【レポート】<イナズマロック フェス>、「雨の中、最後まで残ってくれてありがとうございました」

ツイート

【<イナズマロック フェス 2017>初日レポート】

9月16日(土)、<イナズマロック フェス 2017>初日は、朝から降りしきる雨の中でスタートした。雷神ステージにはT.M.RevolutionからEXILE THE SECONDまでジャンルにとらわれない様々なアーティストが出演。またセット転換の幕間に出演するパフォーマーもニューヨーク、カラテカ、フースーヤ、原口あきまさ、藤崎マーケットといった豪華な顔ぶれがオーディエンスを沸かせ続けた。




オープニングアクトとして登場したのは感覚ピエロだ。横山(Vo&G)は4年前の2013年に<イナズマ>へ観客として訪れたそうだ。「その時には遠いと思ったステージに今自分たちが立っている」と語り、“客席から、いつかはあのステージへ”というドリームを実現した彼らはオーディエンスから盛大な拍手を持って迎えられた。「拝啓、いつかの君へ」「疑問疑答」など4曲をプレイし、「来年はちゃんとしたアクトとして戻ってこようと思います!」と宣言してオープニングアクトの大役を全うした。



三日月大造滋賀県知事によるイベント開会宣言の後に登場したのは、2日間のトップを飾るT.M.Revolutionだ。「<イナズマ>はみんなにとっても俺にとっても、一番大切な場所」と語り、雨空を見上げて「いい天気だ。こんなに伝説にふさわしい天気はない。この2日間が、ここに集まっている全員で作る伝説になります」と誓った。セットリストは「AMAKAZE -天風-」をはじめ、「Goin’」「Pied Piper」など普段のイベントではあまり披露しないアルバム収録曲ばかりをチョイス。「ウルワシキセカイ」ではステージ上で腕立て伏せをしてみせるなど、悪天候をものともしないパフォーマンスと圧倒的なステージングを見せつける。ラストは雨に濡れた舞台上に仰向けになって全身で雨を受け止め、「2日間、存分に暴れてください」と叫んでステージを後にした。




続くKEYTALKのステージの前にはお笑いコンビ“ニューヨーク”のパフォーマンスが会場を温める。そして、9月10日に横浜アリーナワンマンを行ったばかりのKEYTALKの登場だ。T.M.Revolutionの「WHITE BREATH」をSEにメンバーが姿を現すといった予想外の演出にオーディエンスが笑顔に。「今日は雨ですけれども特別な日にしましょう」と、6月リリースの「黄昏シンフォニー」や、8月リリースの新曲「セツナユメミシ」など、シングル曲を中心とした6曲でステージを駆け抜けた。



カラテカのパフォーマンスが琵琶湖の畔に笑いを運ぶと、04 Limited Sazabysのステージへ。2014年にフリーエリアの風神ステージに出演した彼らは、その翌年メジャーデビューを果たした。<イナズマロック フェス 2016>では雷神ステージのオープ二ングアクトに抜擢され、ついに今回メインアクトとしての参加となるなど、彼らの成長は<イナズマロック>の歴史に刻み込まれている。また、2017年は初の武道館公演やアジアライブを行うなど、勢いに乗ったところで、このステージに帰ってきた。「3年前のステージ、あの時の気持ちを思い出します。去年から1年、いっぱい力を溜めてきたんで、それを残していきます」と宣言した彼らは、最新シングル「Squall」や2016年リリースのアルバム『eureka』収録曲「Warp」など計8曲を披露して、進化を証明した。




2017年に大躍進したフースーヤの漫才に続いての登場となるTHE ORAL CIGARETTESも、<イナズマロック>はフリーエリアの風神ステージからスタート、2016年に初めて雷神ステージに進出したバンドだ。雨脚は次第に強くなるが、「Shala La」「きづけよBaby」とビートの効いたナンバーがオーディエンスを踊らせる。MCでは「去年のイナズマは中止になって残念だったけど、西川さんのイベントにかける想いを知った。俺らバンドも、このイベントが明日、しっかり終わるまで力を貸したい」「自分たちに何ができるかわからない。でも、あなたたちと絶対的に通じ合ってることがある。<イナズマロック フェス>が大好きなことです」と盛り上げたほか、9月リリースのニューシングル「BLACK MEMORY」など全7曲をプレイしてステージを終了した。




原口あきまさが確かな芸で客席を盛り上げた後は、Fear, and Loathing in Las Vegasの出演だ。<イナズマロック フェス 2015>以来、2度目の出演となる彼らは「帰ってきたよぉぉぉぉ!」と叫び、「Rave-Up Tonight」でステージの幕を開けた。大地を揺るがす轟音と爆音、インパクトの強いパフォーマンスが<イナズマロック>のオーディエンスにも強烈な刺激をもたらす。ハードながらキャッチーなサウンドにのせてオーディエンスがメンバーの振り付けに合わせる場面も。ライブは10月のニューアルバム発売に先駆けてミュージックビデオが公開されている新曲「Return to Zero」が披露されるなど全6曲をパワフルに演奏。「今日と明日、無事に終わるように!」と終始会場を盛り上げた。




