テイラー・スウィフトの公開書簡、功を成す

ツイート

Appleが新たにスタートしたストリーミング・サービスApple Musicに最新アルバム『1989』を提供しないことを決めたテイラー・スウィフトが、週末、その理由と心境をAppleへのオープン・レターという形で明らかにしたが、早くもAppleがそれに対応し、ポリシーを改めることを宣言した。

◆テイラー・スウィフト画像

テイラーは、Appleは彼女にとって、これまでもこれからも音楽を売りファンとつながる機会を作ってくれる大切なパートナーであり、同社をリスペクトしているとした上で、『To Apple, Love Taylor』との公開書簡をTumblrに掲載した。

「みんな、Apple Musicがユーザーに3ヶ月の無料お試し期間を設けていることは知っていると思う。その3ヶ月、Apple Musicが(ソング・)ライターやプロデューサー、アーティストにお金を払わないことを知っているかしら。私はこれには驚き、失望し、革新的で寛大なこの会社らしくないって感じた」

「これは自分のためじゃない。有難いことに、私は5枚目のアルバムをリリースし、コンサートを開くことで自分自身やバンド、クルー、マネージメント・チームを支えることができる。1stシングルを発表しても、その成功に対し支払われることがない新人アーティストやバンド、初めて曲を出し、印税で借金を返そうとしている若いソングライターのためよ。その分野でパイオニアとなったAppleの革新者やクリエーターと同じように、絶えず新しいことに挑戦し創り続けているプロデューサーのためなのよ……。1年の1/4に相当する期間、曲に対して支払いがないなんて」

テイラーは、彼女も含め一般から称賛、リスペクトされるAppleに対し公けには発言しづらいアーティストやライター、プロデューサーを代弁し、Appleは最終的には有料のストリーミング・サービスを目指しているとの理解を示しつつも、3ヶ月支払がないのは長すぎるし不公平だと主張。

「私たちは、あなた(Apple)にiPhoneを無料にしてとは頼んでない。どうか、私たちに無料で音楽を提供するよう頼まないで」と、ポリシーの改善を求めていた。

それから24時間も経たず、Appleのインターネット・ソフトウェア&サービス担当のエディ・キュー上級副社長はTwitterを通じ、無料お試し期間中であれアーティストへ支払うことを発表。彼は「朝起きてテイラーが書いたものを読んだ。我々が変わる必要があったのは確かだ」と話し、すでにテイラーへも電話で報告したことを『Billboard』誌のインタビューで明かした。

Appleの迅速な対応に、テイラーは「すごく嬉しいし、ほっとした」とツィートしている。

The monsters turned out to be just trees...

Posted by Taylor Swift on 2015年6月21日


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報