【対談】逹瑯(MUCC) × 鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)、異種格闘技対談-Ring 番外編「偉いなと思って見てたよ」

ツイート

■今の時代は打込みを入れるスタイルがすごく身近になってますからね
■時代的にもちょうどタイミングが良かったのかもしれないですね――鬼龍院

――じゃぁ最初はキリショーと喜矢武くんの2人からスタートしたの?

鬼龍院:そうですそうです。今とスタイルはほぼ同じで。楽器も当てぶりだったんです。

逹瑯:樽美酒研二くんは?

鬼龍院:ドラムに関しては、何人かサポート的なメンバーが居たんですけど、もう手伝えないって言われて、新たに正式メンバーを入れることにしたんです。メンバー募集もしたんですけど、事務所でアレンジをしてくれていた方(tatsuo:everset)だったんです。

逹瑯:いいメンバーが揃ったよね。

鬼龍院:まぁそれも、ちょっと成功したからそう言えますけど、これがそうでもなかったら、やっぱ、メンバーがダメだったねってことになりますからね。何ごとも結果次第なのかなって思いますけどね。

――あははは。かなり現実的(笑)。

逹瑯:ホントだよ(笑)。ウチらは夢を売る商売だからね!

鬼龍院:あ、そ、そうですよね(笑)。すいません(笑)。

逹瑯:しかし、時代を感じるよね。ウチらがバンド始めた頃って、逆に打込みって高度なモノだったからね。でも、キリショーは全部打込みで作ってんでしょ?

鬼龍院:はい。そうです。

逹瑯:すごいレベル高いよね。

鬼龍院:そっか、逹瑯さんたちはまず楽器屋に行って楽器買って、そこからバンド始めよう! っていう感じだったんですもんね。

逹瑯:うん。そこありきの打込みっていう感じが、だんだんバンド界にも広がっていった感覚があったというか。ウチらの世代は特にね。

鬼龍院:たしかに。今の時代は打込みを入れるスタイルがすごく身近になってますからね。たしかに、時代的にもちょうどタイミングが良かったのかもしれないですね、ゴールデンボンバーは。機材面でも同期が安定してきた時代でしたからね。

逹瑯:そうだね。バンドサウンドだけにこだわっていた時代とはまた違う時代を、ちょっとバカにしてるシニカルさがすごくいいもんね。

鬼龍院:いやいやいや、そんないいもんじゃないんですけどね。面白いんじゃないかなってところから始まったバンドでもあったんで。

逹瑯:なるほどね。

――じゃぁ、最後にお互いに“金爆”な質問をしてみて。

逹瑯:爆弾質問? キリショーに? キリショーに爆弾質問なんてあるの? ってか、NGなさそうじゃん? じゃぁ、本名は?

鬼龍院:いきなり爆弾質問ですよ、それ(笑)。非公開なんで(笑)。

逹瑯:地元も非公開?

鬼龍院:いえ、地元も歳も公開しちゃってるんで、徐々にいろんなことがバレつつあって。出身校も言っちゃってますからね。でも、今住んでる家の場所とかは言えないですよ!

逹瑯:あははは。プライベートは誰でも言えないでしょ(笑)。

鬼龍院:えぇ。テレビに出たが故の弊害ですね(苦笑)。

――キリショーからも爆弾質問してみて。

鬼龍院:僕、先輩に聞いてみたいことってあるんですよ。これだけは、みんなに聞きたくて。

逹瑯:何?

鬼龍院:歳を重ねたり、披露を重ねることで、性欲は減退していないですか? と。そこが1番気になるところでして。差し支えなければお聞かせ願えないかと。

逹瑯:減退してる(きっぱり)。

――してってるんだ!? 逹瑯でも!?

鬼龍院:あはははは。逹瑯でもって(笑)。

逹瑯:減退してるしてる。物欲と性欲が落ちてってる。

鬼龍院:睡眠欲はあるんですか?

逹瑯:うん。めっちゃある。

――あははは。それ正しい老化だね(笑)。

鬼龍院:あははは。たしかに! でも、なんか安心しました! ミュージシャンも人間なんだ! って。俺、ミュージシャンはずっと性欲とかないとダメなんじゃないかって思ってて。GACKTさんにすごくお世話になってるんですけど、GACKTさんって、いまだに全然寝ないし、いまだに、おそらく性欲も人並み以上にあると思うんですよね。あくまでも性欲の面はイメージなんですけど。

逹瑯:俺もそんなイメージあるわ、GACKTさんは(笑)。

鬼龍院:ですよね。だから、GACKTさんを見ていると、俺はこんなにも凡人でいいのか? って思っちゃうんですよ。

逹瑯:でも、そういうイメージの人ってパワフルだよね。

鬼龍院:そうなんですよ! そうありたいと思うんですけどね。ああはなれないなぁと。

――いや、でも、キリショーがバリバリに性欲がある感じなのは、あんまり望まれてないと思うけどね(笑)。AV見て1人でしてる方が可愛いもん。

鬼龍院:あははは。たしかに、僕はそういうイメージかもしれないですね(笑)。

――童顔だからね(笑)。

鬼龍院:はい(笑)。でも、良い話が聞けました。MUCCの逹瑯さんは、性欲が減少している。と。

逹瑯:あはははは。良い話でもなんでもねぇよそんなの! っていうか、初恋って何歳?

鬼龍院:11歳のときです。

逹瑯:初めての彼女は?

鬼龍院:中学の頃に事故のように付き合ってくれたのが最初だったんですけど。だから14歳の頃ですかね。3日でフラレましたけど。

逹瑯:何て名前なの?

鬼龍院:いや……(小声で)今、そこはちょっと面倒くさくなるから……。

逹瑯:あはははは(爆笑)。ちゃんとキリショーにもNGあるんだなぁ(笑)。

鬼龍院:いやいや、なんか、僕はいいんですけど、相手に迷惑がかかっちゃうなって。テレビとか出てなかったらそうでもないんでしょうけど、いろんなところに迷惑かけちゃってることってあるから……。

逹瑯:優しいんだね、キリショーは。すごく気が遣える子だし。じゃぁ、好きなAV女優は?

鬼龍院:(元気な笑顔で)好きなAV女優はたくさんいます!

逹瑯:誰?

鬼龍院:えっと、吉沢明歩さんと、里美ゆりあさんと、桜井あゆさんかなぁ。

逹瑯:結構王道だねぇ。

――あ、そうなんだ! 綺麗系?

逹瑯:そうだね、整ってる系というか、可愛い系っていうより、綺麗系だね。

鬼龍院:はい! 綺麗な人大好きなんです!

――そうなんだね、なんか意外。可愛い系が好きそうなイメージなのに。

鬼龍院:僕自身が童顔なんで、よくロリコンに思われるんですけど、ロリ顔好きではないんですよ。

逹瑯:いやぁ、キリショーみたいなのは綺麗系が好きだと思うよ。なんとなく、イメージだけど。

鬼龍院:そうなんですよ。あと、胸がちっちゃい人が好きなんです!

逹瑯:あははは。そこは完全なるフェチだな(笑)。綺麗でカッコイイ女性系がタイプな感じがするね、キリショーは。

鬼龍院:そうなんですそうなんです!

――そこは男同士だからこそ解り合えるとこなのかなぁ? 逹瑯とはタイプが違うね。

逹瑯:俺はどっちかっていうと素朴な可愛い系の方が好きだからね。

――クラスで4番目くらいに可愛い子ね(笑)。

鬼龍院:あはははは。そうなんですね! 僕は綺麗な人大好きなんです! 特に吉沢明歩さんは本当に大好きですね!

――吉沢明歩ちゃんって、恵比寿マスカッツだった人?

鬼龍院:そうですそうです!

――あの人綺麗だよね~。

鬼龍院:そうなんですよ!

――おっぱいも綺麗だもんね。

逹瑯:なんでオマエが知ってんだよ!

鬼龍院:あははは。でも、ホント、おっぱいも綺麗なんですよねぇ~(うっとり)。

逹瑯:あははは。さ。撮影でもすっか!

鬼龍院:はい! よろしくお願いします!

逹瑯:今日は忙しい中、本当にありがとうね。またゆっくり話そうね。尋常じゃない忙しさだと思うけど、体気を付けて頑張ってね。

鬼龍院:ありがとうございます! 本当に呼んで頂いてありがとうございました!

   ◆   ◆   ◆

■from 逹瑯 to ゴールデンボンバー
「ある意味、今回の『ARMAGEDDON』の中では1番の異種格闘技だったなと。音楽が正反対っていうのは他のバンドはたくさんいたけど、バンドの存在そのものがまったく正反対っていうね。音楽のカタチそのものが正反対だったからね。でも、この異種格闘技はすごくおもしろかったと思う。お客さんもすごく楽しそうだったし。俺たちもすごく面白かったし楽しかった。でも、一緒にやってみて、ゴールデンボンバーはすごく真面目に、真剣に向き合っているからこそ、お客さんが付いてきているんだろうなっていうのがわかったね。素晴しいと思った。いい加減にやってたり、ただのブームに乗っかっただけとか、たまたまの人気だったら、もうとっくにメッキが剥がれてると思うけど、そうじゃないからね。そこが本物だと思いました。さすがです。真面目にやってるし、コアなファンがしっかりと応援してくれてるから、ずっと残ると思うなぁ、ゴールデンボンバー。またいつか対バンしたいなって思います! え? 何? 挑戦状がきてるって? 何? 今度対バンするときはウチらに緑のペンキを被ってほしいって!?……。じゃぁなるべく絡まない方向でいこうかなと(笑)。でも、ホント楽しかったです! ありがとう!」

■from ゴールデンボンバー to MUCC
「(終演後全員真っ赤なペンキをタオルで拭き取りながら)いやぁ~、しかしこんな雨が降るとは……。でもすっごい楽しかったです! 1ヶ月前から仕込んで、必死に買い出ししたかいがありました! この土砂降りの雨の中でのライヴは、一生忘れません! やっぱりヴィジュアル系の先輩ということで、激しめな曲をチョイスして闘いました! 勝てたかな? また一緒にやりたいです! 今日はありがとうございました!」(鬼龍院翔)

「こんなに雨降ったことないですよ! 「YMCA」の“MUCC”の人文字は楽しんで頂けたでしょうか!? あれ、1ヶ月前から必死で仕込んだんです! 楽しんでもらえてたら嬉しいなと思います。雨のせいで、終始頭皮が気になっておりましたが、とても楽しい時間でした! ありがとうございました! ギターソロも、俺のがすげぇぞってとこを、ミヤさんに見せつけてやりました! ま、弾いてませんけどね(笑)」(喜矢武豊)

「僕らって、やたらと晴れ男で、野外イベントでも小雨くらいしか降ったことなかったんですけど、やっぱMUCCはすごいですね、雨をも味方に付けるっていう。さすがです! しかし、今日は張り切って首振り過ぎました! 首、めっちゃ痛いです(笑)。またぜひ、一緒にライヴして下さい! 今日はありがとうございました!」(歌広場淳)

「次に対バンするときは、是非、MUCCさんたちにもペンキ被ってほしいなぁ~(笑)。ウチにはガチャピンが居るんで(喜矢武豊がガチャピンに似ているということで、よくガチャピンに扮している)、ぜひ、MUCCさんには緑のペンキを被って頂きたいです(笑)! 楽しみにしてます!」(樽美酒研二)

取材・文◎武市尚子 撮影◎瀧本 JON…行秀




■<SIX NINE WARS -ぼくらの七ヶ月間戦争- Final Episode「THE END」>
2014年9月23日(火・祝) 国立代々木競技場第一体育館
前売券¥5,569(税込) 当日券¥6,500(税込)
※全席指定、3歳以上のお子様はチケットが必要です。
チケット一般発売日:2014年8月2日(土)

■<SIX NINE WARS -ぼくらの七ヶ月間戦争- Episode 6.「ARMAGEDDON」>毎公演異なるアーティストとの2マンTour
2014年8月06日(水) Zepp Nagoya VS [Alexandros]
OPEN 17:30 START 18:30
2014年8月09日(土) 新木場Studio Coast VS 氣志團
OPEN 16:00 START 17:00
2014年8月17日(日) 京都KBS HALL VS GRANRODEO
OPEN 16:00 START 17:00
2014年8月19日(火) Zepp Namba VS BUCK-TICK
OPEN 17:30 START 18:30
2014年8月20日(水) Zepp Namba VS シド
OPEN 17:30 START 18:30
2014年8月22日(金) 川崎CLUB CITTA' VS D'ERLANGER
OPEN 17:30 START 18:30
2014年8月24日(日) 大阪城野外音楽堂 VS ゴールデンボンバー
OPEN 16:00 START 17:00
2014年8月26日(火) Zepp DiverCity VS MICHAEL
OPEN 17:30 START 18:30
2014年8月28日(木) 恵比寿LIQUIDROOM VS geek sleep sheep
OPEN 17:30 START 18:30

◆<SIX NINE WARS -ぼくらの七ヶ月間戦争->BARKS内特集ページ
◆<SIX NINE WARS -ぼくらの七ヶ月間戦争->特設サイト
◆チケット詳細&購入ページ
◆MUCC オフィシャルサイト
◆ゴールデンボンバー オフィシャルサイト

◆インタビュー(3)へ戻る
◆インタビュー(1)へ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報