BARKSが注目する、次世代のストリート・カルチャーと音楽シーンを走り続けるバンド、RIZING 2 ENDが仕掛けるリリース・イベントが9月19日に渋谷Milky Wayで行われた。ファースト・フルアルバム『Hocus-Pocus』のリリースにともなう<~皆でパルプンテを唱えようtour~>のキックオフも兼ねたこの日のライブには、彼らを含めて8組のバンドが出演。16時にスタートした長時間のステージの最後を飾るべく、満を持してRIZING 2 ENDが登場したのは21時40分だった。

◆RIZING 2 END~画像~

「渋谷のみなさん、待ってましたよこの日を。行けるんですか。やれるんですか。全員手を上げろ!」

ボーカル・HERO-KIの煽りにフロアが沸き上がり、間髪入れずに「1.2.3」のイントロが鳴る。ポップな歌メロ、疾走感、重量感、四つ打ちのダンサブルな要素をミクスチャーした、現在の彼らを象徴する1曲だ。続く「命題コントラスト」は、この夏TOKYO MX TVの“高校野球東京都大会中継テーマ曲”に抜擢された曲で、スピードをやや落とし、四つ打ちを取り込んだドラムのグルーヴが心地よい。が、フロント3人の暴れっぷりはアグレッシブで行動的だ。緑の髪に緑の電飾サングラス、ひときわ目立つベースのMr.HiGEは、激しく動きながら猛烈な速度でグルーヴィーなフレーズを弾きまくっている。


「The Possible」は、バンドの一体感がストレートに伝わる曲だ。メロディックな疾走感をキープするドラムのビートに、うねりまくるベース、歪んだ重低音を叩き出すギター、そして伸びやかなボーカル。“自分の可能性を信じて!”と叫びながら、HERO-KIが拳を突き上げる。歌詞のラスト、“光はいつだって必ず照らし射してくれる”というフレーズに合わせ、強烈なライトがフロアを明るく照らし出す演出もばっちり決まった。

「Break Out! Break Out!」は、ポップなスピード感にエモさをたっぷり盛った曲で、会場内の熱い空気をよりシリアスに引き締める効果のある曲だ。ギターのNaoがピックにありったけの熱い思いを込める。ドラムのakiはクールな表情を崩さずにどっしりとリズムをキープする。メンバーそれぞれの個性の違いも、見ていて面白い。タイトルを連呼するサビのコーラスは、もちろんフロアを含めた大合唱だ。


「このあと夜のイベントが入っていて、時間は限られてるんですよ。でもそれは人生も同じ。時間が限られてるからこそ、一分一秒を一生懸命に生きていこう」

たぶん咄嗟の思いつきで、心に残る印象的な言葉を吐くHERO-KIは、確かにフロントマンとしての華を持つ男だ。曲は「L-tribe」。頭打ちのソウルっぽいビートと、ガレージロック的なワイルドさを併せ持つ1曲で、ファルセットを駆使した歌が通常のバンドにはない独特の色気をかもし出す、いい曲だ。歌い終わると、拳で胸を叩き、「ありがとう!」と叫ぶ。満足げな表情が見える。本編5曲はすべて、『Hocus-Pocus』からの曲だった。

「アンコール、バリ巻きでって言われました(笑)」

笑顔でステージに戻ってきた4人だが、タイムリミットはすでにギリギリ。しかし「ひとことだけ、いいですか」と前置きしてHERO-KIが語ったのは、この日の出演バンドへの感謝の言葉と、みんなでがっちりスクラムを組んでムーヴメントを作っていきたいという力強い宣言だった。拍手、歓声。コール&レスポンス。その声に応えて全力で演奏したのは、この日唯一の『Hocus-Pocus』未収録曲で、ライブで歌い続けて来た代表曲「Heroes」。“WOW WOW”というシンガロングしやすいキャッチーなサビに合わせ、フロアから何本もの拳が突き上がる。フロント3人はステージ最前線に身を乗り出して煽りまくる。


「ありがとうございました! 大阪のRIZING 2 ENDでした」

終わってみれば、限られた時間を全速力で駆け抜けた約30分。本当はあと数曲やる予定だったらしいが、足りない分をカバーして余りある、気迫みなぎるステージだった。このままツアーが進んで行けば、アルバムの曲がどれだけ成長していくのか。ポジティブな予感しかない熱い30分だった。


写真:Rina Asahi

リリース情報

『Hocus-Pocus」』
発売中
品番:SRBM-1011
価格:2,100円(税抜き)
全11曲入り
M1.introduction~Hocus-Pocus~
M2.1.2.3
M3.The Possible
M4.L-tribe
M5.ただ誰かを愛していたいだけ
M6.Break out!Break out!
M7.No More Chance Tonight
M8.命題コントラスト
M9.Blow Away
M10.Bad Social Reality
M11.Life Is Beautiful

ライブ・イベント情報

RIZING 2 END presents 1st FULL ALBUM ”Hocus-Pocus”~皆でパルプンテを唱えようtour~
2015年9月23日(水)@心斎橋VARON