【ライヴレポート】ユナイト、全国ツアー終幕「僕らと一緒に歩んでくれてありがとう」

ツイート

8月9日から始まったユナイトの全国ツアー<君はまだユナイトを知らない>(通称:はまだツアー)が、9月30日に東京・新宿BLAZEで最終日を迎えた。オフィシャルのライヴレポートで当日の模様をお届けする。

◆<君はまだユナイトを知らない>ライヴ画像

今回のツアーは“本当のユナイト、知っていますか?”というテーマの下に各地を廻ってきたわけだが、1本ずつセットリストを変えたこともあって、どれも違うユナイトの表情を見ることができたはずだ。そして裏ファイナルと題した新宿BLAZE公演は、“ベスト オブ はまだツアー”と事前に謳っていただけに、誰もが満足する内容となっていた。

まずオープニングに用意されたのは、最新音源「Rely.」。「思い切り、声聞かせてくれよ!」という結の合図とともに、U’s(ユナイトファンの呼称)は拳を高くあげて盛り上がっていく。転調を含みながらもサビで明るく突き抜けるあたり、ユナイトの真骨頂ともいえる。また自分たちの意志を強く宣言するかのような内容の曲だけに、全編を通じてたくましさが伝わってきた。「timeSICKness」では結とLiNがマイクで掛け合いを見せるなど、ユナイトならではの遊び心が詰まっていて聴き応え抜群。「ユキノシタ」では冒頭から同期トラブルに見舞われるも、メンバーが機転を利かせて対応したことにより、よりライヴっぽさが出ていた。ライヴ前半はとにかくU’sたちが楽しめるよう、自由に盛り上がれる曲が中心に置かれていたように思う。



そのあとは“君に届きますように”という言葉から、「「ヨル」と「ヒカリ」」と「青と白のコトバ」を演奏。どちらもミドルテンポの曲だけに、フロアは真剣に歌に聴き入っていく。また、結の独唱で魅せた「epilogue」では改めてユナイトの楽曲の良さを知ることになる。伝えたい想いが凝縮されているからこそ、聴く者の心をこれだけ打つのだろう。

じっくりと歌い終えると、すぐさま楽器陣がステージへと戻ってくる。ここでは今回のツアーを振り返りみんなで会話を繰り広げていったのだが、とにかくユナイトはメンバー同士の仲が良いということがわかる場面が多かった。そのうえで椎名未緒は「家族の身長が伸びたのがわからないように、メンバーの成長って意外とわからないもの」と言った。たしかにツアーを含め、これだけ長い時間一緒にいると自分たちでは成長したことを気付きにくいのかもしれない。それでも昔の曲をやると「結さんは歌がうまくなったなぁ」と実感するようで、そうした些細なことの積み重ねでユナイトは大きくなってきたに違いない。



MCのあとには会場限定音源の「ディシバダルツ」と「ナユタの秘密」を。両方ともこれまでにない曲調だけに、今後のライヴで欠かせない楽曲となりそうだ。同じく会場限定音源となった「ノゾキアナ?」は、莎奈による意欲作。セクションごとに展開がわかれているだけに楽器陣の演奏面に注目が集まる中、ハクはリズミカルに低音を響かせる。LiNも曲の途中にギターを背中で回すパフォーマンスを行うなど、いつになくロック色強めに見せてくれた。




「まだまだ狂っていけるかな? 今日の君たちは最高だよ。でも裏ファイナルだからさぁ、もっと悪い姿が見たいんだ。まだまだいけるかな!それじゃあ、新宿の皆様、“イタダキマス”」というくだりから始まった「ice」では、テンションの高まるフロアを見て結が「やっぱこれだねぇ!」と満面の笑みを浮かべる。“ベスト オブ はまだツアー”というだけに、どの曲も最高の盛り上がりでライヴは進んでいった。

