スピリチュアライズド、キリング・ジョークのユースとアルバム制作

ツイート

スピリチュアライズドが、キリング・ジョークのベーシスト、ユースをプロデューサーに彼のスタジオでニュー・アルバムの制作をスタートしたことを明かした。

◆スピリチュアライズド画像

月曜日(1月12日)、スピリチュアライズドのFacebookに、「スピリチュアライズドはユースをプロデューサーにニュー・アルバムの制作を始めた。ジェイソンはロンドンにあるユースのスタジオでレコーディングをスタートし、今年前半にスペインで完了する予定だ」とのメッセージが掲載された。

スピリチュアライズドの新作は2012年の『Sweet Heart Sweet Light』以来、8枚目のスタジオ・アルバムとなる。

ユースことマーティン・グローヴァーは、これまでザ・ヴァーヴの『Urban Hymns』や、プライマル・スクリームの「Zombie Man」、ダイドの「Don't Think Of Me」、ガンズ・アンド・ローゼズの「Madagascar」、ザ・カルトの「Born Into This」などをプロデュースしている(本人のサイトより引用)。

スピリチュアライズドは5月、米アトランタで開かれる<Shaky Knees Music Festival>とオースティンの<Levitation Festival>への出演が決まっている。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報