【短期連載】佐々木亮介 (a flood of circle) のTHE BLUE TOUR DIARY_第5回『歌って踊れて…ジョニーズJr.@金沢vanvanV4』

ツイート


本番30分程前。1階の楽屋で、なべちゃんは黙々とグレッチ社特製のパッドをしばいている。姐さんは集中して化粧をしている。それはバンドにとっていつもの景色だし、それぞれ本番前の気持ちを作り上げる儀式をしているみたいにも見える。

◆a flood of circle (2016.4.14@金沢vanvanV4) 画像

2階のフロアでかかっている音楽が、アンダートーンズからアリエル・ピンクに変わった。もちろんライブハウスで流れる音楽は自分で選曲しているんだけど、好きな曲が大音量で流れていると気分が上がるものだ。このツアーのプレイリストはこうだ。


   ◆   ◆   ◆

Glinder / Gary Clark Jr.
Spring On Broadway / The Cribs
Jump Boys / The Undertones
White Freckles / Ariel Pink’s Haunted Graffiti
Sunday Candy / Donnie Trumpet & The Social Experiment
Spell It Out / Toro Y Moi
Blue Agent / Deerhunter
Boy/Girl / Jenny Beth, Julian Casablancas
Evil / Savages
Random Name Generator / Wilco
Feeling Of Wonder(feat.Mick Jones) / Kitty, Daisy & Lewis
Could You / TV On The Radio
John Doe / Young Fathers
Driving Me Wild / Bryan Ferry
Turkish Delight / Kitty, Daisy & Lewis
Hold Up / The Raconteurs
Let Her Go / Mac DeMarco
Chili Town / Hinds
Blue Eyed Pop / Sugarcubes
Wednesday To Let Me Down / The China Wife Motors

   ◆   ◆   ◆

「Sunday Candy」でチャンス・ザ・ラッパーの声が聴こえてきそうな辺りで、今度はキョウスケがスカートによるSMAP「Fly」のカバーに合わせて熱唱し出す。しかも振り付けありで。一番好きなSMAPのメンバーは中居くん、らしい。解散しなくて良かったね。とまあそんな光景もこのツアーならではのものになって来た(※編註:連載第5回の正式タイトルは“歌って踊れてギターが弾けるジョニーズ・ジュニア@金沢vanvanV4”)。

今、メインのギター・アンプとして使っているホット・キャットが調子悪くて違う型を使っているんだけど、それはそれで馴染んで来たし、バンド全体の空気が密になってきているのを感じる。ツアーならではの感覚だ。あとはステージに上がって、かますだけ。



金沢のお客はとかくアットホーム、かつ自由に盛り上がる。素晴らしい。曲間の話題がアットホーム過ぎたけど、金沢の人達への信頼の証ということで、ご愛嬌。アットホームな話題、というのはつまりカラオケについてなんだけど……。ツアー中、スタジオが見つけられない時、たまに一人でカラオケに行く。カラオケ自体のスイッチは切ってしまって、ギターを弾いたりする。これはTHE BACK HORNの栄純さんの影響がある。

2ndアルバム『PARADOX PARADE』の録音に2曲(「Forest Walker」「噂の火」)で参加してくれた栄純さんと初めてちゃんと話したのは、大久保のFreedom Studioでのレコーディング当日。で、その時に栄純さんに「俺、コート・ダジュールってカラオケ・ボックスで曲作ったことあるよ」って言われて、衝撃で。それで真似して、金沢で夜中にギターを弾きたくなったら黒服達をかき分けてコート・ダジュールに行ってるわけ。


ライブが終わったあと、「とも家」という居酒屋に行って、とてもきれいに盛り付けられた刺身を突つきながらニョロ店長と色々話す。結構金沢に来ているわりに、ゆっくり話したことが今までなくて。vanvanV4の歴史や金沢の町のこと、あとHEY-SMITHのYujiくんのこととかね(彼は金沢出身で、同い年)。vanvanV4ってハコは、すごく情念が籠っているのを感じる。35年の歴史があるってこともそうだし、フロアの中から階段にまで溢れ変えるように壁中バンドマン達のサインで埋め尽くされているからね(例えば入り口の上の辺りに、今でも昔のHi-Standardのサインを見つけることが出来る)。独特の空気が漂っているよな。大好きだ。

前回Tシャツについて書いたけど、実物を載せておく。姐さんは白をチョイスしていて、RUDE GALLERYの革ジャンの下に着ている。こんな感じで着てもすごく良いと思うし、襟ぐり切ったりしても良いかもね。好きにして。


朝の報道で、昨夜の熊本の地震の詳細が少しづつ分かって来た。少しでも早い復旧を願っています。

16/04/15 13:26 PJハーヴェイの新しい名曲「Community Of Hope」を聴きながら

佐々木亮介

<AFOC 10th Anniversary“THE BLUE TOUR -青く塗れ!-”>

4月02日(土) 千葉LOOK  open 17:30 / start 18:00
4月03日(日) 水戸LIGHT HOUSE  open 17:30 / start 18:00
4月09日(土) 郡山HIPSHOT JAPAN  open 17:30 / start 18:00
4月10日(日) 盛岡the five morioka  open 17:30 / start 18:00
4月14日(木) 金沢vanvanV4  open 18:30 / start 19:00
4月15日(金) 新潟CLUB RIVERST  open 18:30 / start 19:00
4月17日(日) 長野J  open 17:30 / start 18:00
4月22日(金) 宇都宮HEAVEN’S ROCK VJ-2  open 18:30 / start 19:00
5月01日(日) 岡山PEPPER LAND  open 17:30 / start 18:00
5月03日(火) 鹿児島SR HALL  open 16:30 / start 17:00
5月05日(木) 大分club SPOT  open 16:30 / start 17:00
5月07日(土) 松山Wstudio RED open 16:30 / start 17:00
5月08日(日) 高松DIME  open 16:30 / start 17:00
5月13日(金) 札幌cube garden  open 18:30 / start 19:00
5月15日(日) 仙台CLUB JUNK BOX  open 17:30 / start 18:00
5月19日(木) 高知X-pt.  open 18:30 / start 19:00
5月21日(土) 広島SECOND CRUTCH  open 17:30 / start 18:00
5月22日(日) 大阪なんばHatch  open 17:00 / start 18:00
5月27日(金) 名古屋DIAMOND HALL  open 18:00 / start 19:00
5月29日(日) 福岡CB  open 17:30 / start 18:00
6月04日(土) 新木場STUDIO COAST  open 17:00 / start 18:00
6月11日(土) 沖縄Output  open 17:30 / start 18:00
6月12日(日) 沖縄Output  open 17:30 / start 18:00
チケット料金:¥3,500(+税)
※5/3~5/8公演はSCOOBIE DOとのWヘッドライナー

◆【短期連載】佐々木亮介 (a flood of circle)のTHE BLUE TOUR DIARY 特集ページへ
◆a flood of circle オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス