【連載】フラチナリズムの労働to武道館 vol.2「3月度業績報告」

ツイート

フラチナリズムの労働to武道館
~売れてないバンド界イチ売れてるバンドが武道館を目指す話~


労働to武道館業績報告
どうも!やってる?フラチナリズムのディーンフジオカことモリナオフミです。名前がカタカタ表記なところがそっくりですよねー。
先月から始まりましたこの連載「フラチナリズムの労働to武道館」
まだ先月の記事を読んでないし、お前誰やねん!?と思っている方はぜひともこちらの記事をご覧になってください。

フラチナリズムの労働to武道館vol.1「売れてないバンド界イチ売れてるバンド」→◆https://www.barks.jp/news/?id=1000138855

はい。見返してくれた方ありがとうございます。見返してくれなかったそこのあなた!!
気持ちわかります。僕もあまり見返したりしないタイプですし、「あれ?こんなこと書いたっけ?」と自分の言ったことにあまり責任が持てないタイプでもありますwなので今回はウォンビンに・・・いや穏便に済ませたいと思います。
全盛期の伊藤みどりさんより美しくスベったところで、先月の記事では、フラチナリズムってどんなバンドなのか?を見て頂きましたが、今回からは武道館に向けてフラチナリズムがどのような活動をしたのかをしっかりと報告していきたいと思います。


労働to武道館その1~3
武道館までの道は果てしなく遠い。しかし千里の道も一歩からという言葉の通り、武道館に向けてしっかりと労働していけば叶えられない夢は無いんだと思い込んで働き続けるのが社畜バンドマンの心意気(悲しい性)。その歩幅は狭くとも一歩ずつ確実に日本武道館に近づくためフラチナリズムは現在以下の三つの労働を遂行しております。

その(1)ディファ有明ワンマンライブを成功させろ!
その(2)ハーフ&ハーフ2をヒットさせろ!
その(3)ファンを強めに満足させろ!

その(1)は6/24に行われるディファ有明でのワンマンライブ。センターステージに初挑戦しそのライブを成功させる。武道館でもセンターステージでやりたい。チケットが発売されましたので是非とも遊びに来てください。
その(2)は5/17にリリースする2ndアルバム「ハーフ&ハーフ2」をヒットさせろ!というもので、その(3)は3/19に行われたリクエスト型ワンマンライブのことです。
先月はこの3つの労働を軸に様々な活動をしてきましたので、今回はそのご報告をさせていただきたいと思います。


平成29年3月度活動報告
・3/1 東京工学院にて「ハーフ&ハーフ2」収録曲レコーディング
今回収録される「テトテ」は東京工学院の卒業制作ライブの為に書き下ろしたもので、アルバムに収録されることが決まった時から東京工学院の生徒達と一緒に作りたかったので東京工学院でレコーディングしました。

・3/2 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で演奏
初めて映画祭の主題歌に「アイアイアイラブユー」という楽曲を使っていただけましたので、勝手に夕張市の会場に乗り込み勝手に演奏してきました。勝手に行ったのにも関わらず皆さん温かく出迎えてくれました。何より映画祭に来られていた斉藤工さんがかっこよすぎてたまりませんでした。


・3/3 北海道札幌のライブハウスでライブ
北海道は僕らを育ててくれた街なので、お礼の意味を込めてワンマンライブ&トークショーをやらせていただきました。もちろん「ハーフ&ハーフ2」の予約会も忘れずに・・・

・3/5 八王子のサーキットフェス「HACHIDORI」にてライブ
バンドの地元である八王子にてサーキットフェスに出演させてもらいました。トリのニューロティカ先輩の前に出演させてもらいました。

・3/6 「ハーフ&ハーフ2」ジャケット撮影
かっこいいのか、かっこ悪いのかよくわからない。そんなジャケットを撮影してきました。またBARKSさんに記事でイジってもらえるか心配ですw

・3/7 レコーディング
まだまだ「ハーフ&ハーフ2」のレコーディングが終わりません。この時点で一回納期を伸ばしてもらいました。どこの大物バンドやねん!!売れてないんやから納期を守れ!!と思っている方、、、ごめんなさい。

・3/10 タワーレコード本社に乗り込み懇願
え?でしょ?これはフラチナリズムとしても初めての試み。タワーレコード本社様に乗り込んで(アポは取ってます)「ハーフ&ハーフ2」をたくさん仕入れてください!と土下座してきました。皆さん苦笑いでしたが、優しい方ばかりで温かく出迎えてくれました。発注業務をする端末のパスワードをよこせ!そして発注枚数を一桁増やさせろ!!と暴挙に走ってみましたがセキュリティは万全でしたので今回は諦めました。


・3/11 錦糸町セキネ楽器様インストアライブ
アルバムの予約イベントがこの日から始まりました。


・3/12 小田原ダイナシティ様インストアライブ
ショッピングモールではしゃぎ過ぎて怒られました。

・3/14 レコーディング
まだまだレコーディングは終わりません。

・3/16 呪いのDVDを勝手に送りつける
去年の11月に行われた中野サンプラザのライブDVDを各メディア様に、あわよくば何か素材として使ってくださいという下心と日ごろの感謝を込めて勝手に送付。

・3/17 星光堂本社様に乗り込み懇願
タワーレコード本社様だけでは留まらず星光堂本社様にも乗り込んで、「もういい加減うちのCD間違えて大量発注してくれませんか?」と懇願。しかも、1曲歌わせていただけるということでオフィスでのライブを敢行。ウェルカムポスターまで作っていただけて温かく出迎えてもらえました。心の広い皆様に感謝です。

・3/18 ベニバナウォーク桶川様インストアライブ
土日はインストアライブで予約枚数を増やしにかかります。

・3/19 フラチナリズムリクエストアワードVol.1開催
労働to武道館その(2)として「ファンを強めに満足させろ」という項目がありましたが、それがこちら。フラチナリズムの楽曲の中から好きな楽曲をリクエストし、上位15位まででセットリストを組んでワンマンライブをやりました。

・3/20 イオンタウン成田冨里様インストアライブ
フラチナリズムはインストアライブでは暴れまわるという情報が回っているのかいないのかわかりませんが、凄く偉い方に見張られていましたので大人しくやりました。

・3/21 ものまね番組のネタ決め
わたくし、フジテレビのものまね番組に出演させて頂いておりますので、その番組のネタ決めに行ってきました。どデカイスタジオで生演奏でものまねするんですよ。めちゃくちゃ緊張します。

・3/22 静岡ゴールデン横丁様オープニング記念流し
静岡駅のほど近くにオープンした「静岡ゴールデン横丁」という飲み屋街にてフラチナリズムの真骨頂であります、流しをやってまいりました。オーナーさんに気に入ってもらえたので今後も歌いに行けそうです。

・3/24 六本木morph-tokyo様にて定期イベント
毎月定期で行われているライジングプロダクション所属のバンドを集めたイベント「RISING ROCK FES」にてライブをやらせてもらいました。

・3/25 タワーレコード八王子店様インストアライブ
圧倒的ホームのタワーレコード八王子店、通称「タワハチ」でのインストアライブでした。予約枚数も急上昇!

・3/26 Zher the ZOO YOYOGI様にてザ・キャプテンズとのツーマンライブ
尊敬する先輩バンド、ザ・キャプテンズとのツーマン。エンターテイメントでしのぎを削るガチンコツーマンライブでした。



・3/28 レコーディングラストスパート
5/17発売のアルバムのレコーディングがまだ終わってないという悪夢。

・3/31 レコーディング終了
無事レコーディング終了!!ここからミックス作業、マスタリング作業を経て晴れてCDの元になるマスター音源が出来上がるというわけです。


ってな事で平成29年3月度のまとめ
・稼働日数 22日
(基本的に何もない日は打ち合わせや楽曲制作やリハーサル等、つまり休みは無し!まさに社畜)
・総動員数 約1500名
・予約枚数(ハーフ&ハーフ2) 308枚←目指せ5000枚!
・その(2)「ファンを強めに満足させろ!」 ソールドアウトにつき達成
・ディファ有明先行チケット申し込み 494枚(ご新規優待券込)

ざっくりまとめるとこのような感じになるのでしょうか。やはり日本武道館を目指すとなると、ひと月の総動員数はアベレージ3000名くらいは無いと難しいのでどんどん増やしていかないといけません。そしてCDも目指せ1万枚と言いたいところですが、今年はまず5000枚を目指してガツガツ販売していきたいと思っています。ディファ有明はキャパ1200名なので是非ともソールドアウトさせたいところですね。リクエストアワードにつきましてはご好評につき継続していきたいと思っております。

と、いうわけで以上29年3月度の業績報告でした!
今月から新年度なのでまさに咲き誇る桜の様に、フラチナリズムも咲き誇れるように頑張ります。桜のように早々と散ってしまわないように粘り強く。

フラチナリズム モリナオフミ

2nd Full Album『ハーフ&ハーフ2』

2017年5月17日(水)発売
CRCP-40514 ¥2,315+税
[収録内容]
全11曲収録(曲順未定)

■オリジナル曲
・やってらんねぇ
・テトテ
・なんてファンタスティック
・帰っておいで
・アイアイアイラブユー
・KAN&PAI -THE GENESIS-

■カバー曲
・恋愛レボリューション21
・MUGO・ん…色っぽい
・君がいるだけで
・春夏秋冬
・あなたのキスを数えましょう 〜You were mine〜

この記事をツイート

この記事の関連情報