【ライブレポート】Gacharic Spin、「スペシャルメンバーでお送りします!」

twitterツイート

Gacharic Spinが4月15日、TOKYO DOME CITY HALLにて全国22都市23公演におよんだ<Tour 止まらない2018>のファイナル公演を開催した。そのわずか3時間前にはDOLL$BOXXとして全開のステージを同会場で行ったばかりのF チョッパー KOGA、はな、TOMO-ZO、オレオレオナだが、華やかでパワフルなライブは圧巻。アンコール含め約2時間30分全22曲を全力でパフォーマンスして満員の観客を熱狂の渦に巻き込んだ。先ごろ公開したDOLL$BOXXのレポートに続いて、Gacharic Spinのライブレポートをお届けしたい。

◆Gacharic Spin 画像

最新アルバム『G-litter』のリリースに伴い、2月から<Tour 止まらない2018>を開催したGacharic Spin。アルバムをフォローするツアーは音源が発売された後に行われるのが一般的だが、今回のツアーは2018年4月11日のリリースに向けて各地を廻っていくという、ややイレギュラーなもので、これは大きなチャレンジともいえる。『G-litter』を知ってもらうためには新曲を軸にしたセットリストを組む必要があるが、そうするとオーディエンスが知らない曲の多いライブになってしまうからだ。そういう中で、敢えて開催されたツアーには彼女達のアルバムに対する自信や強い意志などが感じられた。と同時に、難関に挑んだツアーのファイナルだけに、完成度の高いものになるに違いないという予想は裏切れられることなく、素晴らしいライブで楽しませてくれた。

▲F チョッパー KOGA(B)

▲はな(Vo&Dr)

ライブはダンサブルな「KAKUHEN」で幕を開け、パワフルチューンの「爆弾娘(ボンバーガール)」や「Never say never」で畳み掛けるという流れからスタート。ラウドでアッパーなサウンドとカラフルな衣装に身を包んで激しいステージングを展開するメンバーの姿、パフォーマーの1号 まいとガチャダンJr.の4人が織りなすフィジカルなダンスなどが一体になったステージは華やかさに満ちている。オーディエンスも熱いリアクションを見せ、場内はパーティ会場を思わせる賑やかな空間へと化した。

「みなさん、こんばんわー! 私達が全力エンターテイメント・ガールズバンド、Gacharic Spinだぁー! やってまいりました<Gacharic Spin TOUR 止まらない2018>ファイナル TOKYO DOME CITY HALL。来てくれたガチャマンとピン子、ありがとうー! 今日はガチャダンJr.も含めたスペシャルメンバーでお送りしますので、最後までよろしくね!」──F チョッパー KOGA

という明るいMCを挟んで、ファンキーな「ジェネレーションギャップ」やエモーショナルな「モノクロイド」、勇壮な雰囲気の「夢喰いザメ」などをプレイ。キャッチーなメロディーを活かしたGacharic Spinの楽曲はライブで聴くと一層映えるし、ハイレベルな演奏を生で見れることも彼女達のライブの醍醐味といえる。

▲TOMO-ZO(G)

▲オレオレオナ(Vo&Key)

メインボーカルを務めつつスクエアでテクニカルなドラミングを決めるはな。曲調に合わせてしなやか系とパーカッシブ系のスラップを使い分け、ボトムプレイではファットにウネるグルーブを生み出すF チョッパー KOGA。ソリッドなリフワークやシャープなカッティング、歌心に溢れたギターソロなど、多彩かつ的確なアプローチが光るTOMO-ZO。リズム楽器としての役割も果たすキーボードとフレキシブルなコーラスで楽曲のエモーションを増幅させるオレオレオナ。4人のサウンド&プレイはDOLL$BOXXのそれとは当然ながら異なるものだ。さらには、灼熱のダンスをはじめ、曲によってはエレキギターを弾いたりけん玉の腕前も披露するなど、パフォーマーの1号 まいが強い存在感を発する。全曲を通してプレイやパフォーマンスの見どころが満載で楽しめたし、秀でた演奏力がGacharic Spinの提示する世界観の説得力を高めていることも改めて感じた。

