全米アルバム・チャート、ジェイソン・アルディーンが初登場1位

ツイート

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、カントリー歌手、ジェイソン・アルディーンの8枚目のスタジオ・アルバム『Rearview Town』が初登場で1位を獲得した。彼にとって、5枚目『Night Train』(2012年)から連続4枚目の全米No.1となった。

◆『Rearview Town』画像

先週トップだったカーディ・Bのデビュー作『Invasion Of Privacy』は2位に後退。3位には、オルタナティブ・ロック・バンド、ブレイキング・ベンジャミンの6枚目のスタジオ・アルバム『Ember』が3位にチャート・インした。

今週はこのほか、シンガー・ソングライターJohn Prineの『The Tree Of Forgiveness』が5位に、ペンタトニックスがエド・シーランやブルーノ・マーズ、カミラ・カベロの曲をカバーした『PTX Presents: Top Pop, Vol. I』が10位に初登場している。Prineは1971年にデビュー以来、初めてトップ10入りを果たした。『PTX Presents: Top Pop, Vol. I』はペンタトニックスにとって、ベース・ヴォーカリスト、アヴィ・カプラン脱退/マット・サリー加入後初のスタジオ・アルバムとなる。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報