リアム・ギャラガー、ノエルのブリット候補なしにコメント

twitterツイート


リアム・ギャラガーが、来月英国で開催される<Brit Awards 2018>で最優秀男性ソロ・アーティストの候補に挙がったことに対しつぶやき、ノミネートされなかった兄ノエルを皮肉った。

◆リアム・ギャラガー ツイート

リアムはまず、「俺がブリティッシュ男性ソロ・アーティストにノミネートされたって聞いたぜ。“YOU GOTTA BE IN IT TO WIN IT(勝つにはそこに入らねば)”だ」とつぶやき、その数時間後、「で、あのキモイ奴はBritsに姿を見せないのか。なんだ、部屋の端からあいつやその取り巻きを罵倒するのを楽しみにしてたのに」と皮肉り、「別に自慢してるわけじゃない。俺が受賞するとは思ってないからな。ただ、リアム・ギャラガーが何考えようが気にしてる奴なんていないって言った間抜けを指摘したまでだ」と続けた。




ブリティッシュ男性ソロ・アーティストの部門では、リアム、エド・シーラン、Loyle Carner、ラグンボーン・マン、ストームジーの5人が候補に挙がった。

<Brit Awards 2018>は2月21日にロンドンで開かれる。ノエルは、新作のリリースが11月だったため、来年、候補に挙がるのではと考えられている。

Ako Suzuki

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報