その後はアコースティック形態で、はなの繊細なボーカルをフィーチュアした「最後のピース」と、オレオレオナが抒情的に歌い上げる「白がこの街と僕を染める」を披露。すべての楽曲に言えることだが、Gacharic Spinは明るさの中に“泣き”や“翳り”の要素を入れ込むのが抜群に上手い。それが功を奏して彼女達は底抜けに明るいイメージでいながら、心に響き、また聴きたくなるというバンドとしてのスタンスを確立している。今回のアコースティックセクションも単なるライブ中のチェンジオブペースに終わることなく、本当に聴き応えがあった。勢いを重視したイベントなどのショートライブとは異なり、シリアスな魅力を味わえることもワンマンライブの大きな魅力といえる。

▲1号 まい(Performer)

アコースティックセクションの後はブラックコンテンポラリーテイストを活かした「your place」やメロディアスな「愛Scream」、TOMO-ZOがボーカルを取るキャッチーな「ドレミファンタジック」といった『G-litter』収録曲を続けて演奏された。カラーの異なる3曲ながら共に魅力的なのは、さすがの一言。楽曲の入り込みやすさや1曲ごとに空気が変わる心地よさも含めて、こういうライブであればアルバムを聴く前にライブを観た各地の人達も、さぞかし楽しめたに違いない。Gacharic Spinが本来持つ、オーディエンスを惹き込むパワーが光るセクションとなっていた。

後半は爽やかな味わいの「ハンティングサマー」や、オレオレオナが“自虐キレ系キャラ”全開で歌うハイテンションな「ズバリ発情期!」、TOMO-ZOのキュートなボーカルをフィーチュアしたアップテンポの「年齢不詳の魔女になりたい」、ダンスチューンの「シャキシャキして!!」などを相次いでプレイ。勢いに任せていきあげるパターンとは異なり、メンバーそれぞれの個性を押し出しながら多彩なアッパーさでテンションを上げていく流れが実にスムーズで美しい。笑顔を浮かべて演奏し、パフォームするメンバーの姿や気持ちを引き上げるサウンド、一体感に溢れたリアクションで盛り上がるオーディエンスなどが混然一体となって、TOKYO DOME CITY HALLの場内は楽園のような情景を描き出していた。


アンコールに応えて、メンバーが再びステージに登場するとF チョッパー KOGAがこう告げた。

「今回のツアーはアルバムを引っ提げてではなくて、新曲を順番におろしていったんだけど、1曲だけまだやってない曲があります。この曲をTOKYO DOME CITY HALLでやりたいと思って取っておきました。聴いてください」──F チョッパー KOGA

そして初披露されたナンバーは「Peacefully」だった。美しい主旋律を核にしたシンプルなバンドアンサンブルがツアーファイナルを輝かしく染め上げる。テクニカルな演奏も性急な展開もGacharic Spinの持つ大きな魅力だが、こういったストレートで穏やかなナンバーにこそ今の彼女達の強さが赤裸々に表れるようで、会場もそのサウンドに身を委ねる姿が印象的なワンシーンとなった。もちろんラストは、Gacharic Spinのライブアンセム「ゴー!ライバー」にて約2時間30分全22曲、DOLL$BOXXのステージを合わせれば全4時間30分全40曲のステージが幕を閉じた。


今回のライブは、Gacharic Spinの底力が遺憾なく発揮される場となった。新曲の良さをしっかりと伝えるために1本たりとも気を抜くことなく各地でライブをしてきたことは明白で、ツアーファイナルでは『G-litter』の収録曲がCDを上回る輝きを発していた。さらに、ツアーを経てバンドとしての表現力にさらなる磨きを掛けたことや、同日昼にDOLL$BOXXのライブを行った後のステージとは思えない圧倒的な持久力を見せつけたことなどもさすがといえる。『G-litter』がリリースされたばかりにもかかわらず、早くもGacharic Spinの次の展開が待ち遠しくなる、そんな充実感に溢れたステージだった。

