PreSonus人気インターフェイスにハードウェアDSPモニタリング&ADAT対応の新モデル「Studio 18|10」&「Studio 18|24」登場

twitterツイート

PreSonusの24bit/192kHz対応USB 2.0オーディオ/MIDIインターフェイスStudioシリーズに、多彩な入出力を備えた新モデル「Studio 18|10」と「Studio 18|24」が登場した。

PreSonus Studioシリーズは、ホーム・スタジオ、ライブ、DJに理想的なオーディオ/MIDIインターフェース。頑丈かつコンパクトなフルメタル・シャーシに、PreSonusが誇るXMAXクラスAプリアンプ、ハイエンドA/D/Aコンバーター、DCカップリング対応ライン出力、超ラウドなヘッドフォンヘッドホン・アンプを搭載し、高品位な音楽制作環境をモバイルでもホーム・スタジオでも実現する。

新しく加わった「Studio 18|10」と「Studio 18|24」は、I/Oの拡張に加え、ハードウェアDSPモニタリング、ADAT(96kHz SMUX対応、18|10は入力のみ、18|24は入出力とも)、BNC(18|24のみ)を搭載するなど多彩なニーズに対応。「Studio 18|10」は18入力8出力、フラッグシップモデル「Studio 18|24」は18入出力を搭載(うちマイク入力はそれぞれ4系統と8系統)。この2モデルの登場により、「Studio 2|6」(2入力4出力)、「Studio 6|8」(6入出力)とあわせ、モバイルに理想的なコンパクト・サイズからフラッグシップの1Uモデルまで4モデルのラインアップが揃った。


▲ハードウェアDSP モニタリング、ADAT入力を搭載した「Studio 18|10」。フロントにはMic/Inst/Line入力を2系統、Mic/Line入力を2系統搭載。リアにはMIDI入出力、ADAT入力、S/PDIF入出力、Line Out×4、Main Out×2、Line In×4、Phones×2を用意。


▲Studioシリーズのフラッグシップ・モデルとなる「Studio 18|24」はADAT入出力を搭載。フロントにはMic/Inst/Line×2、Phones×2を配置。リアにはMIDI入出力、Clock Out、ADAT入出力、S/P DIF入出力、Main Out×2、Line Out×8、コンボジャックのMic/Line Inputs×8を用意。

Studioシリーズは、ワールドクラスのDAWソフトウェア「Studio One 4 Artist」、Plugin Alliance、Lexicon、Klanghelm、Output、Arturiaとの連携による7種のプラグインを含む豪華なStudio Magicプラグイン・スイートもバンドル。コンプリートかつオールインワンなハードウェア&ソフトウェア音楽制作パッケージとなっている。

製品情報

◆Studio 18|10
価格:オープン(49,800円前後)
発売日:2018年7月27日
◆Studio 18|24
価格:オープン(59,800円前後)
発売日:2018年6月22日
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報