【イベントレポート】ラストアイドル、平日20時に新宿が大熱狂@ユニカビジョン

twitterツイート

4月16日(月)、新宿のユニカビジョンでラストアイドルのプレミアム上映会が開催され、集まった数多くのファンが新曲のビデオに熱狂した。この上映会は、ラストアイドルの2ndシングル『君のAchoo!』が4月18日に発売されるのを記念して行われたもので、このシングルに収録される全5ユニットのミュージックビデオがここで初解禁となり、5曲すべてがフルバージョンで上映された。上映後にはラストアイドルファミリーからシュークリームロケッツの3人がサプライズで会場に登場し、大歓声に包まれた。

ラストアイドルについてはご存知の方も多いと思うが、テレビ朝日系列で放映されているアイドルオーディション番組から生まれたアイドルだ。暫定メンバーと挑戦者による数々のバトルを経て昨年12月に7人の正式メンバーが決定し、晴れて“ラストアイドル”としてシングル「バンドワゴン」でデビューした。バトルに敗れたメンバーで結成された4つのセカンドユニットも誕生。今年1月からはセカンドユニットを含めた全5ユニットがバトルを繰り広げた。これを勝ち上がったシュークリームロケッツが2ndシングルの表題曲を歌うことになった。そして現在は、2期生によるサードシーズンが進行中だ。


4月18日発売の2ndシングル「君のAchoo!」は、3月31日に終了したセカンドシーズンの結果を受けて内容が決定されたもの。これに収録されるのは、シュークリームロケッツによるタイトル曲のほか、Someday Somewhereの「この恋はトランジット」、LaLuceの「風よ吹け!」、Love Cocchiの「青春シンフォニー」、Good Tearsの「スリル」の全5曲。そしてこの5曲のビデオを発売前にフルバージョンで見られるというのがこのプレミアム上映会だ。それだけに、会場の西武新宿駅前ぺぺ広場には早くから多くの人が集まった。広場内に設けられた2か所の視聴エリアのうち、1か所は上映開始の30分ほど前にほぼ満員となり、上映直前にはもう1か所も満員。しかしその後も人は増え続けていて、ラストアイドルの人気の高さをうかがわせた。


上映開始時刻の20時になると、ビジョンには広場の様子が映し出された。視聴エリアにズームすると、笑顔で手を振る人、飛ぶ跳ねる人など、観客のテンションはすでに高い。そしてSomeday Somewhereの「この恋はトランジット」が始まると一気にヒートアップ。明るくポップな曲に乗り、6人のメンバーがアイドルらしい可愛らしい表情やポーズを決める映像に、視聴エリア前列を中心に合いの手、掛け声が上がり、色とりどりのライトが振られる。まるでアイドルのライブ会場そのものといった雰囲気だ。暗い屋外の映像から始まったLaLuceの「風よ吹け!」では、メンバーがアップで映し出される映像が多く、そのたびに歓声が上がる。


視聴エリア内を見ると、スマホでビジョンの写真や動画を撮っている人も多かったが、スマホにヘッドフォンをつないで見ている人も少なくなかった。これは、会場内でスマホアプリ経由での高音質サウンドの配信が行われていたからだ。無料アプリの「Another Track」を起動して上映中のビジョンにかざすと、見ている映像にぴったりシンクロした高音質のサウンドを聴けるというもので、ユニカビジョンの上映会では恒例の企画だ。会場に流れるスピーカーからのサウンドでも十分に楽しめるが、ヘッドフォンならより高音質だから、ユニカビジョン上映会で音をよく聴きたい人は、お気に入りのヘッドフォンを持っていくことをおすすめする。


恒例といえばもう一つ、スマホアプリの「VISION α」を使ったプレゼント企画も実施された。上映中にアプリを起動し、ユニカビジョンにスマホをかざして応募できるもので、今回は「ラストアイドル サイン入りポスター」が10名、「Amazonギフト券」が50名にプレゼントされたそうだ。


上映会は中盤にさしかかって3曲目、Love Cocchiの「青春シンフォニー」は少しゆったりした曲調だ。まぶしいほど明るい画面の中で、淡い色調の衣装をまとった5人のメンバーはあどけなさの残る表情も見せる。また、Good Tearsの「スリル」はタイトルのとおりイントロからスリリングなサウンドで攻撃的な曲調。5人のメンバーも黒を基調としたぐっと大人っぽい衣装で、動きも表情もセクシーだ。この頃になると客席の興奮度もマックスで、多くの人の身体がリズムに合わせて大きく動いていたし、もうたまらん、といった感じで身をよじりながら“かわいいよ、かわいいっ!”と画面に向かって絶叫する男子もいた。


最後は2ndシングル表題曲の「君のAchoo!」が、青く輝く水面の映像からスタート。メンバーが水に落ちるシーンでは視聴エリアから“うわーっ!”と悲鳴のような声が上がったし、イントロから多くの人がリズムに合わせて大ジャンプ。最後までライブ会場のような高いテンションを保ったまま、全5曲の上映が終了した。

これで上映会は終了だが、ビジョンにはシュークリームロケッツの3人が登場。“これから皆さんのところへ行きまーす!”と宣言し、カウントダウンを始めたものだから、視聴エリアは騒然となった。そして背後のテラスに登場した松本ももな、小澤愛実、長月翠の3人が“ありがとう”と言いながら手を振ると、さらに大きな歓声が上がった。シングル発売日の4月18日(水)にZepp DiverCityでコンサートを行う彼女たちは、現在そのリハーサル真っ最中で、この日もダンスレッスンを終えて駆けつけたのだという。そんな3人は、上映会の感想や今後の意気込みなどをファンの前で語った。



表題曲を勝ち取ったことについて、小澤愛実は“あれから色々なイベントに出させてもらって、今日もこうして皆さんの前に来ることができてホントに幸せです”、長月翠は“正直、表題曲は私たちでいいのかな、と迷いもあったけど、今ここでビデオを見ていいなと思いました。素敵なものを作っていただいたので、自信を持って歌っていこうと思います”、松本ももなは“プレッシャーもあるけど、これからもっとレベルアップしていきたいと思います”とそれぞれ感想を述べた。また、この上映会については“ビデオを公開していただけるだけでうれしいのに、こんなに大きな画面で見ていただけるのは幸せだし、自分がこんなに大きく映ってるのも初めてで、ホントにうれしいです”(小澤)、“ライブの帰りなどに、この画面大きいな、とか、ここで曲が流れてるのってすごいな、と思っていたので、今日はここで自分が映っていてとてもうれしく思いました”(長月)、“私もこのスクリーンにまさか自分が映るとは思っていなかったのでとてもうれしいです”(松本)と本当にうれしそうだった。最後に小澤愛実が“表題曲というチャンスをいただいたので、これから一つ一つのチャンスを大事にして3人で成長していきたい。もっとたくさんの人に知っていただけるように頑張ります”と意気込みを述べて締めくくり、この日のイベントがすべて終了した。

終了後、集まっていたファンに話をきいてみたところ、発売前の新曲を大画面で見られてうれしかった、盛り上がっていて楽しかった、という意見も多かったし、ヘッドフォンを持ってきたのでいい音で楽しめた、という人もいた。そしてやはりほとんどの人が口をそろえたのが、最後の“本人登場”がとにかく驚いたし、うれしかったということだった。



また、開口一番“面白かったー!”、“楽しかった!”、“可愛かったーっ!”と満面の笑みでコメントしてくれたのが、視聴エリアで楽しそうに見ていた若い男女3人組。“ももな推し”みんちゃん、“りーおん推し”れいぴょん、“やこ愛”なるせる、の3人は、自称アイドルオタク仲間なのだそうで、とくにみんちゃんは、松本ももなが別の活動をしていたときからのファンだというから筋金入りだ。またほかの二人はラストアイドルの番組で、れいぴょんはSomeday Somewhereの清原梨央、なるせるはLaLuce古賀哉子の大ファンになったのだそうだ。ラストアイドルは男性のなるせるにとっては“恋愛対象とは別だけど、可愛くて応援したくなる”存在だというが、女性から見ても“すごく可愛いし癒される、元気になれる存在”(みんちゃん)とのこと。この日のイベントについては、“ビデオが初解禁なのでどうしても来たかった”、“みんなでワイワイ楽しめるのがいい”、“次の機会もまた絶対来ます!”などとコメントしてくれた。スマホアプリでの高音質サウンド配信については、“アプリの準備もしていたけど、もう夢中で見ていたからヘッドフォンは使わなかった”という。また、本人のサプライズ登場については、“なにかあるんじゃないかって予感はしていたけど、実際に本人が出てきたらやっぱりびっくりするし、すごくうれしかった”(みんちゃん)、“サプライズ最高!”(なるせる)。彼らは本当にラストアイドルが大好きなようで、話を訊いている最中にも、テラスで写真撮影をしているシュークリームロケッツを見つけて駆け寄っては名前を叫んだりするほど。この上映会のイベントを心から楽しんでいた様子なのが印象的だった。

なおユニカビジョンでは今後も様々なアーティストの上映会が行われる予定だ。上映内容やアプリ連動企画の有無など、イベントの詳細はユニカビジョンのWebサイトで確認してほしい。

取材・文●田澤仁

<スペシャル上映会 上映曲目>

1.Someday Somewhere「この恋はトランジット」
2.LaLuce「風よ吹け!」
3.Love Cocchi「青春シンフォニー」
4.Good Tears「スリル」
5.ラストアイドル「君のAchoo!」

リリース情報

「君のAchoo!」
[初回限定盤 4形態セット][Type A、B、C、D]
[UNIVERSAL MUSIC STORE限定特典:三方背BOX + 各ユニット別アザージャケット4種セット]
発売日 2018.04.18
価 格 \7,200 (税込)
D2CE-2258
付属 DVD

[初回限定盤 Type A]
付属 DVD
価 格 \1,800 (税込)
TYCT-39072
(CD)
1.君のAchoo!
2.明日の空を見上げるために / ラストアイドルファミリー
3.この恋はトランジット / Someday Somewhere
4.君のAchoo! (instrumental)
5.明日の空を見上げるために / ラストアイドルファミリー (instrumental)
6.この恋はトランジット / Someday Somewhere(instrumental)
(DVD)
1.『君のAchoo!』ミュージック・ビデオ
2.『この恋はトランジット / Someday Somewhere』ミュージック・ビデオ

[初回限定盤 Type B]
付属 DVD
価 格 \1,800 (税込)
TYCT-39073
(CD)
1.君のAchoo!
2.明日の空を見上げるために / ラストアイドルファミリー
3.風よ吹け! / LaLuce
4.君のAchoo! (instrumental)
5.明日の空を見上げるために / ラストアイドルファミリー (instrumental)
6.風よ吹け! / LaLuce(instrumental)
(DVD)
1.『君のAchoo!』ミュージック・ビデオ
2.『風よ吹け! / LaLuce』ミュージック・ビデオ

[初回限定盤 Type C]
付属 DVD
価 格 \1,800 (税込)
TYCT-39074
(CD)1.君のAchoo!
2.明日の空を見上げるために / ラストアイドルファミリー
3.青春シンフォニー / Love Cocchi
4.君のAchoo! (instrumental)
5.明日の空を見上げるために / ラストアイドルファミリー (instrumental)
6.青春シンフォニー / Love Cocchi(instrumental)
(DVD)
1.『君のAchoo!』ミュージック・ビデオ
2.『青春シンフォニー / Love Cocchi』ミュージック・ビデオ

[初回限定盤 Type D]
付属 DVD
価 格 \1,800 (税込)
TYCT-39075
(CD)1.君のAchoo!
2.明日の空を見上げるために / ラストアイドルファミリー
3.スリル / Good Tears
4.君のAchoo! (instrumental)
5.明日の空を見上げるために / ラストアイドルファミリー (instrumental)
6.スリル / Good Tears(instrumental)
(DVD)
1.『君のAchoo!』ミュージック・ビデオ
2.『スリル / Good Tears』ミュージック・ビデオ

(WEB盤)
価 格 \1,000 (税込)
PROV-5021
(CD)1.君のAchoo!
2.明日の空を見上げるために / ラストアイドルファミリー
3.君のAchoo! (instrumental)
4.明日の空を見上げるために / ラストアイドルファミリー (instrumental)
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報