取材・文◎村上孝之
撮影◎藤木裕之

■<Gacharic Spin TOUR 止まらない2018「〜良い子(415)は真似しないでネ〜」>4月15日@TOKYO DOME CITY HALLセットリスト

01. KAKUHEN
02. 爆弾娘(ボンバーガール)
03. Never say never
04. ジェネレーションギャップ
05. モノクロイド
06. 向かい風
07. 夢喰いザメ
08. 最後のピース(Acoustic Version)
09. 白がこの街と僕を染める(Acoustic Version)
10. your place
11. 愛Scream
12. ドレミファンタジック
〜Dr Solo〜
13. ニコリン星の通勤ラッシュ(instrumental)
14. 赤裸ライアー
15. ハンティングサマー
16. ズバリ発情期!
17. 年齢不詳の魔女になりたい
18. Redline
19. シャキシャキして!!
20. ダンガンビート
encore
21. Peacefully
22. ゴー!ライバー

◆DOLL$BOXX ライブレポートへ


■アルバム『G-litter』

2018年4月11日(水)リリース
【初回限定盤Type-A(CD+DVD)】VIZL-1361/¥4,630+税
特典DVD収録内容
(1)<ライバー大宴祭> The Movie Short Version 2017.6.24日比谷野外大音楽堂ライブ映像
(2)<ライバー大宴祭>大阪編 2017.12.30大阪・umeda TRADライブメンバー5人個別ショット
(3)Music Video「ジェネレーションギャップ」「Redline」
【初回限定盤Type-B(2CD)】VIZL-1362/¥4,167+税
特典CD収録内容
(1)「向かい風」スタジオレコーディング音源
(2)<ライバー大宴祭>大阪編 2017.12.30大阪umeda TRADライブ音源
【通常盤(1CD)】VICL-64918/¥2,778+税
01.Redline
02.Peacefully
03.ドレミファンタジック
04.ジェネレーションギャップ
05.愛Scream
06.幸せのサイン
07.your place
08.年齢不詳の魔女になりたい
09.アメフラレ
10.ズバリ発情期!
11.うんうんうんちくん



■Gacharic Spin出演ライブ<NAONのYAON 2018>

4月29日(日・祝) 日比谷野外大音楽堂
開場14:00 / 開演15:00
▼出演
SHOW-YA / 小柳ゆき / 椿鬼奴 / 相川七瀬 / 中村あゆみ / 渡辺敦子 / 富田京子 / Gacharic Spin / Mary’s Blood / DOLL$BOXX / STARMARIE / 早見優 / 相田翔子 / GIRLFRIEND / 宮澤茉凜 / 岡田万里奈 / AYANO / AZU / むらたたむ / YASHIRO / AYUMI / HAL-CA / 末延麻裕子 / 稚菜
▼チケット
全席指定 7,560円(税込)
(問)ディスクガレージ 050-5533-0888(平日12:00-19:00)

■DOLL$BOXX主催フェス<DOLL$ FESTA>

2018年7月29日(日) 川崎CLUB CITTA'
OPEN 14:00 / START 15:00
▼出演
DOLL$BOXX / Gacharic Spin / Fuki Commune / Unlucky Morpheus ……and more
▼チケット
前売 ¥6,800(消費税込み/ドリンク代別)
当日 ¥7,800(消費税込み/ドリンク代別)
席種:オールスタンディング
【OFFICIAL FC「ガチャレンジャー」会員先行予約】
2018年4月16日(月)12:00〜5月1日(火)23:59まで
ローソンチケットにて (抽選/最優先)
※4月8日までに入会済の方が、お申し込み対象になります。
※これからご入会いただいてもお申込み対象外となります。
【OFFICIAL HP先行予約】
2018年5月1日(火)12:00〜5月15日(火)23:59まで
ローソンチケットにて (抽選)
【イベンター・全プレイガイド先行・各媒体先行予約】
2018年5月15日(火)以降
発売:2018年6月23日(土)
(問)ディスクガレージ 050-5533-0888(平日12:00-19:00)

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報