安室奈美恵、自身最多の88公演全国ホールツアー開催発表。「皆さんを近くに感じて、一体感のあるツアーに」

twitterツイート

安室奈美恵が、自身最多公演となる全国ホールツアーの開催と、5月18日にリリースするドラマ主題歌「Mint」のミュージックビデオを同時公開した。

まず発表となった全国ホールツアー<namie amuro LIVE STYLE 2016-2017>は、各地のファンが来場できるよう、初めての会場(ホール)なども組み入れた。結果、8月19日のよこすか芸術劇場を皮切りに、東京国際フォーラム14公演などを含む自身最多となる88公演、33都市で約23万人を動員する予定だ。

「今回はホールツアーという事で、皆さんを近くに感じて、一体感のあるツアーにしたいと思っています。」と、安室奈美恵自身もコメントを発表しているとおり、アリーナツアーとはまた違った距離感と演出となるはずだ。

なお、安室奈美恵は、2016年のツアーでデビュー以来の公演数は670公演を超え、ライブ総動員数は400万人を突破する。



そして伊藤英明・木村佳乃などのキャストによる関西テレビ・フジテレビ系火曜22時連続ドラマ『僕のヤバイ妻』主題歌としてオンエア中の新曲「Mint」。ミステリアスなギターフレーズで展開されるシリアスかつスリリングなトラックに、刺激的なリリックをクールに歌うボーカルが印象的なダンスロックナンバーだ。

そんな「Mint」、解禁されたミュージックビデオは、「どんな仕打ちも、愛する人から受けるものであれば、“ミント”のように爽快な刺激や快楽に感じられる」という情熱的な女性を歌った楽曲に合わせ、ダンサーは、全員女性を起用。こちらも安室にとって“自身史上最多”となる総勢36人のダンサーが出演し、大勢の女性が一糸乱れず群舞する華麗な姿が壮観な映像に仕上がっている。



twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報