藤崎マーケットに続いては<イナズマロック>の常連でもある滋賀県出身のUVERworldのステージへ。前日の<イナズマロック フェス 2016 リターンズ>を含め2日連続の登場となる。「俺たちにとって大切な日。雨なんかに奪わせない」とTAKUYA∞が語ったように、<イナズマロック>彼らにとってもは思い入れのあるイベントだ。「滋賀に来るたくさんのアーティストを見てきた。いつかあんな風になりたい、と。僕たちも昔はあなたたち(オーディエンス)と同じ場所にいた」と強いメッセージを発信した彼らは「ナノ・セカンド」「WE ARE GO」「ALL ALONE」「Q.E.D」など全9曲をプレイ。聴く者を歌詞とサウンドの世界へ引き込む熱いステージがオーディエンスの魂を震わせた。




お笑いコンビ“アキナ”の漫才の後、初日のトリとして登場したのはEXILE THE SECONDだ。大勢のダンサーを引き連れて豪華なステージを見せた彼らは、意外にも「ロックフェスに参加するのは初めて」。「<イナズマロック フェス>、みなさん楽しんでますか? 最後までひとつになって最高の思い出作りましょう」と会場を盛り上げる。「SUPER FLY」「YEAH!! YEAH!! YEAH!!」など、キレのあるダンスパフォーマンスで魅了する一方、「Body」でしっとりと聴かせ、「Going Crazy」ではタオルを振り回しで盛り上げるなど、エンターテイメント性溢れるステージを展開して終了。しかし、オーディエンスのアンコールが鳴り止まない。

アンコールでは、西川貴教と一緒に「Choo Choo TRAIN」へ。西川貴教を先頭に縦一列に並んでお馴染みの「Choo Choo TRAINダンス」を披露すると、客席からはひときわ大きな歓声が上がる。EXILE THE SECONDメンバーのセンターに入って歌った西川貴教は、最後には胴上げされ、驚きながらも嬉しそうな表情を浮かべた。そして集まった観客に向け、「本当に雨の中、最後まで残ってくれてありがとうございました」と挨拶して、<イナズマロック フェス 2017>初日が終了した。


2日目の公演中止発表は、初日ステージが終わった後、夜9時に<イナズマロック フェス>のオフィシャルサイトにて告げられた。

   ◆   ◆   ◆

「9月17日に開催を予定しておりました<イナズマロック フェス 2017(2日目)>は、台風18号の影響により、大変残念ではございますが、お客様の安全を最優先に考え、中止とさせていただくことになりました。
コンサートチケット/シャトルバスの払い戻し方法については、オフィシャルサイトにて、9月20日(水)AM10:00以降にご案内させていただく予定です。払い戻しにはチケットが必要ですので大切に保管してください」

イナズマロック フェス 2017 実行委員会

   ◆   ◆   ◆

<イナズマロック フェス>は2018年に10周年を迎える。T.M.Revolutionとしての活動は2017年に21年目へ突入。また、新たなヴォーカルプロジェクト「西川貴教」としての活動も発表になったばかりだ。同プロジェクトは、西川貴教名義初の楽曲となるTakanori Nishikawa feat. Shuta Sueyoshi (AAA)「BIRI x BIRI」(2017年9月22日全国公開映画『スクランブル』イメージソング)を、ゲストヴォーカリストにshuta sueyoshi (AAA)を迎えて、9月19日に配信リリースする。今後のT.M.Revolution、そして西川貴教としての活動にも期待が寄せられている。

◆<イナズマロック フェス>画像ページへ
◆<イナズマロック フェス2016 リターンズ>レポートへ戻る


■フジテレビNEXT『イナズマロック フェス2017』

フジテレビNEXT『イナズマロック フェス2017【DAY1】』
11月4日(土) 22:00〜25:00
▼出演
EXILE THE SECOND
UVERworld
Fear, and Loathing in Las Vegas
THE ORAL CIGARETTES
04 Limited Sazabys
KEYTALK
T.M.Revolution
感覚ピエロ (OPENING ACT)

フジテレビNEXT『イナズマロック フェス2017【DAY2】』
11月5日(日) 22:00〜25:00
▼出演
T.M.Revolution
ももいろクローバーZ
HY
NICO touches the Walls
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
和楽器バンド
Lenny code fiction (OPENING ACT)

■フジテレビNEXT『イナズマロック フェス2016 リターンズ』

11月3日(金・祝)22:00~ 終了時間未定
※初回放送はノースクランブルでの放送となります。
▼出演
MAN WITH A MISSION
UVERworld
T.M.Revolution


■西川貴教リリース情報

Takanori Nishikawa feat. Shuta Sueyoshi (AAA)
Digital Single「BIRI x BIRI」
2017年9月19日(火)配信リリース
※試聴: http://www.sonymusic.co.jp/artist/takanorinishikawa/discography/ESXX01712B01A

▼映画『スクランブル』
2017年9月22日(金)TOHOシネマズ みゆき座ほか全国ロードショー
監督:アントニオ・ネグレ 製作:ピエール・モレル(『96時間』)
脚本:マイケル・ブラント/デレク・ハース(『ワイルド・スピード×2』)
出演:スコット・イーストウッド『ワイルド・スピード アイスブレイク』、フレデリック・ソープ、アナ・デ・アルマス『ブレードランナー2049』
イメージソング:Takanori Nishikawa feat. Shuta Sueyoshi (AAA)「BIRI x BIRI」
配給:ギャガ 共同提供:カルチュア・パブリッシャーズ
公式サイト: http://gaga.ne.jp/scramble
(C)2016 OVERDRIVE PRODUCTIONS -KINOLOGY- TF1 FILMS PRODUCTION -NEXUS FACTORY

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス