リリスク、主演映画主題歌でメジャーデビューへ。「もっと強いチームに」

ツイート


女性6人組のヒップホップアイドルユニット・lyrical school(リリカルスクール/略称リリスク)が1月21日にタワーレコード渋谷店 B1F CUTUP STUDIOにて緊急記者会見をおこない、キングレコードからのメジャーデビューおよび、初主演映画の公開を発表した。

◆lyrical school 画像

リリスクは2010年にtengal6として結成され、その後タワーレコードのアイドル専門レーベルT-Palette Recordsに所属。強力な楽曲制作陣と一貫したヒップホップへの取り組みでパフォーマンスを伸ばし、2014年には<ROCK IN JAPAN FES>や<SUMMER SONIC>への出演も果たした。デビュー当時にヒップホップ素人だった彼女たちも経験と実力を積み重ね、今回ついにメジャーデビューへ辿り着いた形だ。

移籍第一弾シングルは、4月27日リリースの「RUN and RUN」に決定。同シングルは彼女ら初主演となる映画『リリカルスクールの未知との遭遇』の主題歌となっており、俳優としても活躍するデモ田中氏が初監督をつとめる。

同作品は5月28日より東京シネマート新宿、6月には大阪シネマート心斎橋など順次公開が決まっている。また、2月28日には『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭』にてワールドプレミア上映も決定している。


会見では各メンバーの口から「メジャーデビューを起爆剤にしつつ、もっと強いチームにしていきたい」、「待ち望んでいたメジャーデビュー、気を緩めず頑張っていきたい」など、今の心境が語られた。さらにゲストとして、初主演映画監督をつとめたデモ田中氏も登壇し、「普段は見れないメンバーの魅力が詰まっている」と監督の立場から映画作品の魅力を語った。



その後、ステージでは代表曲である「I.D.O.L.R.A.P」をライブパフォーマンス。さらには各メンバーが即興ラップを“アイドルラップ開拓者”として挨拶代わりに披露し、メジャーデビューへの意気込みを魅せつけた。

メジャー1stシングル「RUN and RUN」

2016年4月27日発売
発売元:キングレコード
品番:<初回限定盤>KICM-91669 ¥1,500+税
 <通常盤>KICM-1670    ¥1,000+税

◆lyrical school オフィシャルウェブサイト
この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報