Acid Black Cherry、カバーアルバムで小室哲哉と対談

ツイート

1月25日(水)に発売されるカバーアルバム『Recreation 4』のDVDに収録されるショープログラムのトークゲストに小室哲哉を迎え、yasu とのスペシャル対談が実施されることが決定した。

◆関連画像

今回の対談は、前作『Recreation 3』に収録されている「BELIEVE(渡辺美里/1986年)」のアレンジを、オリジナルの作曲者である小室哲哉が手がけている縁もあって実現したもの。

Janne Da Arcの4枚目のアルバム『ANOTHER STORY』や、Acid Black Cherryが発売した全4枚のアルバムはすべて“コンセプトアルバム”として制作されているのだが、yasuがこのような作品作りをするきっかけとなったのが小室哲哉が所属するTM NETWORKのアルバム『CAROL~A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991~』。小室哲哉はyasuの音楽活動に影響を与えたミュージシャンなのだ。

2016年発売の『CD&DLでーた 1-2月号』でも、yasuは「『CAROL~A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991~』はすごく楽しいし面白いなって。物語と音楽によって、その世界にす~っと吸い込まれていく感覚が楽しめましたね。純粋に音楽アルバムとして聴いていたら、その曲には引っかかってなかったかもしれないけど、物語があることで、その曲がすごく好きになったりね。その物語の景色がその曲で見えてきたりとか、イントロ聴いただけで、その世界に引き込まれたり、そこの景色が頭の中に描けたりとかね。そういうのってすごく素敵やなって思ったんだよね」と語っている。

yasuの作品作りに大きな影響を与えた小室哲哉との貴重な対談は、『Recreation 4』のDVD「The Live Show “Recreation”」に収録される。「The Live Show “Recreation”」には3曲のスタジオライブセッションも収録されるのだが、こちらもカヴァー楽曲を生演奏するという初めての映像作品になっているので見逃せない。

カバーアルバム『Recreation 4』

2017年1月25日(水)発売

・CD収録曲 ※カッコ内は原曲歌唱アーティスト/発売年
青空(THE BLUE HEARTS/1989年)
M(プリンセスプリンセス/1989年)
輝きながら…(徳永 英明/1985年)
CLOUDY HEART(“LAST GIGS” ver.)(BOOWY/1985年)
青春のリグレット(松任谷 由実/1985年)
フライングゲット(AKB48/2011年)
Forget-me-not(尾崎 豊/1985年)
星空のディスタンス(THE ALFEE/1984年)
Tomorrow never knows(Mr.Children/1994年)
三日月(絢香/2006年)
流星のサドル(久保田利伸/1986年)
私はピアノ(サザンオールスターズ/1980年)
※曲順未定

・DVD収録内容 ※カッコ内は原曲歌唱アーティスト/発売年
「The Live Show “Recreation”」
ライブ収録楽曲
青空(THE BLUE HEARTS/1989年)
恋におちて(小林 明子/1985年)
GLAMOROUS SKY(中島 美嘉/2006年)

※生演奏でのスタジオライブ収録のため、CD収録の音源とは異なります。
※曲順未定

◆Acid Black Cherry オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報