ドレイク、DJキャレドがドタキャンで、ロンドンのフェスティバルでサプライズ・ヘッドライン

twitterツイート

日曜日(7月8日)、英国ロンドンで開かれた<Wireless Festival>で、ドレイクがサプライズ・ヘッドラインを飾り、オーディエンスを歓喜させた。

◆ドレイク、DJキャレド画像

フェスティバル最終日となるこの日はDJキャレドがヘッドライナーとして出演するはずだったが、主催者は当日、「移動の問題により、DJキャレドはパフォーマンスしません。しかし、我々は(オーディエンスを)失望させないなにか特別なものを用意しようとしています」とツイートしていた。

ドレイクは、最新アルバム『Scorpion』が金曜日夜(6日)発表された全英アルバム・チャートで初登場1位を獲得したばかり。タイムリーで嬉しいサプライズとなった。



一方、DJキャレドはその数時間前に、「まだバケーション中!!!!!!!!」と、息子とプールに入った写真をインスタグラムに投稿していたことから、彼目当てでチケットを購入したファンからは不満の声も上がっている。



主催者はフェスティバル終了後、「The Fourの撮影に関連したスケジュールの都合からDJキャレドはWireless Festivalでプレイできませんでした。数ヶ月前からわかっており、なんとかしようとしてきましたが、不可能でした」とツイートしている。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス