CANIVALは四国を拠点とするヴィジュアル系バンドだ。バンドの数自体が少ない地方にありつつも着々と実力をつけ、東京、大阪をはじめ全国で活動している。彼らが全国のヴィジュアル系シーンに向かっていくその思いを探るべく、インタビューを敢行した。

◆ミュージックビデオ・アーティスト写真

※本記事は4月14日(金)に開催の<千歌繚乱vol.11>で来場者限定で配布される「千歌繚乱 ARTIST BOOK」掲載のインタビューの一部を事前に公開するもの。「千歌繚乱 ARTIST BOOK」ではメンバーへの一問一答アンケートなど、より深い内容が掲載されている。

   ◆   ◆   ◆

■四国にもヴィジュアル系バンドが増えて欲しいから
■他の都市でもライブをして実力をつけていく

──四国を拠点にするヴィジュアル系バンドは今少ないと思いますが、みなさんはどういった経緯でバンドを結成されたのでしょうか。

Kosukё(Gt):もともとみんな音楽が好きでバンドをしたいと思っていたところ、縁があってメンバーと知り合い愛媛県に集合して結成しました。

志輝(Vo):僕たちがバンドを始めたころは四国にも先輩バンドがいたし、いくつかヴィジュアル系バンドがあったんですが、活動していくうちに解散してしまったりして今ではバンドが少なくなってしまいました。正直、バンド数がないのでイベントを組むのも大変で…。

▲志輝(Vo)

──地方で活動しているとそういう悩みが出てきますよね。

kosukё:もっとバンドが増えてくれたらいいなと思いますね。俺たちは四国出身というのは大事にしたいので、先鋒を切ると言ったら大げさかもですが、どんどん他の都市でもライブをして実力をつけていくつもりです。

はるや(Gt):現状の活動は関西6割、東京2割、名古屋1割、四国1割といった感じです。そのほかにも広島や福岡、東北なんかにも行っています。

──積極的にホーム以外の場所でも活動されているんですね。4月14日(金)の<千歌繚乱vol.11>は東京での開催ですが、ほかの地方と東京ではライブへの意気込みも違いますか?

Luvia(Dr):大阪は行き慣れてるのもあって半分ホームと思えてきたくらいなんですが、東京は5回目ということもあってまだまだこれからって感じ。だから四国からはるばるやって来たってのもひとつの売りにして、俺らのことを魅せつけてやりたいですね。

▲kosukё(Gt)

──CANIVALさんは楽曲も重めのサウンドで激しい曲もあるし、見た目も結構…

kosukё:怖いと思ったでしょ!?

──ええ(笑)。

はるや:アーティスト写真だけ見るとそう思われがちなんですよね。僕は女形だからあんまり怖がられることはないけど、Luviaは特にイカついしファンもおそるおそる近づいてくる感じあるよね。

Luvia:え、俺(笑)? 実際はぜんぜん怖くないですよ。ステージを降りたらみんな結構緩いよね。インストアイベントとかだとかなりアットホームなトークしてるし。

kosukё:そうなんだよね。だからもっとフランクにみんなと絡んでいきたいし、こういったインタビューでは怖くないよってことも伝えていきたいです(笑)。

◆インタビュー(2)へ