「今日は裏ファイナル、新宿BLAZEに集まってくれてありがとうございました。伝えるのがあんまり上手じゃないからうまく言えるかわからないけど、僕の言葉で一生懸命伝えるので良かったら聞いて下さい。今日のライヴ・タイトルが「Q:ユナイトとは?」っていうタイトルで、僕なりにね、昨日、ユナイトって自分にとって何だろうなって色々なパターンを考えたんだけど、今の時点で僕にとってユナイトは何なのか、もしユナイトがなくなってしまったとして、ユナイトは僕にとって何だったのか…、まだ僕らユナイトは未来に向かって突き進むから、ユナイトが何かって聞かれたらそれを完全に答えることはできないけど、どのパターンを選んでも僕にとってユナイトは“生きてきた証”だなって昨日思いました。生きてきた証っていうと重たい言葉かもしれないけど、君たちもそれぞれに自分が主役の人生があって、その人生の中の生きてきた証の1つとしてユナイトが刻まれたら良いなと思って、これからも僕らは歌っていこうと思います。全国14箇所廻って、各地でU’sの愛を感じて、僕なりに考えて今日最後にやる曲はこの曲が良いんじゃないかってすぐに決まりました。全国を廻って、僕がこうしてステージと客席でみんなとコミュニケーションを取って感じたことは、各地で待っていてくれるU’sの愛でした。たくさんバンドがいる中でユナイトを選んでくれて、今も僕らと一緒に歩んでくれてありがとう。その感謝の気持ちを次の1曲に込めます。僕たちの愛を受け取って下さい」



本編ラストに演奏されたのは「アイ-‘ation-」。メンバーの真っ直ぐな気持ちは曲を通してU’sに届いたはずだ。それだけに、“終わらないバンド”という難しい命題を抱えて始まったユナイトの旅はこれで終わることはない。ライヴの中盤で結が「終わりは始まり」と言ったように、ここからまた、彼らの挑戦は続いていく。

新しい挑戦の1つとして、ユナイトはこの冬“黒ユナイト”として初の音源をリリースすることが、はまだツアーの裏ファイナル公演で発表された。あわせて、黒ユナイト主催イベント「トモダチコレクティブ~漆黒~」が行われることも決定。さらには、大晦日にカウントダウン・ワンマン・ライヴも決まっているので、U’sの皆様はどれもお見逃しのないように!

文◎水谷エリ
写真◎MASANORI FUJIKAWA

ユナイト最新情報

黒ユナイト主催イベント<トモダチコレクティブ~漆黒~>
11/24(金) 渋谷REX ※椎名未緒バースデー
出演:黒ユナイト / HERO / the Raid.
11/26(日) 高崎club FLEEZ
出演:黒ユナイト / LEZARD / CLØWD
12/1(金) 郡山CLUB #9
出演:黒ユナイト / ぞんび / CLØWD
12/8(金) 江坂MUSE
出演:黒ユナイト / DaizyStripper / LEZARD
12/11(月) 名古屋ell.FITS ALL
出演:黒ユナイト / DaizyStripper / DOG inTheパラレルワールドオーケストラ
12/15(金) 新宿LOFT
出演:黒ユナイト / DaizyStripper / DOG inTheパラレルワールドオーケストラ

チケット料金:前売¥4,800 当日¥5,300(税込・オールスタンディング・ドリンク代別)
未就学児童入場不可
チケット一般発売:10/28(土)
出演バンド抽選先行 http://ticket.deli-a.jp/
受付期間:9/30(土) 21:00~10/4(水)16:00
抽選結果確認・お支払期間:10/6(金)12:00~10/12(木)23:59
枚数制限:各公演お1人様4枚まで
抽選受付となります。受付期間内にお申込み下さい。
初めてBARKS×TICKET DELIを利用される場合は新規会員登録(無料)が必要です。
ご利用ガイドをご確認の上、お申込みください。

<年越しぇ。>2017-2018 12/31(日) 詳細後日発表

■リリース情報黒ユナイト「タイトル未定」 今冬リリース■インストアイベント情報・11/23(木・祝) little HEARTS. 新宿店・11/25(土) ZEALLINK渋谷店・12/2(土) little HEARTS. 仙台店・12/7(木) ライカエジソン 大阪店・12/9(土) ZEALLINK大阪店・12/10(日) little HEARTS. 名古屋店・12/12(火) ライカエジソン 名古屋店・12/16(土) ライカエジソン 東京店・12/17(日) little HEARTS. 新宿店詳細は後日発表!※商品の詳細が決定する迄イベント開催店舗へのお問い合わせはご遠慮下さい。【CD取り扱い店】・ライカエジソン 東京店 / 大阪店 /名古屋店・little HEARTS. 新宿店 / 仙台店 / 名古屋店・ZEALLINK渋谷店 / 大阪店

◆ユナイト オフィシャルサイト
◆mobile FC[elite U's]
◆BARKS × TICKET DELI
◆BARKS ヴィジュアル系 V-ROCK
この記事をツイート

この記事の関連情報