【音踊人 52】<xsprout. #1>レポート:若手バンドの渾身の演奏劇(藤井 廉)

twitterツイート





2017年8月15日(火)、HIP LAND MUSIC主催の新人発掘プロジェクトのライブイベント<xsprout. #1>が下北沢BASEMENT BARにて行われた。

▲かたこと

緊張感と期待感が渦巻く会場に現れたトップバッター、3ピースバンドのかたことのたくみ(Vo&Gt)は「湘南から来ました、かたことと言います、どうぞよろしくお願いします」とハツラツとした声で言うと、間髪入れずにクールなナンバー「さよなら十二星座」を披露。高校生とは思えないライブパフォーマンスに会場の温度が上がっていく頃、アッパーチューン「Wonder Trip」をコール&レスポンスと持ち前の伸びやかな歌声を交えながら演奏した。「この曲をやっていないライブは1、2回くらいしかない」という、かたことの十八番「5時20分の帰り道」を疾走感溢れる演奏で会場に爪痕を残し、ステージを去った。

▲The Lump of Sugar

2バンド目に登場した京都発3ピースバンド、The Lump of Sugarはユーモア溢れるステージングとディレイ・サウンドを駆使した「アオリズム」を会場内に響かせる。そして太田涼介(Vo&Gt)が「夏をテーマにしました」と、「Remenber Summer」をハイトーンなコーラスと共に清涼感いっぱいに歌い上げ、ラストには観客が一緒になって声を上げる「Nowplaying」を会場一体となってプレイした。

▲SUNNY CAR WASH

3バンド目は栃木・宇都宮、SUNNY CAR WASHが登場。優しくも、何処か攻撃的なサウンドで演奏する「それだけ」から怒涛の7曲を披露。感情のありったけを詰めて歌うYuya Iwasaki(Vo&Gt)は、「こんな人いっぱいいると、ビビるな(笑)」とは言いながらも、堂々としたパフォーマンスを観客に見せる。孤独感と寂しさが溢れる「ワンルーム」から、パワフルなナンバー「キルミー」を身体をアクティブに動かし、会場のテンションを上げきったまま退場した。

▲ユアネス

興奮冷めやらぬ会場に現れたユアネスは、雨の音と女性のナレーションが印象的な「雨の通り道」でグッと会場を自身の世界観に引きずり込んだ。3曲目の「cinema」では、会場内にリードギターの音色が響き、より幻想的なパフォーマンスを披露。それとは一転MCでは、黒川侑司(Vo&Gt)がLINE LIVEが実施されていることを前置きに、福岡でライブを楽しむ両親に向けてカメラに手を振ったり、ネット上で楽しむファンを「民」と呼んだりと、観客を和ませ、楽しませるトークをする。最後に鳴らした「bathroom」では、ボーカルと楽器隊の力強くも繊細な音に会場が揺れ動いた。

▲Saucy Dog

強く残った余韻の中でラストに出演したSaucy Dogは、コーラスとボーカルが力強く調和するナンバー「煙」からライブを再開した。そして、別れと自責の念をテーマにした曲「wake」、「1、2!!」のコールで爽やかに始まる「ナイトクロージング」を立て続けに弾くと、会場のテンションは最高潮に達した。最後に、石原慎也(Vo&Gt)が「家族へ、大事な人へ向けて、今日イチのバラードを歌います」と、Saucy Dogの看板曲「いつか」を叙情的に歌い上げ、このライブのラストナンバーを飾ると、会場からは鳴り止まぬ大喝采。<xsprout. #1>が閉幕した。

今回のイベントは、前売りがソールドアウトし、大盛況だった。HIP LAND MUSICの新人発掘イベントとして開催されるこのライブ。観客はえも言われぬ感動に包まれた。是非、若手バンドならではの力強さを味わってみてはいかがだろうか。関心を持った方はHIP LAND MUSICホームページの「xsprout.」ページを参照することをお勧めする。

また、イベント同日にライブイベント第二弾<xsprout. #2>の情報が解禁になった。日時は2017年10月4日、場所は東京・下北沢ERAで開催する。現在「xsprout.」ホームページでは3つのバンドの情報が公開されている。次回も盛況になることが予想されるので、チケットはお早めに確保してほしい。

写真◎Viola Kam (V'z Twinkle)

<xsprout. #2>

日時:10月4日(水) OPEN 18:00 / START 18:30
会場:下北沢 ERA
出演:Calmine / STEPHENSMITH / yeti let you notice ...and more
チケット:前売り 2,000円(+1drink) / 当日 2,300円(+1drink)

◆HIP LAND MUSIC 新人発掘プロジェクト「xsprout.」オフィシャルサイト

   ◆   ◆   ◆

■音踊人(Odoru-Beat)とは?

音踊人は、みなさんの「音楽体験」を募集しています。

ライブレポートやディスクレビュー、お気に入りアーティストの紹介や、お勧めライヴハウスの紹介など、音楽にまつわるモノならなんでも構いません。

あなたの「音楽体験」で新たな音踊人が増えるかもしれません。BARKSと一緒に音楽を盛り上げましょう。


   ◆   ◆   ◆
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報