Da-iCE、新作「HELLO」c/wで憧れのStevie Hoangとコラボ

twitterツイート

Da-iCEが11月4日にリリースするニューシングル「HELLO」のカップリング曲が、Stevie Hoang(スティーヴィー・ホアン)が制作した「FLY AWAY casts Stevie Hoang」に決定したことが発表された。Da-iCEが他のアーティストとコラボレートして作品を発表するのは、初めてのこと。

◆Da-iCE「HELLO」ジャケット画像

Stevie Hoangはロンドン出身、R&Bの貴公子と呼ばれるシンガーソングライター。今回のコラボレーションは、洋楽が大好きなDa-iCEの5人が、その楽曲センスの良さに憧れていたStevie Hoangに、いつかトラックを制作してもらいたいと夢に思っていたことが発端で、スタッフを通じオファーをした。そして、Stevie HoangもDa-iCEの楽曲やパフォーマンスを動画サイト等でチェックし、アーティストとしてのそのセンスの良さとクオリティの高さに感銘したことから、1年越しのやりとりのあと実現した。

Stevie Hoangは楽曲を制作しただけではなく、作品にも参加しており、英語歌詞の部分ではStevie Hoang本人とコラボ。日英R&Bシーンの若き才能が集結した極上のトラックに仕上がっている。


また、同日11月4日には、Stevie Hoangの3年ぶりのオリジナルアルバム『FOREVER』も世界に先駆け日本先行で発売され、同作品にはDa-iCEに提供した「FLY AWAY」を英語でセルフカバーした曲が収録される。この曲では、Da-iCEの大野雄大、花村想太が英語歌唱で参加した初コラボも実現。Stevie Hoang本人も「二人の歌唱、そして英語の発音もすばらしい」と言うほどの仕上がりとなっているとのことだ。

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報