【ライブレポート】フルカワユタカ、SHELTER 3days最終日「ロックスターでいるから」

ツイート

フルカワユタカ初となる3days公演が、11月28日(火)から30日(木)まで、東京・下北沢SHELTERにて開催された。各日、テーマとサポートメンバーを変えて行われた3日間は全公演SOLD OUT。もちろんそれぞれのステージも大盛況で、毎日がクライマックスのまま終幕した。

◆フルカワユタカ 画像

<フルカワユタカ SHELTER 3days>のテーマは、初日から「バック・トゥ・ザ・インディーズ」、2日目は「フルカワユタカはこう弾き語った」、最終日は「無限大ダンスタイム’17」。“ビート感の強く速いパンクチューン”目白押しの初日、“しっとり&激しいアコースティックライブ”の2日目、思わず身体が反応する“四つ打ちダンスロック”の最終日、といった日替わりメニューがフルカワならではの振り幅の広い音楽性を示す。その3日間の熱狂をお伝えする同レポートは、先ごろ公開した初日および二日目に続いて、最終日11月30日の<フルカワユタカ SHELTER 3days「無限大ダンスタイム’17」>へ。

   ◆   ◆   ◆


最終日は、フルカワの代名詞でもあるダンスロックを軸にしたセットリストが約束された「無限大ダンスタイム’17」。フロアは開演前からオーディエンスの期待と熱気に包まれていた。会場の緊張を切り裂くように流れ出すSE、そして動き出す照明に促されるごとく手拍子が起こるなか、サポートメンバーに少し遅れてフルカワが登場した。

押し込めていた欲望が溢れ出すようにオーディエンスから沸き上がる歓声。怒声にも似た“それ”が鳴り止まぬまま始まった「Beast」、そこから「lost & found」「サバク」とパンキッシュなビートを打ち込み続け、あっという間にフルカワBANDによるサウンドがライブハウスを制圧した。




「ゆっくり上げていきましょう」というフルカワの言葉通り、2ndセクションは打って変わって聴かせるモードへ。「眠りたくない夜は」「ボクは少しズルくなる」というロックバラード2曲で、上がりすぎた会場の温度を調整していく。

3rdセクションは最近のライブ定番曲となりつつある「next to you」「and I’m a rock star」「lime light」という2ndアルバムからの選曲。聴かせる選曲が続く“じらし”に、『無限大ダンスタイム』のタイトルのもとに集結したメイニア(※Doping Pandaファンの愛称)は心地よいフラストレーションを感じ始めてきた頃だろう。そこで、フルカワユタカがこう語った。

 「踊りたくないって言ってるけど、本当は踊りたいんだ。もっと行くぜ!」とこの日三度目のMCに続け、キラーチューン「I don’t wanna dance (踊りたくない)」で再びフロアを着火。間髪入れずに始まった新井弘樹とのハイテクギターバトルが圧倒的なインストナンバー「fusion」を経て、ついにその時=『無限大ダンスタイム』が訪れた。



1曲目の「YAYA」から、押さえ込まれていた欲望がフロアに溢れ出す。点いた種火を燃え上がらせるべく激しく煽るフルカワ。「The Fire」「C.O.M.T」「Hi Fi」「beautiful survivor」「Transient Happiness」「beat addiction」などなど、あの頃あの場所で輝いていた最強のダンスロックはとにかく全てが無敵だ。そして「MIRACLE」。絞り出すフルカワの「まだまだ行けんだろう」という煽りと千切れてしまいそうな歌声にメイニアは最後まで共振する。会場にいた誰もが思ったはずだ、これこそがロックスターなのだと。

アンコールではゲストにUCARY & THE VALENTINEを呼び込み、男女共声の「days goes by」をライブ初披露。彼女を送り出し、MCでは<5×20>にACIDMANの出演が決まったことが初めて明かされる。そしてオーディエンスに短い感謝を伝えた後、さよならと決意の歌「farewell」へ。温かい感動と共に会場が大団円を迎えようとしたその時、消える前に光量を増す灯火がごとく、パンキッシュなギターが再びかき鳴らされた。



フルカワが3days全ての締めくくりに選んだ曲は、初日の1曲目、そしてソロ処女作でもある「too young to die」だった。

「ずっとお前らのロックスターでいるから。楽しい景色見せてやるから。また遊ぼうぜ!」──フルカワユタカ

同曲のサビ前に発した3days最後の煽りはとても力強く真っすぐで、そして何より自信に溢れていた。加えて、2018年1月28日の<5×20>が「キャリア20年の出口であり、次の人生の入り口になるんだ」と語ったフルカワ。その前に自分の集大成を表現する必要があり、そこには3日間という時間が、また必要だったのだろう。



キャリアを網羅するような今回の3daysで彼の音楽的振り幅の大きさ、そして音楽愛を再確認出来た。何より、フルカワユタカには希望がある。私たちにはそれを見続けるという喜びがある。前向きなネガティブロックスターの旅は、やっと今、始まったのかもしれない。

取材・文◎寺島智子
撮影◎Nozomi Nakajo/小野瀬 隆佑

■<「フルカワユタカ SHELTER 3days「無限大ダンスタイム’17」>2017年11月30日(木)@東京・下北沢SHELTER

01.Beast
02.lost and found
03.サバク
04.眠りたくない夜は
05.ボクは少しズルくなる
06.next to you
07.and I’m a rock star
08.lime light
09.I don’t wanna dance
10.fusion
11.YA YA
12.The Fire
13.C.O.M.T
14.beautiful survivor
15.Hi Fi
16.Transient Happiness
17.beat addiction
18.MIRACLE
encore
19.days goes by
20.farewell
21.too young to die
▼Support Member
Guitar: 新井弘毅
Bass: 宇野剛史 (QUADRANGLE,GOLIATH)
Drum: 鈴木浩之 (U&DESIGN, QUADRANGLE,GOLIATH)

■<フルカワユタカ presents「5×20」>

2018年1月28日(日) 新木場STUDIO COAST
開場13:15 開演14:00
▼出演 フルカワユタカ and many bands & musicians
ACIDMAN / ART-SCHOOL / Keishi Tanaka / the band apart / FRONTIER BACKYARD / Base Ball Bear / ホリエアツシ (ストレイテナー, net) / 夜の本気ダンス / LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS (※50音順・敬称略)
▼チケット
スタンディング 4,800円(税込)
※「スタンディング」「整理番号付」「ドリンク代別途徴収」
※3歳以上要チケット
一般発売:2017年11月25日(土)
(問)DISK GARAGE 050-5533-0888 (weekday12:00~19:00) http://www.diskgarage.com/
【プレイガイド】
・e+ http://eplus.jp/furukawayutaka18/
・ローソンチケット http://l-tike.com/ 0570-084-003 Lコード:72823
・チケットぴあ http://pia.jp/t/ 0570-02-9999 Pコード:346-255



■アルバム『Yesterday Today Tomorrow』

2018年1月10日(水)発売
NIW137 3,000円(+税)
01. revelation
02. シューティングゲーム
03. busted
04. 僕はこう語った
05. days goes by
06. デイジー
07. DAMN DAMN
08. nothin' without you
09. バスストップ
10. no boy no cry
プロデュース:TGMX(FRONTIER BACKYARD)
▼ゲストヴォーカル
M1:LOW IQ 01
M5:UCARY & THE VALENTINE
M8:米田貴紀(夜の本気ダンス)
M9:荒井岳史(the band apart)
▼作詞
M7:須藤寿 (髭)
【アルバム特典】
▼オフィシャルサイト特典
フルカワユタカ 描き下ろし年賀ポストカード(新年コメント&サイン付) / ギターピック
▼タワーレコード特典
2017/02/10 渋谷WWW X ライブ映像 2曲入り DVDR(収録曲: transient happiness / beat addiction)
▼disk union特典
2017/02/10 渋谷WWW X ライブ映像 2曲入り DVDR(収録曲: サバク / I don't wanna dance)

■全国ツアー<フルカワユタカ presents 『yesterday today tomorrow TOUR』>

2018年1月13日(土) 愛知県 伏見JAMMIN'
2018年1月14日(日) 大阪府 Shangri-La
2018年2月11日(日・祝) 静岡県 Shizuoka UMBER
2018年3月17日(土) 岡山県 岡山ペパーランド
2018年3月18日(日) 福岡県 INSA
2018年3月21日(水・祝) 宮城県 enn 3rd

■<yesterday today tomorrow TOUR extra>

2018年2月12日(祝) 鹿児島県 Live HEAVEN
2018年2月18日(日) 福島県 Player’s Cafe
2018年2月25日(日) 北海道 musica hall cafe
2018年3月10日(土) 京都府 SOLE CAFE
2018年3月11日(日) 石川県 もっきりや
w/荒井岳史 (the band apart)
▼チケット
3,300円 (+1ドリンク代別)
全自由/整理番号付
一般発売:1月13日(土)予定
【オフィシャルサイト最速先行受付】
受付URL: http://eplus.jp/yttex-hp/
受付期間: 12月13日(水)12:00 ~ 26日(火)23:59


◆SHELTER 3days初日レポートへ
◆SHELTER 3days二日目レポートへ
この記事をツイート

この記事の関連情報