【イベントレポート】<MONSTER BOX Vol.01>、3バンドの華麗な共演に「化学反応を楽しんでいきましょう」

ツイート

既存のジャンルを破壊すべく、2014年2月に新木場STUDIO COASTにて産声をあげたイベントが<MONSTER BOX>だ。今回は全8ヶ国13公演という欧州ツアーを大成功させ、新作『gravitation』リリース間近のギルガメッシュを中心に、そのVol.01とVol.2が9月6日および7日の2DAYSにわたって渋谷WWWで開催された。両日ともに3時間を超える激戦となった<MONSTER BOX>をレポートしたい。まずはV系バンドの垣根を越えたVol.01から。

◆<MONSTER BOX Vol.01>出演者 拡大画像

開演と共にスタートしたのは、Vol.00でも八面六臂の活躍をみせたDJ狂犬。お馴染みの真っ白なユニフォームを身にまとい、腹の底まで響きわたるラウドなナンバーを繰り出していく。フロアのテンションをアゲるだけでなく、曲の合間にはハンドマイクを使いバンドを紹介するなど、オーディエンスの臨戦態勢を整えるいい入り口となったに違いない。

そして、ステージの口火を切ったのがエクストリームミュージックの異端児とも呼ばれるNOCTURNAL BLOODLUSTだ。尋(Vo)の「いけるかー! 拳を上げろー!」という叫びから、まさに怒髪天を衝くような重低音と空間を切り裂くシャウトが絡み合った「VENOM」をぶちかますのだから、もうたまらない。そこから尋がぶっ壊れたかのように笑い出し、デスボイスとハイトーン、テクニカルなサウンドと調和する「The Beautiful Craze」と続き、フロアはいきなりカオティックな様相。浮世と現世を行き来できるような雰囲気すらあり、そこにオーディエンスが酔いしれるのも当然だろう。まさに狂気の動乱だ。

メンバーもさらに覚醒し、多彩なアプローチで興奮を誘う「UNBREALABLE」、SEから流れるように奥深いメロディーとドスの利いたシャウトの起伏が素晴らしく、そこと一体になったメンバーの強烈な意志が突き刺さる「Sphere」を放ち、多種多様な熱の帯び方も見せつける。ライヴは最高潮かと思いきや、まだまだ足りないとオーディエンスを煽り、凄まじいテンションで「Trigger」へ。キレッキレのシャウトに演奏、中盤には尋が「やっちまうぞ!」と叫ぶ一面もあるほど、彼らだからこそ描ける絶景が繰り広げられていった。

ラストはCazquiがバズーカ式のクラッカーを鳴らし、激しさと楽しさを兼ね備えた「V.I.P」へ。誰しもが体を揺らし、熱気を撹拌。未体験ゾーンとも言えるような圧巻のステージだった。

その高まったテンションをDJ狂犬が見事につなぎ、次に登場したのはありきたりな固定概念を打ち砕く独特のポップセンスで話題をさらっているBugLug。やはり、注目するオーディエンスが多かったようだが、その抜群のステージは期待を裏切ることがない。ポップに振りきれたダンスナンバー「HICCHAKA×MECCHAKA」でヘッドバンギングの嵐を巻き起こし、イントロから加速しまくってメンバーもステージを所狭しと駆け巡る「WGMM」を放つ。会場は完全にお祭り騒ぎだ。軽快さだけでなく、しっかりといい重みもあるサウンドは実に心へと響いてくる。

「新しいエンターテインメントを作るために、へんな曲を作ってきました。音楽はいくらでも遊べるんだよ!」

と大声を上げた一聖(Vo)のMCに続いて、「THE DEAD MAN'S」で変幻自在な音遊びの祭りっぷりに拍車をかければ、次は一転、背筋を伸ばし祈りのように歌をつむぐ「銃口からサイコラヴ」へと続けるこの痛快な展開。<MONSTER BOX>に集ったバンドに共通項があるとすれば、それは思い込みにとらわれることのない懐の深さだろう。鋭くアンテナを伸ばし、感受性を養いながら、自由な表現へ挑戦していく。BugLugが見せてくれた多面的な表情がそれを再確認させてくれたのだ。

ここからはまさにノンストップ。ステージが暗転し、激しいドラムに合わせるようにフロアから一気にコールが起こった「骨」。強靭なヴォーカルに各楽器のアンサンブルを見せつけながら、ジェットコースターのように目まぐるしくサウンドが変貌していき、彼らの世界観へどんどん引きずり込まれていく。続くは、ビート感と爆発するタイミングが絶妙すぎて思わず声が漏れた「アクマ笑ウ」だ。想いを叩きつけるように躍動し、ここぞというタイミングでしっかりスイッチを入れ、バンド全体として一気に押し寄せてくる様が本当に素晴らしい。

「まだまだ暴れられるか? もっとアゲていこうぜ!」と一聖がさらにオーディエンスを煽り、ライヴはクライマックスへ。攻めに攻めまくり、遮るものをすべてなぎ倒していくハイテンションナンバー「BUKIMI」や「ギロチン」を繰り出し、フィニッシュは「ASOVIVA」。会場中でタオルが回され、興奮が抑えきれない一樹(G)と優(G)はフロアへ身を乗り出し、ギターをかき鳴らす。妙妙たる一聖のヴォーカルも冴え渡り、迫力満点のライヴを締めくくった。

「BugLugさん、めっちゃ盛り上がったから自信ないわー」とおどけた後、「うそやで。いいDJするんでよろしく!」と会場を湧かせたのはDJチームTOKYO BOOTLEGのO-ant。圧倒的なテクニックによるめくるめく展開はもとより、DJ中盤にはオーディエンスとのコール&レスポンスも飛び出して、イベント終盤に向け、加速度増すムードを場内に作り上げていった。

そして、トリとなるのは<MONSTER BOX Vol.01>主催でもあるギルガメッシュ。「暴れる準備はできてるのかー?」という左迅(Vo)のシャウトでスタートしたライヴは凄まじかった。いきなり「お前に捧げる醜い声」を放ち、驚くべきスピードで会場がヒートアップ。弐(G)はステージで暴れまくり、鬼神のように弾き倒す愁(Ba)と、Яyo(Dr)も気合十分のドラミングを見せ、バンドが放出するサウンドに翻弄される喜びを感じてしまうほど。

音と想いがシンクロしているからこそ生み出されるヘヴィさと疾走感を兼ね備えた「Drain」、まだリリース前の新曲にも関わらず圧倒的な盛り上がりを見せた「gravitation」と矢継ぎ早に披露し、アドレナリンは出っぱなしだ。

「化学反応を楽しんでいきましょう。ライヴハウスは自由な場所です。ついてこいよー!」

左迅のMCはそんな流れの中でこう放たれるのだから、オーディエンスがより熱狂的になるのも当然か。バンドもそれに負けることなく、ハードにえぐる「ULTIMATE 4」、抜群のダッシュ力を持つ「FREAKS」で会場を揺らし、決して折れることのない屈強なパワー感で突き進む。まさに素晴らしい化学反応だ。汗を振り乱しながら放った「CRAZY-FLAG」で痛感したのは、彼らには無駄なアイコンタクトがないということ。メンバーがお互いを信頼し、まずは己のフルスロットルを絞り出す。そうやって挑むからこそ生まれる高みを目指しているのだろう。ライヴの最初から最高潮の盛り上がりを生み出し、それはそのまま右肩上がりのまま締めくくられる。そんな彼らの真髄を垣間見たように思う。

「Vision」では空間を制圧し、ひと呼吸おいてからはライヴに対する想いをこめまくった「Live is Life」。溢れる気持ちを抑えきれない姿は強烈に胸を打つ。歩みを止めそうなとき、スッと背中を押してくれる温かみがある「Never ending story」でより駈け出し、左迅が出演バンドへの謝辞を述べた後、ギルガメッシュが誇る超絶ナンバーであろう、最上級のバカ騒ぎを演出してくれる「evolution」で終幕。

