福田花音、アンジュルムを卒業。「“2人でスマイレージを守っていこうね”と言った約束は果たせたんじゃないかな」(最後の手紙全文)

twitterツイート

11月29日に開催されたアンジュルムの日本武道館公演。本公演をもって、スマイレージの結成時よりメンバーとして活動してきた初期メンバー福田花音がグループを卒業した。アンコールにて、1万人のファンとメンバーに見守られながら福田が読んだ手紙の内容は以下のとおり。

  ◆  ◆  ◆

今まで応援してくださったファンの皆さんへ。

ハロプロエッグに入ってからの11年間、ずっと私を応援してくれた方、途中から私を応援してくださった方、途中から推し変した方、私のファンではない方、今日はいろんな人が集まってくれていると思います。芸能界のことなんて、何もわからないけど、ただただハロー!プロジェクトが大好きでハロー!プロジェクトのアイドルになりたくてオーディションを受けた11年前はこんなにステキな景色を見られるとは思いませんでした。

卒業してから今日までの6ヶ月間、「不安はありません!」とか「悔いはありません!」と強がりをいっぱい言ってきたけど、正直、めちゃめちゃ寂しいです。握手会で「今日はかにょんに会うのは最後になっちゃいます」と言われるたびに、じわじわと卒業を実感して、ひとりでジーンとしてきました。アイドルはファンの皆さんにパフォーマンスで元気を与えたり、背中を押したりするのがお仕事というか、役目だと思うけど、私にはそんなすごいことはできていなかったと思います。振り返ってみれば、ファンの皆さんに元気をもらったり、ときには塩対応で振り回したり、「釣った魚にはエサをあげないタイプだねー」なんて言われたり、好き勝手やらせてもらって、ある意味、ハロー!プロジェクトの歴史を変えちゃってきたかと思いますが、とにかくこの11年間の毎日が楽しくて仕方なかったということだけは、胸を張って言えることができます。

こんなにステキな11年間を過ごさせてくださったスタッフの皆さんにもありがとうございます。もちろん、つらいこともいっぱいありました。私は弱みを人に見せるのが苦手なタイプで、くだらない相談は先輩にも後輩にも「もういいよ!」っていっぱい言われてきましたが、ホントの悩みは誰にも言えなくて、ひとりで抱えきれなくなって、急に溢れて泣き出してしまうこともあったり。とくに初期メンバーの卒業、新メンバーの加入の時期には目まぐるしく変わっていく周りの環境についていくのに必死で、勝手に孤独を感じるときもありました。でも、そんなときに私を支えてくれていたのは、アンジュルムのメンバーです。メンバーといるとすっごく楽しくて、小さなことでも大爆笑できたり、とても居心地のいいグループだなと思いました。メンバーとあまりうまくいかないとき、ぶつかり合ったとき、みんなと過ごした楽しい時間はもう戻ってこないのかなって、すっごく不安になったこともありました。そんな不安もすぐに消えて、またみんなといつもどおり、くだらないことで大はしゃぎできたときは、内心、とてもうれしかったです。

3期メンバーとは1年ちょっとしか一緒にいられなかったけど、とても濃厚な1年間でした。3人とも妹みたいにかわいくて、めちゃくちゃパワフルで。ときには厳しいことも言ったこともあったけど、3人がアンジュルムの活動を心から楽しんでくれている姿を見るたびに私まで幸せな気持ちになりました。ありがとう。

そして2期メンバーは私に初めてできた後輩。私を大きく変えてくれた存在でもあります。2期メンバーは入ったとき、大変なことがいっぱいあったと思います。たくさん悩んでいる4人をそばで見ていたのに、何も力になれなくてごめんね。4人がいつも明るく話しかけてくれたり、3人にいじられまくるタケを見たり、4人の姿を見ているだけでこっちまで楽しい気分になりました。

お客さんが全然入らなかったライブやイベント、なかなかできなかったツアー、47都道府県ツアー。いろんなことを一緒に乗り越えていくうちにどんどん頼もしくなっていく4人は、私から見てもとってもかっこよかったです。今ではすっかり3期のいいお姉さんになっていて、2期メンバーは成長したなって思っています。これからは後輩のメンバーももちろんだけど、2期メンバーが大好きなリーダーのことも支えてあげてね。

そして、ずっと一緒に活動してきた和田彩花。彩花のことは、正直、“なんでこんなにヒョロヒョロしている子がリーダーなんだろう”って思いました。目立ちたがり屋だった私は、目立つ仕事がいっぱいまわってくるリーダーがうらやましいなって思ったりすることもあったけど、今になってすごくわかるんだ。絶対に私には務まるはずはなかったなって思います。アンジュルムのリーダーはあやちょにしかできないなと思います。あやちょと私は本当に磁石のNとSで真逆なんだけど、なぜか一緒にいると落ち着いたり、しっくりきたりします。一緒に過ごした11年間、本当にいろんな苦楽を共にしてきましたね。わからないことだらけのデビュー当時が、昨日のことのように鮮明に蘇ります。

4人でスマイレージとして、華々しすぎるほど華々しくデビューしたとき、まさかこの2人が最後まで残るとは思っていませんでした。そして、こんな波乱万丈なアイドル人生を送ることも想像できないぐらい、華やかなスタートを切らせてもらったよね。毎日、マネージャーさんに怒られて、ワンワン泣いていたよね。初期メンバーの2人が卒業したとき、「2人でスマイレージを守っていこうね」と言った約束は果たせたんじゃないかなって、私は思っています。2人でスマイレージを守り続けてきて、2期メンバーに継承できて、3期のメンバーが加入して、アンジュルムとして再始動して、今とっても勢いがあるアンジュルム。このグループを去ることに寂しさはありますが、不安はまったくありません。……鼻水が(笑)

みんななら、どんな困難も乗り越えられるし、なんてったって、どん底を経験したメンバーが5人もいるんだから、怖いものなしで突っ走っていけると思います。これからはみんなと違う道に進んでしまうけれど、作詞家を目指すと宣言した以上は、後ろは振り返らず、しっかり前だけを向いて進んでいって、いつかアンジュルムが大ブレイクするときのヒット曲を“作詞家 福田花音”が書かせていただけたら幸せだなと思います。いや、絶対に叶えてみせます!

いまだに卒業の実感がまったくありませんが、明日からは11年前と同じ、ハロー!プロジェクトのファンに戻ってアンジュルムを後押ししていこうと思います。みんな、これからも大変なことがあるだろうけども、みんならしく、頑張ってね。私も頑張ります。イヒヒヒ(笑)。

福田花音に愛情を持って携わってくださった皆さま、本当に本当にありがとうございました。

2015年11月29日
アンジュルム スマイレージ初期メンバー
福田花音

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報