【ライブレポート】DAY6、初の日本単独ライブで圧倒「もっともっと日本でライブがしたい」

twitterツイート


5ピースバンドDAY6が、日本で初めてのワンマンライブ<DAY6 1st LIVE in JAPAN “THE BEST DAY”>を6月13日(水)に渋谷 TSUTAYA O-EASTで開催した。

◆DAY6 ライブ写真ページ

この公演はチケット即完を受けて機材スペースも解放されていたため、国内外から集まったファンで会場はびっしりと埋め尽くされていた。開演前から、爆発寸前のみんなのエネルギーがすごい。開演時刻の19時を過ぎてメンバーが登場するともちろん大歓声が沸いたが、「Are You Ready?」の一声の後にライブのスタートを飾った「I Wait (Japanese Ver.)」がDAY6を象徴していたように思う。音源で何度も聴いているはずなのに、誰もが一瞬で息を呑んでしまったのだ。日本デビューの際のインタビューでドウン(Drums)が教えてくれたように、極めて繊細なこの曲の歌い出しを担うジェイ(Guitar&Vocal&Rap)は“導入部の妖精”とも言われ、リスナーの耳を奪う大きな魅力がある。DAY6は、見事に最初からライブ会場を圧倒していった。

▲ジェイ(Guitar&Vocal&Rap)

続けて、恋心が冷めた自分に直面する「How can I Say」、孤独な気持ちを実直に訴える「I Need Somebody」という切実で激しいロックナンバーが一気に披露されると、彼らの歌がいかに人々の拠り所になり得るかを改めて知った。メンバー自ら作詞・作曲を手がけるDAY6は、私たちが友達にも家族にも恋人にも明かせない本物の感情を歌う。他にやり場のないネガティブな気持ちを描いた曲でも安易なハッピーエンドに着地せず、むしろ曲が展開していくたびに傷を広げていくような表現もあるが、それがDAY6の楽曲をリアリティーのかたまりにしている。この日の中盤で披露された人気曲「I Smile」も、未練があるから上手く笑おうとする深い切なさを、繊細かつ大胆な旋律とビートで描いた素晴らしいラブソングである。

O-EASTのステージに広がるメンバーの立ち位置のフォーメーションも、DAY6ならではだった。5人中4人がメインボーカルをとる彼らはドウン以外がみな横並びで、ヴォーカルが繋がれていくたびに歌唱するメンバーに目を奪われてしまう。仕草や生々しく伝わってくるブレスやピッチの加減から、4人の個性がよく理解できる。前述のジェイは、時にマイクスタンドを抱くようにして全身全霊で洗練された歌声を響かせ、バンドのリーダーであるソンジン(Vocal&Guitar)は、3月にリリースされた日本デビュー曲「If 〜また逢えたら〜」のサビでも味わうことができる非常にエモーショナルな歌声を届ける。終始ライブを明るく引っ張っていったヨンケイ(Bass&Vocal&Rap)は、安定感のある美声とグルービーなラップでたくさんハイライトを作り、ウォンピル(Keyboard&Synthesizer&Vocal)は、「I Wish」が顕著なように、鍵盤の音色も歌声においても彼が生み出す高音域が曲に広がりを与える。一般的な形態のバンドのように、Aメロ、Bメロ、サビの順でヴォーカリストが徐々に歌い進むことで歌唱を高めていくわけではないのに、自分のパートを常に100パーセントの完成度で表現するDAY6の実力と集中力は尊敬に値する。そして生まれる重層的なハーモニーが本当に素晴らしく、目の前で次々と感動の瞬間が訪れているような気持ちになった。

▲ソンジン(Vocal&Guitar)

MCでは「僕はとても緊張しています」と2回も言っていたにもかかわらず、叩くビートは非常に力強いドラムのドウン、という5人からなるのがDAY6である。ロック、ポップ、エモ、R&B、ヒップホップといった世界のさまざまなジャンルの音楽を愛する5人が生み出すのもジャンルレスで多彩な曲で、彼らの曲を聴くたびにどこまで引き出しがあるのかと不思議に思うくらい。ロック調のナンバーでもR&B的な揺らめきが感じられたり、ポップなリズムと賛美歌が融合したようなナンバーだったり、どこまでも自由でオルタナで最高だ。

筆者が、歌詞の意味を知らない段階からDAY6に魅了されたのも曲そのものがすばらしかったことが原因である。この日演奏された20曲すべてにおいて、イントロが演奏されるたびに「キター!」という心の中の声がフロアから聴こえてきそうだった。実際に韓国では“信じて聴く”という賛辞も贈られるほど良曲しかないのがDAY6だ。今回のライブは、6月6日という最適の日にリリースされたばかりのベストアルバム『THE BEST DAY』を引っさげたライブだけあって(翌日の6月14日は大阪公演を実施)、同作から多く曲が披露されたが、この日は披露されなかった代表曲がまだまだあることを終演後に気づいたときも驚いた(「I Loved You」「When you love someone」etc…)。しかも彼らは韓国で2015年9月にデビューアルバム『The Day』をリリースしたばかり。かなり末恐ろしい。

