デヴィッド・ボウイ、何十年も前に霊能者から寿命を知らされていた?

ツイート

デヴィッド・ボウイの長年のキーボード・プレイヤー、マイク・ガーソンによると、ボウイは70年代終わり、占い師/霊能者の1人から死ぬ時期を予言されており、それに基づき将来の計画を立てていたそうだ。

◆デヴィッド・ボウイ画像

ガーソンは『Billboard』誌にこう話したという。「(1人の霊能者が)彼にいつ死ぬかって告げてた。その通りだった。まともじゃなく、でたらめばかり言ってる霊能者はいっぱいいるけど、この人は本物だった。デヴィッドはそれを知り、少しも疑っていなかった。彼は確信を持って、僕にそのことを伝えた。受け入れていたし、それに基づき将来の計画を立てていた」

ガーソンは5月、2015年に出版した自伝『Bowie's Piano Man: The Life of Mike Garson』の改訂版を出す。この霊能者のことなど、以前は話せなかった事柄を書き加えているという。2015年秋、ボウイと交した最後の会話についても触れているそうだ。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報