではなかったんですけど、途中、なかなか自分の思うように走れないタイミングのときとかもあって、その頃は本当に精神的に辛かった。デビューから5年目くらいまでは、とにかく無我夢中で突っ走ってきてたんですけど、だんだん求められることも多くなって、それに応えられていないって感じていた自分に対して葛藤がどんどん積み重なっていってしまって。でも、今こうして振り返ってみると、そういう時期もあっての10年だったなって思えるので、そんな時期も含め、今の私を作ってくれた大切な10年間だったなって思えています。

──現在まさに、全国47都道府県ツアー中なわけですが。

KOTOKO:そうなんです。ほとんど家に居ないっていう状態です。家賃がもったいないっていう感じになってるくらい家に居ないんです(笑)。でも、全国いろんなところに行って、みなさんに会えるのが日々楽しくて楽しくてしかたないんです。

──駆回って食べまくってる感じ?

KOTOKO:あははは。食べまくらないようにしてます(笑)。どうしても美味しいモノには目がないので、食べまくりたくなっちゃうんですけど、そこはグッと我慢して、ちょっとだけ御当地メニューを味見させてもらって、あとはメンバーとかスタッフさんに食べまくってもらってます。食べ始めると止めどないんで(笑)。

──あははは。楽しそうだね。

KOTOKO:楽しいです!

──でも、素敵だね、10年経った今も心からそう言えてるって。

KOTOKO:本当にそう思いますね。10年間活動させて頂けたことも奇跡だし、その10周年を記念してこんな大規模なツアーもさせてもらえてるって、すごく幸せなことだなって思っています。本当にこれ以上ない10周年を迎えさせてもらえたことに感謝しています。実は、47都道府県をまわりたいというのは、歌を歌うようになってからずっと持ってた夢でもあったんです。

──それが実現したんだね。

KOTOKO:はい。10年目にして叶えてもらえたんです。

──じゃぁ、10年目以降の目標としては?

KOTOKO:もっともっと今以上に、世界に目を向けていけたらいいな。自分の歌を通して、世界の架け橋になっていけたらと思っています。語学力を高めて、歌唱力ももっともっと高めて、世界に発信していけたらいいなって。でもきっと、ガムシャラに生きてたら、また10年経ってるんだろうなぁとも思いますね(笑)。

──アッという間かもしれないよね、20周年!

KOTOKO:怖いですね?(笑)。10年先もライヴハウスでピョンピョン飛び跳ねていたら面白そうですよね。

──飛び跳ねてそうだよ、KOTOKOちゃん。

KOTOKO:私もそう思います。子供の頃って、30歳とかすっごい大人に見えたけど、自分がいざその歳になってみたとき、全然そんなことなくて、すっごい子供のままだったし(笑)。だから、この先もきっとそんな感覚なんだろうなって思います。10年先も20年先も、みんなと一緒に笑って叫んで、飛び跳ねていられたら嬉しいなって。それを目標に頑張りたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いします。

取材・文●武市尚子


「TOUGH INTENTION」
<初回限定盤>1,944円(tax in) CD+DVD 1000505159
<通常盤>1,296円(tax in) CD only 1000505210
1.TOUGH INTENTION 通常盤
TVアニメ「白銀の意思アルジェヴォルン」オープニングテーマ
2.ARCH
3.TOUGH INTENTION(instrumental)
4.ARCH(instrumental)
特典DVD内容
●「TOUGH INTENTION」MUSIC VIDEO
●MV Making Movie
●TV-SPOT

<ANIMAX MUSIX 2014 YOKOHAMA>
11月22日(土)横浜アリーナ
http://musix.animax.co.jp/

<発売記念イベント>
8月1日(金) アニメイト三宮店
内容 ハイタッチ会(予定)
8月8日(金)  アニメイト渋谷店
内容 ハイタッチ会(予定)

<KOTOKO 10th Anniversary Live Tour “47 ARCH”~駆け回り食べまくり!NEO~>
8/2(土) 兵庫県・神戸 SLOPE
8/3(日) 滋賀県・U★STONE
8/9(土) 群馬県・高崎 club FLEEZ
8/10(日) 新潟県・GOLDEN PIGS RED STAGE
9/6(土) 福岡県・DRUM Be-1
9/7(日) 熊本県・DRUM Be-9 V-1
9/14(日) 宮城県・仙台 CLUB JUNK BOX仙台
9/15(月・祝) 栃木県・宇都宮 HEAVEN'S ROCK宇都宮VJ-2
9/20(土) 大阪府・OSAKA MUSE
9/21(日) 徳島県・club GRINDHOUSE
9/23(火・祝) 奈良県・NEVER LAND
9/27(土) 島根県・松江 AZTiC canova
9/28(日) 広島県・NAMIKI JUNCTION
11/15(土) 神奈川県 横浜 Bay Hall
11/16(日) 千葉県 千葉 LOOK
12/06(土) 山口県 山口 LIVE rise SHUNANN
12/07(日) 佐賀県 佐賀 GEILS
12/13(土) 岡山県 岡山 MO:GLA
12/14(日) 愛媛県 松山 SALONKITTY
02/08(日) 沖縄県 那覇 桜坂セントラル
02/14(土)香川県 高松 DIME
02/15(日) 高知県 高知 X-pt
02/21(土) 静岡県 静岡 Sunash
02/22(日) 三重県 松阪 M’AXA
03/07(土) 宮崎県 宮崎 SR-BOX
03/08(日) 鹿児島県 鹿児島 SR HALL
03/21(土) 青森県 青森 Quarter
03/22(日) 福島県 郡山 CLUB#9
03/28(土) 福井県 福井 CHOP
03/29(日) 富山県 富山 MAIRO
04/03(金) 山形県 山形 ミュージック昭和Session
04/04(土) 茨城県 水戸 LIGHT HOUSE
04/05(日) 山梨県 甲府 KAZOO HALL
04/11(土) 鳥取県 米子 AZTiC laughs
04/12(日) 京都府 京都 MUSE
公演概要:http://threenine.co.jp/kotoko_10th_47/

◆KOTOKO オフィシャルサイト
◆KOTOKO WHVオフィシャルサイト

◆インタビュー(1)へ
この記事をツイート

この記事の関連情報