▲ウォンピル(Keyboard&Synthesizer&Vocal)

またやはり、「やっと会えた」「待ちに待ったワンマンライブ」といった気持ちがファンとメンバーのあいだで通い合う祝祭的な空間となったことも、今回のライブの醍醐味だ。印象的だったのが、中盤で演奏されたデビュー曲「Congratulations」の英語ver.で、メンバーもびっくりして喜んだほどフロアから大合唱のコーラスが起こった。ちなみに、元カノにあまりにも早く新しい彼氏ができて「おめでとう」を言う皮肉たっぷりの曲なので、その大合唱は色んな意味で印象深いものとなった(笑)。

▲ヨンケイ(Bass&Vocal&Rap)

ヨンケイをはじめ、メンバーの日本語も上達していて喜びや感謝を的確に伝えていた(きっと影で練習しています、とソンジンが推測したほどヨンケイの日本語は流暢だった)。それぞれが最近習った日本語も披露され、「ヨンケイさんの日本語、神ってますよね」(ジェイ)、「イケボです。DAY6のイケボと言えばドウンさんですよね?」(ウォンピル)、「(照れたのち)DAY6の世界へいらっしゃいませ!」(ドウン)と楽しげに発表した時間もみんなの思い出だ。

▲ドウン(Drums)

ライブに話を戻すと、本編ラストをシングル「If 〜また逢えたら〜」のカップリング「Baby, it’s okay」、続いて表題曲で締めくくり、これからさらなる活躍が期待されるここ日本の地でしっかりとアピールした。大きな声援に迎えられたアンコール1曲目は、これまた彼らの代表曲のひとつである「You Were Beautiful」の英語Ver.。ため息がでるほどいい曲とはこのことだろう。

最後にメンバーは、それぞれの言葉でメッセージを届けた。

「たくさんの方が来てくれて、本当に本当に本当に…嬉しいです。もっともっと日本でライブがしたいと思います。みなさんも同じ気持ちですよね?」(ジェイ)、「みなさん、最高でした。バッチリでした。笑顔も素敵でした。本当にありがとうございました!」(ヨンケイ)、「本当に本当に楽しかったです。次はいつライブできるのかな。みなさんが言ってくれたらすぐ来ます」(ウォンピル)、「今日は僕たちの公演に来てくれて本当にありがとうございます。いつでもがんばりますから、ずっと応援してください」(ドウン)。最後に「みなさん、愛してます!」と言ったソンジンに、ヨンケイはすかさず「さすがリーダーさん!」と合いの手を入れてみせた。そしてソンジンは、「今日は本当に楽しかったです。また会いたいです。みなさんの応援に答えられるように、もっともっといいライブをやりますので、また来てください。それでは…もっと、モリアガッテヨ!」(まさかのGOT7!?)と叫び、この特別な夜を締めくくったのは、パーティーは終わらない!と言わんばかりに爽快なナンバー「DANCE DANCE」「Freely」の二本立てであった。

▲DAY6

あらためて彼らのまだ短い歴史を振り返れば、デビューアルバム『The Day』が米国ビルボード・ワールドアルバムチャートで2位を記録し、日本デビュー前にもかかわらず2017年にはすでにサマソニに出演、「If 〜また逢えたら〜」は日テレのテレビドラマの主題歌に抜擢されるなど、常に世界を見据え、予想の斜め上を行く結果を出しながら確実に前進してきた。そして、来月7月25日には、ギタリスト生形真一(ELLEGARDEN、Nothing’s Carved In Stone)プロデュースによる新曲「Stop The Rain」を日本2ndシングルとして発表する。

取材・文=堺 涼子(BARKS)

  ◆  ◆  ◆


【リリース情報】

■■■2nd Single「Stop The Rain」
2018年7月25日発売

■通常盤(CDのみ)
品番:WPCL-12912
価格:¥1,204(税抜)

■初回限定盤(CD+DVD)
品番:WPZL-31484/5
価格:¥1,852(税抜)

<収録曲>
1.Stop The Rain
2.Falling
3.Stop The Rain (Instrumental)
4.Falling (Instrumental)


  ◆  ◆  ◆

■■■BEST ALBUM『THE BEST DAY』
2018年6月6日発売

■通常盤(CDのみ)
品番:WPCL-12883
価格:¥2,800(税抜)

■初回限定盤(CD+DVD)
品番:WPZL-31470
価格:¥3,500(税抜)

<収録曲>
1.I Wait
2.You Were Beautiful
3.How can I Say
4.I'm Serious
5.DANCE DANCE
6.I Smile
7.Hi Hello
8.What Can I Do
9.I Loved You
10.When you love someone
11.All Alone
12.I Like You
13.Congratulations (Final Ver.)
14.Letting Go (Rebooted Ver.)
15.Congratulations (English Ver.)
16.I Wait (Japanese Ver.)
17.You Were Beautiful (English Ver.)


twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報