【インタビュー】ケツメイシ、15周年ライブで「続けていくことの意味とか大切さをあらためて感じた」

twitterツイート

ケツメイシが11月30日(水)にDVD&Blu-ray『15th Anniversary 「一五の夜」 ~今夜だけ練乳ぶっかけますか?~』を発売する。初のファン投票によるセットリストで行われたこのライブでは、7万人のファンが熱狂。

◆ケツメイシ ミュージックビデオ

また、10月26日(水)にリリースされた10枚目のオリジナル・アルバム『KETSUNOPOLIS 10』はオリコンやiTunes、ストリーミングサービスなどでチャート上位にランクインし続けている。そんなケツメイシの人気の秘密を追求すべく、インタビューを敢行した。

◆ ◆ ◆

■“あの曲きた!”みたいな、ステージから
■歌の圧をすごく感じました。

―今回、DVD&Blu-ray『15th Anniversary 「一五の夜」 ~今夜だけ練乳ぶっかけますか?~』がリリースされるにあたり、あらためて当日の雰囲気を客観的にご覧になられたと思いますがいかがでしたか?

RYOJI:そうですね、なかなかステージから見えないところまで撮影してくれているので、ある意味ステージに立っていたときより感動しました。お客さんの細かな表情、嘘のない表情っていうんですかね。やっぱりこう純粋な表情に感動させてもらいました。ありがたいですよね。あと、会場のでかさを改めて認識しました。まぁ、とんでもないところでやったんだなっていう。

―オープニングで中央の大きなモニターが割れてステージにあらわれた瞬間、まずどんなことを感じましたか?

RYOJI:これがその、けっこう客観的というか、でかすぎて現実感がなかったですね。なのでやるべきことを的確にやるって意識でやり抜きました。



DJ KOHNO:当日は、7万人というお客さんの圧を感じる余裕すらなかったんですよ。なんというか実は“わ~すげえ人だ!”っていうのを広すぎて逆に感じてなくて。でも映像だと広さを感じさせてくれる見せ方なので、あらためてすごかったなぁと思いますね。

―15年前、メジャーデビューのタイミングでお子さんが生まれたRYOさんは特に15周年でのライブは感慨深いものがあったんじゃないですか?

RYO:2ヶ月経ちましたが、既に2年くらい前な感じがしますね。それくらい今年は忙しかったんですよ。当日は7万人というすごさのなかでも、頭は冷静というか不思議な感じでした。始まればいつも通り何とかなるかなって感じで。それこそ渋谷クアトロの頃からライブ制作が同じスタッフなんです。それが感慨深かったですね。一緒に年を重ねました。でもなんていうかあっという間でしたね。

大蔵:ステージ上で歌詞を出していたこともあって、お客さんがみんな歌ってくれているんです。あれはやってよかったですね。いい思い出を作品として残せました。ツアーだと新しい曲中心なので、これまで昔の曲をやるタイミングってなかなか無くて。それもあってか“あの曲きた!”みたいな、ステージから歌の圧みたいなのをすごく感じましたね。



―そういえばMCでRYOさんが“ワイドショーでよくアーティストが出ると名前の後ろのカッコ内で年齢が表示される”という話をされてましたけど、次の日結局ワイドショーで年齢が出ていましたね。

RYO:あれ、ほんといらないと思うんですけど。誰も得してないよね(笑)。おっさんっていうのがバレる。

大蔵:あと、ヒップホップグループって言うのも、なんかそろそろやめて欲しい。枕詞みたいになってますよね(笑)。

一同:(笑)

―アニバーサリー・ライブだったので、たくさんの友人とも会えたんじゃないかなと思いますが、今回は打ち上げはどんな感じだんでしょうか。過去には打ち上げの模様をDVD特典に収録していましたよね。

大蔵:メンバー、ダンサーさん、スタッフさんと、みんなでわっしょいわっしょいしてました(笑)。

DJ KOHNO:なんか、大蔵さんが帰りたがらなかったらしいですよ。

―どういうことなんですか?。

DJ KOHNO:僕は先に帰ってたんで後から聞いたんですけど、大蔵さんは朝方9時過ぎに吉野家まで行こうとしていたらしいですから。

RYO:めずらしいね、夜中に炭水化物取らないのに(笑)。

DJ KOHNO:「吉野家で朝ビールだ!」って最後ひとりでごねてて。「こんな時間に吉野家でビール飲む奴なんていね~よ」ってヨネ(マネージャー)が吐き捨てて帰らせたんですよ。

大蔵:帰ったんですけど、ヨネは吉野家行ったらしい(笑)。



DJ KOHNO:俺帰ったのが朝5時くらいで。

RYOJI:俺も一次会でタクシーで帰りました。裏切り者のような眼で見られながら(笑)。

DJ KOHNO:けっこう疲れてたんですよ。でも全然潰れなくて。多分まだ緊張してたんでしょうね。緊張が残ってるから酔わなかったのかもしれないです。

―RYOさんは?

DJ KOHNO:RYOさんは俺より先に帰ってましたよ。

RYO:あ、疲れてたんですよ全体的に。ライブ終わって打ち上げはじまるのがもう1時とかだったので。年なんでちょっと面倒くせえなと思って(笑)。

DJ KOHNO:ゆっくりさせてくれよって(笑)?

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス