ビートルズの制作秘話も収録! 米で話題の音楽ドキュメンタリー番組がDVDリリース決定

twitterツイート

アメリカでは既にテレビ放送され、米・ハリウッド・リポーター誌の2016年年間ベスト番組5位にも選ばれた音楽ドキュメンタリー番組「soundbreaking」(サウンドブレイキング)のDVDリリースが決定し、特設サイトがオープンした。

ジョージ・マーティン監修のこの番組は、ビートルズからアデル、レディオヘッドまで年代・ジャンルを超えた幅広いアーティストの貴重映像が収録されているが、彼らの”レコーディング作業”に焦点を当て、アーティストの目線に加え、プロデューサーやレコーディングエンジニアの目線でも語るという、非常に興味深い内容となっている。


▲ジョージ・マーティン

ビートルズのヒット曲の制作秘話、エイミー・ワインハウスのレコーディング映像、ピンク・フロイド「狂気」の制作秘話、MTV時代を作り上げたマイケル・ジャクソンやマドンナの存在など、150本以上のオリジナルインタビューと200本以上の貴重なアーカイブ映像で構成された、他では語られたことのない音楽ファン必見の内容が、全8話(各話約50分)収録されている。

日本ではこの映像をDVD3枚にコンプリートして8月にリリース決定。発売記念にあたり「soundbreaking特設サイト」が公開。ティザー映像も公開されているので、ぜひチェックしてほしい。



また、この作品に関して、ピーター・バラカン氏よりコメントが届いている。
中学生の時に、国語(ぼくの場合は英語)の試験で「ヒット・レコードの条件」について書いたらかなりいい点がとれましたが、このシリーズを見ていたら100点満点だったに違いありません。プロデューサーの役割、録音技術や電気そのものが音楽に与えてきた影響、様々なジャンルを網羅した興味の尽きない番組です。リンゴのドラム・クリニックなどニクイ感じのボーナス映像もあって、何回も見たくなります。(ピーター・バラカン)

リリース情報

「soundbreaking」(サウンドブレイキング)
2017.08.23 release.
IEBW-10001 \9,800+税
DVD3枚組・・・全8話+特典映像
<収録内容>
・エピソード1 「レコード・プロデューサー」
・エピソード2 「マルチトラック・レコーディング」
・エピソード3 「ヴォイス」
・エピソード4 「エレクトリック」
・エピソード5 「ビート」
・エピソード6 「サンプリング」
・エピソード7 「ミュージックビデオ」
・エピソード8 「フォーマット」
●特典映像
エルトン・ジョン&ジョージ・マーティン/リンゴ・スター/ロザンヌ・キャッシュ/リンダ・ベリー/レス・ポール/トム・ショルツ

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報