サカナクション、「新宝島」初回限定盤DVDには大根監督による「カラオケ映像」収録

twitterツイート

9月30日にリリースされるサカナクション11枚目のシングル「新宝島」豪華初回限定盤、初回限定盤特典DVDの内容および詳細が発表となった。とりわけ注目なのが……「カラオケ映像」だ。

80年代末~90年代初頭のJ-POPを意識したレトロ感あふれるサウンドに仕上がった「新宝島」は、通常のミュージックビデオとはまた別で映像が用意されることになった。これまでのサカナクションになかったアプローチの映像表現を模索した結果、企画されたのが、“80年代末~90年代初頭の音楽シーン”といえばのカラオケ映像。しかも、この企画を、主題歌となっている映画『バクマン。』の大根仁監督に相談したところ、大根監督の映像監督デビュー作が当時のカラオケ映像だったことが判明し、大根監督自らがメガホンをとることに。

カラオケ映像のストーリーは、漫画家を目指す男とそれを応援する女のラブストーリー。ふたりの幸せな日常は、男が応募した漫画のコンテストに落選したことから崩れ始める……。映画『バクマン。』も漫画を目指す高校生のストーリーということで、大根監督自身の最新作を自らパロディする、まさかの悪ノリ企画となっている。また、映画のシーンを再現したかのようなシーンも見どころ、とのこと。

なお映像は、90年代全盛だったカラオケ映像の質感を忠実に再現するため、当時の機材、演出手法、さらには当時、大根監督がタッグを組んだカメラマンまでを招聘。映画のセルフパロディという悪ノリ感あふれる内容ながら、細部まで緻密にこだわり抜き、90年代カラオケ映像を徹底的に完全再現した作品となる。また「新宝島 カラオケメイキング映像」では、撮影現場の模様以外にも、大根監督による撮影手法の解説も確認できる。

同じく「新宝島」豪華初回限定盤、初回限定盤DVDに収録の「カラオケボックストークセッション」では、映画『バクマン。』音楽がどのようにしてできあがったかを振り返るトークを江島啓一、岩寺基晴、岡崎英美の3人がカラオケルームで展開。大根監督のインタビューも交え、苦難の末にできあがった映画音楽の舞台裏、この2年間のサカナクションの活動を山口一郎以外のメンバーの視点から振り返る貴重な映像となる。そして映像の最後にはメンバー自らがサカナクションの楽曲をカラオケで楽しむレアなシーンも収録されている。

さらに「新宝島 カラオケ映像」はリスナーが映像に合わせて熱唱できる歌無しの映像だが、DVDにはさらに特典映像として「新宝島 カラオケ映像(歌入りバージョン)」も収録。この映像はDVDでしか観ることができないものだ。

なお、この「新宝島 カラオケ映像」は、CDリリース日である9月30日から通信カラオケLIVE DAMシリーズ(ブロードバンド対応機種)でも順次配信予定。全国のビッグエコーほか、LIVE DAM設置店にてこの映像で「新宝島」を歌うことができる(DAMリクエストNo.5449-28)。

  ◆  ◆


豪華初回限定盤は映画『バクマン。』BOXと銘打たれ、小畑健による描き下ろし原画もアートワークに組み込まれたジャケットが象徴的なCD「新宝島」と、映画『バクマン。』の世界との連動感をアートワークに落とし込んだジャケットとなるCD「MOTION MUSIC OF BAKUMAN。」。さらに大根監督とのコラボレーションとなる「新宝島 カラオケ映像」など企画色の強いDVDを同梱。それぞれの世界観を反映したアートワークが施された3つの作品が、それぞれが独立した作品として、それぞれ個別のケースに収納される。


また店舗別特典として、豪華初回限定盤ジャケットアートワークの亜豆美保イラストとサカナクションのレーベル「NF Records」ロゴをあしらった「オリジナルA4クリアファイル」が発表となっている。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon