【連載インタビュー】gibkiy gibkiy gibkiy、sakuraが語る「俺は日陰者だから、自然と原点回帰してた」

ツイート

■“櫻澤泰徳、Sakura、sakura”
■だけど、全部俺なんですよ

──ところでsakuraさんはドラムを叩いて何年になりますか?

sakura:30年。

──現在、Rayflower、ZIGZO、THE MADCAP LAUGHSと他のバンドも並行してますが、gibkiy gibkiy gibkiyだからっていうスタンスはありますか?

sakura:確かに使い分けるっていうのはある。冒頭でも言ったように俺、日陰の者だから自然と原点回帰してたし、根幹の部分を出せばいいだけなんだけど……。確かにZIGZOに行けばZIGZOの、Rayflowerに行けばRayflowerの、THE MADCAP LAUGHSに行けばTHE MADCAP LAUGHSの、それぞれで“櫻澤泰徳、Sakura、sakura”だったりだけど、全部俺なんですよ。もしかしたら、特にgibkiy gibkiy gibkiyに関しては持ってるものを全部出す、使い分けなきゃっていう脳の指令は無しかもしれない……。

──100%、俺?

sakura:でも使い分けるのも俺。例えばL'Arc-en-Cielにいた時の一面でもあったキラキラとした世界で培ったものや、あの景色や経験がgibkiy gibkiy gibkiyにあるか?って言えば、要素としては少ない。Rayflowerにはそのキラキラがあったり……。でもそれも俺でしょ? あの景色を知ってるからこそ出せるものがある。わかりやすく言うと、自分が音楽に触れて、こんなバンドでドラムを叩きたいなっていう30年前の櫻澤泰徳が存在してる濃度が濃いのがgibkiy gibkiy gibkiyなのかな?って。L'Arc-en-Cielに加入した時の感覚に近いかもしれない。

──なるほど。

sakura:キラキラしてるからカッコいい/カッコ悪いっていうのは無いと思うし、暗いものだからカッコいい/カッコ悪いっていうのも無いんだけど、kazumaくんと話をしてると、結果的に自分自身にとってカッコ良ければいいんだよねっていうのが確認出来る。

──「gibkiy gibkiy gibkiyのリーダーになっちゃった」って話がありましたけど、その経緯というのは?

sakura:<PARTY ZOO ~Ken Entwines Naughty stars~>の時に『音楽と人』からイベントのオフィシャルブックが出ることになって、出演バンドの中からテーマに沿ったメンバーを抽出した対談企画があったんだよね。その中に“リーダー対談”っていうのがあって、そこで俺が押し出された(笑)。“え? 俺、リーダーだったの?”って。

──適任です(笑)。

sakura:誰がリーダーってわけじゃなかったんだけど、“はい、やるよ~!”って旗振る、エンジンのような存在が集団には必要だよなって思って、それに一番向いてただけなんじゃないかな? 経済力と行動力と経験値。

──経験値は一番大きいですね。そういうことだったんですね。kazumaさんの話が出ましたけど、リーダー的な視点で言うとaieさん、kazuさんはどんなミュージシャンですか?

sakura:kazuくんは今回バンドになって、これからのgibkiy gibkiy gibkiyのキーマンだと思ってるの。俺なんかより彼の方がバンド全体を俯瞰で見てるところが大きいと思う。3人共マイペースな人間ではあるものの、人と合わせようする意思を持ってる3人だと思うし、柔軟なメンバーだとは思うんだけど、その中で一番柔軟なのがkazuくん。そのkazuくんが前回のBARKSインタビューで「蜉蝣の時に戻った」って言ってたけど、凄くいいことだなって思ったんだよね。どこかみんながみんな……それぞれのキャリアはあるけど、gibkiy gibkiy gibkiyというものになって、こういうバンドやりたかったんだよねっていう原点回帰をしてるんじゃないのかな?って。kazuくんはSTEREO.C.K とか、サポートとかやってる中で、人柄もあるし、ベーシストっていうポジションもあるかもしれないけど、出されたオーダーをそつなくこなすってことに、良くも悪くも慣れちゃったんだと思う。蜉蝣をやってた時のことはわからないけど、その時に戻ったっていうことは、“本来こういうベースが弾きたかった、こういうアーティストになりたかった”っていう原点回帰をしたんじゃないかな?

──あぁ。

sakura:aieはどこへ行っても変わらないんだろうけど、ただgibkiy gibkiy gibkiyに関してはこうであるべきだ!って絶対的な何かがあると思う。そこにはkazumaくんに対するリスペクトもあるし、リスペクトがあるがゆえのkazuma像はこうであるべき、こうプロデュースしてあげたいっていう考えが凄くあると思う。kazumaくんは、自分の中でカッコいいと思うものしかやりたくないっていうこだわりがあったりするけど、本当にバンドがやりたかったんだろうなって思う。前回のツアー通しても思ってたんだけど、ある意味、俺が10代の頃に観たMerry Go Roundの破麗威(ハリイ)くんにどんどん戻ってきてるように見える。

──それはわかる気がします。

sakura:今、彼は充実してるんじゃないかな? 彼がどう思ってるのかは分からないけど、俺、aie、kazuを後ろに従えてることを良い意味でプレッシャーに感じて、彼自身のモチベーションも上がってると思う。

◆インタビュー(3)へ
◆インタビュー(1)へ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報