石川さゆり、『ルパン三世』30年ぶりのTV新シリーズEDテーマを歌う。作詞はつんく

twitterツイート


30年ぶりとなる『ルパン三世』のテレビ新シリーズのエンディングテーマを、石川さゆりが担当することが明らかになった。

◆テレビ新シリーズ『ルパン三世』キービジュアル

テレビ新シリーズ『ルパン三世』は、日本テレビで10月1日深夜にオンエアがスタートする。大野雄二が新シリーズのために再録した「ルパン三世のテーマ」に乗せて、ルパンをはじめとしたお馴染みのキャラクターたちがイタリア中を駆け巡るという内容で、アニメ自体にも期待が高まるところだ。そのエンディングを飾る楽曲「ちゃんと言わなきゃ愛さない」は、ヴォーカル・石川さゆり×作曲&プロデュース・大野雄二×作詞・つんくという三者初顔合わせとなったコラボ作品であり、クール&ゴージャスなビックバンドサウンドに仕上がったということ。同曲は、シングル作品として10月21日にリリースされることも決定している。

シングルには、大野雄二×宮沢和史(ex THE BOOM)による“SLOWFUNK”なオリジナル楽曲「ニヒルに愛して」の他、ルパン三世の定番楽曲「ラブ・スコール」とルパンマニアから評価の高い名曲「MEMORY OF SMILE」のカバーも収録される。また、ジャケットでは、アニメーターチームの描き下ろしによる“石川さゆり× ルパン三世”が実現する(※今回掲載の2ショットは、あくまでCDジャケットのイメージであり確定のジャケットデザインではない)。

このエンディングテーマ楽曲に関して、石川さゆり、大野雄二、つんくから、それぞれからコメントも届いた。

  ◆  ◆  ◆

■石川さゆり
「ルパン三世」のエンディングテーマを、楽しく歌ってみました。
アルバム「X-CrossⅠ-」「X-CrossⅡ-」では、素敵な音楽アーティストの皆さんとコラボレーションしていますが、この度も音楽、歌とは、なんと自由に楽しいのでしょ…と、感じました。
ルパンのTVでのレギュラー放送は久しぶりだそうで、音楽は、ずっと大野雄二さんがお創りになっていらっしゃると伺いました。
お話を頂いて、ライブも拝聴し、切れの良いジャズの中にモダンと、ちょっと懐かしい感じが心地良く、ご一緒してみたいと思いました。
スタジオで、ルパンのスタートは1977年だと伺い、
まぁ…「津軽海峡・冬景色」と同年なのねと不思議なご縁も感じます。
作詞のつんくさんはルパンのストライクエイジだそうで、ルパン、不二子ちゃん、石川と、そんなキーワードがくるくると膨らみ、チャーミングで、せつないツンデレ女子の詞が完成!大野雄二さんのサウンドに載せて歌ってみました。
ルパンの放送の最後に「やめて、やめないで、チョット待って♪~」と流れます。
どうぞ皆さんも楽しんでくださいませ。

■大野雄二
歌ったら、それで全てが成立しちゃう「存在感」と心安らぐ「声」。さすがでした。
石川さゆりとルパンサウンドのコラボをどうぞお楽しみください。
あっ!2015年版の新テーマや劇中音楽もヨロピク。

■つんく
ルパン三世の久々のTVシリーズ化にあたり、大野先生からご指名いただき今回作詞家として参加する事となりましたこと心より嬉しく思っております!
幼少の頃から何度となくテレビで見て来たルパン三世。その格好良さに理屈はなかったと思います。時に三枚目、なのに格好良いルパン三世は少年達の憧れでした。
そのルパン三世が久々にTVシリーズ化されるということでも驚いたのに、僕がエンディング曲に参加出来るなんて!
この曲は女性が主人公です。セクシーで意地っ張りで甘えるのが下手。そんな女性の心の葛藤を描きました。
大野先生の曲を頂き、そこに歌詞を書き込んでいくわけですが、何十年もルパン三世の世界で活躍されている大野先生と何度かやり取りをさせていただくのがとても楽しく光栄でした。
曲は謎解き怪文のようになっていて、歌詞を書き込むときワクワクしました。
「あ、ここは韻を踏む場所だな」「お、ここはあの場所を繰り返せだな」とか。
ルパン三世になった気分でしたね。そうやって歌詞が出来上がる頃にオシャレなアレンジも完成しました。うん、かっこいい。
最終的に石川さゆりさんの「大人」で「艶やか」で「強気」で「恥じらいのある」 そんなたくさんの表情が入った歌声にほれぼれしました。
全てが重なったとき、まるでスッゴイ大事件が解決したときのようなそんな晴れやかな気持ちになりました。 テレビでの放送が楽しみです!

  ◆  ◆  ◆



[大野雄二 プロフィール]
小学校でピアノを始め、高校時代にジャズを独学で学ぶ。慶應大学在学中にライト・ミュージック・ソサエティに在籍。藤家虹二クインテットでJAZZピアニストとして活動を始める。
その後、白木秀雄クインテットを経て、自らのトリオを結成。解散後は、作曲家として膨大な数のCM音楽制作の他、『犬神家の一族』『人間の証明』などの映画やテレビの音楽も手がけ、数多くの名曲を生み出している。リリシズムにあふれた、スケールの大きな独特のサウンドは、日本のフュージョン全盛の先駆けとなった。その代表作『ルパン三世』『大追跡』のサウンド・トラックは、70年代後半の大きな話題をさらった。近年は毎年放映されている『ルパン三世テレビスペシャル』、現在放送中のNHKテレビ『小さな旅』などの作曲活動のほか、再びプレイヤーとして都内ジャズクラブから全国ホールまで積極的にライブ活動をしている。

シングル「ちゃんと言わなきゃ愛さない」

2015年年10月21日発売
[初回限定盤]紙ジャケット仕様
TECA-15636 限定枚数5,000枚
[通常盤]
TECA-15637
※初回プレス分のみジャケットと同絵柄ステッカー封入
※各定価:¥1,389+税

M1.ちゃんと言わなきゃ愛さない  作詞:つんく 曲/編:大野雄二
※日本テレビ アニメ「ルパン三世」エンディングテーマ
M2.ニヒルに愛して  作詞:宮沢和史(ex THE BOOM) 曲/編:大野雄二
M3.ラブ・スコール  作詞:槇小奈帆 曲/編:大野雄二
M4.MEMORY OF SMILE  作詞:有川正沙子 曲/編:大野雄二

◆石川さゆり×ルパン三世 特設サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報