どこかに偏ることなく、出演した3バンドがオリジナリティ溢れたサウンドを鳴らしまくり、この日でしか感じることができないだろう格別の快感を味わわせてくれた最高の夜だった。

取材・文◎ヤコウリュウジ

■<MONSTER BOX Vol.01>
9月6日(土) 渋谷WWW
OPEN/START:17:30/18:00
[ACT] ギルガメッシュ / NOCTURNAL BLOODLUST / BugLug
[DJ] DJ狂犬(LOUD ROOTS) / TOKYO BOOTLEG

■<MONSTER BOX Vol.02>
9月7日(日) 渋谷WWW
OPEN/START:17:30/18:00
[ACT] ギルガメッシュ / LUNKHEAD / 彼女in the display
[DJ] DJ狂犬(LOUD ROOTS) / TOKYO BOOTLEG

■<girugamesh 2014-2015 tour「gravitation」>
10月04日(土)渋谷clubasia w/ ALL OFF、JAWEYE
10月11日(土)大阪umeda AKASO w/ ALL OFF、ヒステリックパニック
10月13日(月・祝)福岡DRUM Be-1 w/ ALL OFF / SILHOUETTE FROM THE SKYLIT
10月18日(土)名古屋CLUB QUATTRO w/ Another Story、ARTEMA
10月22日(水)浦和NARCISS w/ JAWEYE、ROACH
10月23日(木)郡山CLUB #9 w/ JAWEYE、ROACH
10月25日(土)仙台darwin w/ JAWEYE、KNOCK OUT MONKEY
10月26日(日)酒田MUSIC FACTORY w/ HenLee、Survive Said The Prophet
10月28日(火)盛岡Club Change WAVE w/ ARTEMA、Survive Said The Prophet
10月31日(金)久慈UNITY w/ MAKE MY DAY、Survive Said The Prophet
11月01日(土)青森QUARTER w/ MAKE MY DAY
11月03日(月・祝)札幌cube garden w/ ヒステリックパニック、MAKE MY DAY
11月05日(水)新潟CLUB RIVERST w/ JAWEYE、MAKE MY DAY
11月06日(木)金沢vanvan V4 w/ JAWEYE、MAKE MY DAY
11月08日(土)広島NAMIKI JUNCTION w/ 彼女 in the display、ROACH
11月09日(日)徳島club GRINDHOUSE w/ 彼女 in the display、ROACH
11月11日(火)松山サロンキティ w/ 彼女 in the display、ROACH
11月13日(木)京都 磔磔 w/ ALL OFF、SWANKY DANK
11月14日(金)松阪M’AXA w/ ALL OFF、SWANKY DANK
11月16日(日)静岡UMBER w/ ALL OFF、Another Story
11月18日(火)松本ALECX w/ ANGRY FROG REBIRTH、ROACH
11月19日(水)HEAVEN'S ROCK宇都宮VJ-2 w/ ARTEMA、ROACH
11月22日(土)名古屋Live Hall M.I.D w/ キバオブアキバ、ヒステリックパニック
11月25日(火)高崎club FLEEZ w/ a crowd of rebellion、SWANKY DANK
11月26日(水)浜松MESCALIN DRIVE w/ a crowd of rebellion、SWANKY DANK
11月29日(土)HEAVEN'S ROCKさいたま新都心 VJ-3 w/ Another Story
11月30日(日)F.A.D YOKOHAMA w/ Another Story、HER NAME IN BLOOD
and more...
前売¥3,500 当日¥4,000(税込・全立見・ドリンク代別)
※未就学児入場不可

■<girugamesh 2014-2015 tour「gravitation」>FINAL ONEMAN
2015年3月14日(土)新木場STUDIO COAST
OPEN 17:00 / START 18:00
(問)DISK GARAGE 050-5533-0888
2014年12月6日(土)チケット発売
前売¥4,500 当日¥5,000(税込・全立見・ドリンク代別)
※未就学児入場不可

◆BARKS内<MONSTER BOX>特設ページ
◆MONSTER BOX オフィシャルサイト
◆ギルガメッシュ オフィシャルサイト

◆<MONSTER BOX Vol.02>レポートへ
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス