【ライブレポート】DOLL$BOXX、「忘れられない昼にしましょう」

twitterツイート

DOLL$BOXXが4月15日、TOKYO DOME CITY HALLにて全国ツアー<Live Tour 2018「high $pec High Return」>の初日公演を開催した。全18曲約2時間におよんだステージの模様をレポートしたい。

◆DOLL$BOXX 画像

2012年、LIGHT BRINGERのFuki(Vo)とGacharic Spin楽器陣のコラボレートにより結成されたガールズ・ラウドロックバンドがDOLL$BOXXだ。豪華なメンバーやパワフルにしてテクニカルなサウンドとキャッチーなメロディーを融合させた音楽性、華やかなヴィジュアルなどが大きな話題を呼び、同年12月に1stアルバム『DOLLS APARTMENT』をリリース、数本のライブを開催するなど、その活動も精力的なものだった。しかしながら、その後の活動は一旦途絶えていた。“いいバンドなのに、限られたアクションだけで終了なのかな”と多くのリスナーが残念に思っていただろう中、2017年2月に渋谷TSUTYA O-EAST公演を開催、さらに同年11月8日にはミニアルバム『high $pec』のリリースして全国ツアーを行うなど、5年のブランクを経て完全復活を遂げている。

▲FUKI(Vo)

そんなDOLL$BOXXが<Live Tour 2018「high $pec High Return」>と銘打った東名阪ツアーの初日公演を4月15日にTOKYO DOME CITY HALLで行った。久しぶりのライブということに加え、この日は14時からDOLL$BOXXがライブを行い、19時から同会場でGacharic Spinとしてのライブが開催されるという濃厚なスケジュール。ファンにとって“スペシャル”と呼ぶにふさわしい1日になったこともあり、DOLL$BOXXの公演は賑やかな空気の中でスタートした。

場内が暗転して抒情的なオープニングSEが流れ、ステージ後方に降ろされたスクリーンにメンバー5人のシルエットが浮かび上がる。そのスクリーンが開いてメンバーが姿を現し、客席から大歓声が湧き起こると、ライブはハードな「Loud Twin Stars」で幕を開けた。オープニングから炸裂するように激しいステージングを展開しつつ、力強く疾走するサウンドを響かせるメンバー達の姿にオーディエンスのボルテージも一気に高まり、場内は瞬く間に熱気に包まれた。その後はドラマチックな味わいの「monopoly」と、そこはかとなく異国情緒が漂う「ロールプレイング・ライフ」を続けてプレイするなど畳みかける。

▲はな(Dr)

▲F チョッパー KOGA(B)

ステージ中央に立ち、豊かな声量と幅広い声域が光る歌声を聴かせるFuki。柔らかな立ち振る舞いとテクニカルでエモーショナルなギタープレイの取り合わせが印象的なTOMO-ZO。ピアノやオルガンをはじめとした多彩な音色で楽曲を彩りつつ、ファットなシャウトも決めるオレオレオナ。ハードチューンにスラップを乗せるという個性的なアプローチで弾力感に溢れたグルーヴを紡いでいくF チョッパー KOGA。Fukiと共にツインボーカルを担いつつ、2バスを多用したテクニカルなドラムプレイを涼しい表情で展開するはな。実力派揃いのメンバーが一体になって生み出すタイトかつ華やかなサウンドは、本当に聴き応えがある。また、ライブが始まってすぐに気づいたことだが、DOLL$BOXXならではのケミストリーを継承したうえで、5年前とは一味異なり、ミステリアスな雰囲気を増していることが印象的だった。3曲聴かせたところで、FukiのMCへ。

「こん…にちは。嵐の昼に、こうして沢山の人に集まっていただいて本当に嬉しいです。私達がDOLL$BOXXです。今日、この日を忘れられない昼にしましょう。最高の昼にしましょう! 最後まで一緒に楽しんでいってください!」──Fuki

▲TOMO-ZO(G)

▲オレオレオナ(Key)

シリアスな表情とバイアスのかかった口調という独特のMCで客席を湧かせた後、メロディアスな「ヌーディリズム」やスタイリッシュな「HERO」、スローチューンの「fragrance」「Doll’s Box」などが演奏された。ハードなナンバーを軸にしたバンドでいながら、「Doll’s Box」のような温かみに溢れた楽曲をしっかり聴かせるあたりも見事。抑揚を効かせたボーカルとシンフォニックなサウンドが溶け合って創出される煌びやかな世界観に強く惹き込まれた。

中盤ではLINDBERG「BELIEVE IN LOVE」のラウドなカバーアレンジで場内を明るく盛り上げ、翳りを帯びた「L.I.B」やTOMO-ZOのギターソロへ。さらに、華やかな「おもちゃの兵隊」、ファンキーな「Dragonet」などで音楽的幅広さを披露。DOLL$BOXXはメタリックなガールズバンドという印象を抱かれることが多いようだが、彼女達は“メタル”の一言では括れない多面性を持ったバンドだ。様々なエモーションでオーディエンスの感情に揺さぶりをかける起伏に富んだステージは観応えがあったし、バンドとしての表現力の高さも改めて感じることができた。


はなのドラムソロや爽やかな「Merry High GO Round」などに続いて、ライブは後半へ。その前に再びFukiのMCが場内に火を点ける。

「明るい時間から始まったDOLL$BOXXのワンマンライブ、明るいうちに終わろうとしています。もう残り数曲。まだまだ体力は残っているかい? 夜のことは……忘れようか。DOLL$BOXXで燃え尽きてくれますか? 暴れてくれますか? もっともっと、楽しんでくれるかい?」──Fuki

この煽りに続いて、ヘヴィネスとポピュラリティーを融合させた「Take My Chance」や切迫感を湛えた「Shout Down」、超高速ビートをフィーチュアした「KARAKURI TOWN」などが怒涛の勢いで演奏された。メンバー全員が織りなす華やかなステージングと爽快感に満ちたサウンドの応酬にオーディエンスも激しいリアクションを見せ、場内の熱気はどんどん高まっていく。本編を締め括った「世界はきっと愛を知っているんだ」で完全燃焼して、DOLL$BOXXのメンバー達は心地好い余韻を残してステージから去っていった。


今回のライブではその健在ぶりを発揮すると共に、“クール&ブラック”という新たなバンドキャラクターや新境地の楽曲などを提示したDOLL$BOXX。意欲的な姿勢を見せるあたりはさすがといえる。唯一無二ともいえる個性や魅力を持ったバンドだけに、すでにスタートしている彼女たちの“第二章”に大いなる期待を寄せたい。なお、同ステージのアンコールでは7月29日に川崎CLUB CITTA'にて自身主催フェス<DOLL$ FESTA>を行うことをサプライズ発表。スタートした<Live Tour 2018「high $pec High Return」>や、4月29日に日比谷野外大音楽堂で行われる<NAONのYAON 2018>出演など、DOLL$BOXXの活動は加速していく。

取材・文◎村上孝之
撮影◎今元秀明

■<Live Tour 2018「high $pec High Return」>2018年4月15日(日)@TOKYO DOME CITY HALLセットリスト

01. Loud Twin Stars
02. monopoly
03. ロールプレイング・ライフ
04. ヌーディリズム
05. HERO
06. fragrance
07. Doll’s Box
08. BELIEVE IN LOVE (LINDBERGカヴァー)
09. L.I.B
〜Gt Solo〜
10. Sub-liminal
11. おもちゃの兵隊
12. Dragonet
〜Dr Solo〜
13. Merrily High Go Round
14. Take My Chance
15. Shout Down
16. KARAKURI TOWN
17. 世界はきっと愛を知ってるんだ
encore
18.ブラックサバイバル

◆Gacharic Spin ライブレポートへ


■主催フェス<DOLL$ FESTA>

2018年7月29日(日) 川崎CLUB CITTA'
OPEN 14:00 / START 15:00
▼出演
DOLL$BOXX / Gacharic Spin / Fuki Commune / Unlucky Morpheus ……and more
▼チケット
前売 ¥6,800(消費税込み/ドリンク代別)
当日 ¥7,800(消費税込み/ドリンク代別)
席種:オールスタンディング
【OFFICIAL FC「ガチャレンジャー」会員先行予約】
2018年4月16日(月)12:00〜5月1日(火)23:59まで
ローソンチケットにて (抽選/最優先)
※4月8日までに入会済の方が、お申し込み対象になります。
※これからご入会いただいてもお申込み対象外となります。
【OFFICIAL HP先行予約】
2018年5月1日(火)12:00〜5月15日(火)23:59まで
ローソンチケットにて (抽選)
【イベンター・全プレイガイド先行・各媒体先行予約】
2018年5月15日(火)以降
発売:2018年6月23日(土)
(問)ディスクガレージ 050-5533-0888(平日12:00-19:00)

■<TOUR 2018「high $pec High Return」>

5月12日(土) 大阪BIGCAT
OPEN 16:15 / START 17:00
6月17日(日) 名古屋Electric Lady Land
OPEN 16:30 / START 17:00
▼チケット
前売 ¥4,000
当日 ¥4,500(消費税込み / ドリンク代別)
席種:オールスタンディング
一般販売:2018年4月14日(土)
(問)ディスクガレージ 050-5533-0888(平日12:00-19:00)

■DOLL$BOXX出演ライブ<NAONのYAON 2018>

4月29日(日・祝) 日比谷野外大音楽堂
開場14:00 / 開演15:00
▼出演
SHOW-YA / 小柳ゆき / 椿鬼奴 / 相川七瀬 / 中村あゆみ / 渡辺敦子 / 富田京子 / Gacharic Spin / Mary’s Blood / DOLL$BOXX / STARMARIE / 早見優 / 相田翔子 / GIRLFRIEND / 宮澤茉凜 / 岡田万里奈 / AYANO / AZU / むらたたむ / YASHIRO / AYUMI / HAL-CA / 末延麻裕子 / 稚菜
▼チケット
全席指定 7,560円(税込)
(問)ディスクガレージ 050-5533-0888(平日12:00-19:00)






■ミニアルバム『high $pec』

2017年11月8日(水)リリース
【初回限定盤(CD+DVD)】VIZL-1240 ¥2,593+税
【通常盤(CD)】VICL-64850 ¥1,667+税
1. Shout Down
2. Sub-liminal
3. HERO
4. 世界はきっと愛を知ってるんだ
5. Dragonet
[DVD収録内容]
“Dragonet” Music Video
“Shout Down” Lecture Movie
・Hana –Drums-
・F Chopper KOGA –Bass-・TOMO-ZO –Guitar-
・Oreoreona –Keybords-
・Fuki -Vocal-

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報