【対談】フルカワユタカ×原昌和(the band apart)、「もっとキュンキュンさせてほしい」

ツイート

■このノリでアルバム一枚作ったら
■すごいものができると思う──フルカワユタカ

──フルカワさんは原さんのことを「天才」と言ってますけど、一緒にレコーディングして、ご自身との違いも浮き彫りになりました?

フルカワ:バンアパはレコーディング中に曲を作るぐらいの勢いですけど、僕は準備を重ねた後に一発で録りたい人で。一発のマジックを信じているんですよ。マーちゃんはそれを嫌うかもしれないけどね。

原:嫌ってないよ。俺はデモテープをいい音で録ってるような感覚だから。

フルカワ:俺は道筋を見せたくて、ちょっとズレてもそれが道だと思うほう。ドーパン時代はテイクを切ったり貼ったりしていた時期もありましたけどね。レッド・ツェッペリンとか好きなので、不自然なものより自然なもののほうが何回も聴けるし、自分がそういうものに影響を受けてきたから。

原:そうだよね、自然に聴こえるんだよね。俺の場合はその前の段階にいて、自分のプレイよりがどうとかいうよりも、いいデモテープを作って、自分がいいと思いたい。

▲原昌和 (the band apart)

フルカワ:「レコーディングのテイクがどんどん進む人だ」ってマーちゃんから言われたけど、俺は家でめちゃくちゃ練習するのよ。レコーディングでは詰めた状態で臨むから。

原:そうか。俺の場合は曲をその日までにあげられないんだよね。何度かライヴをしないと、その状態にならない。ライヴをやってない曲はどうにも固まらなくて。そういう曲を録音するのが怖い。

フルカワ:それはすげえわかる! だから、本当は逆なんだけど、商業ベースだとなかなかそういうわけにいかないから。すごく甘いテイクを録って、ライヴで曲が良くなっていくわけだからね、きっと。

原:録るときって最初に自分のファンにならないと。架空のバンアパというバンドを作って、そこに惚れる作業なのかなと。

フルカワ:それは一緒なんだよ。俺も自分の音源もすげえ聴くしね。でもそれが切り貼りしてあると、途端に聴かなくなるんだよ。

原:あっ、そうなの? 俺は音の定位とかを聴いてるから。

フルカワ:だからプレイヤーでもあるけど、アレンジャー気質なんだと思う。

──今後、お2人で何か考えていることはあります?

フルカワ:イベントをやってもいいかなと。何も決めずに、勝手に喋ればいいのかなって。ノープランで100人ぐらい集めてね。

──今日の対談でもわかる通り、お2人でトークショーとか普通にできそうですね、話が止まらない(笑)。

フルカワ:そもそも話が好きだし、マーちゃんの話も好きですからね。マーちゃんは寛容だし。

原:おまえがいい奴だからだよ。嫌な奴はほんとに嫌だから。

──では最後に、お互いに望んでいることがあれば。

フルカワ:演じている部分もあるのかもしれないけど、この破滅っぽい性格の中にポジティヴな部分を持ってる人なので、それをもう少し表に出したいんですよ。おこがましいけど、やっぱりすごい人だから、最近は歌わせたいと思ってますからね。

原:はははは、おまえが引っ張り出してくれるんだ?

フルカワ:いやまあ、マーちゃんが嫌じゃなければね。

原:人のことにマジ興味ないんで。こいつは人懐っこい奴だなと思ってますけどね。

フルカワ:それこそ人によるからね?

原:そうだろうな。俺はちょっとでも対抗意識を見せられると、すごく嫌いになるんですよ。たとえば、あるベーシストがアドバイスしようとしてきたことがあって、本当にそいつのことは嫌いだなと。

フルカワ:そのベーシストも悪気はなかったと思うんだけどね(笑)。

──では、原さんがフルカワさんに期待することは?

原:日本語ですごくいい曲を書く人だから、もっとキュンキュンさせてほしい。

──ユニットとか組めそうですよね?

原:Kiroroとかね。

フルカワ:何でKiroroなんだよ(笑)! これは本人にも言ったんですけど、マーちゃんとこのノリでアルバム一枚作ったら、すごいものができると思うけど、もたないんじゃないのって。バンドとかユニットになると、ポジティヴなものだけじゃなくなるから。マーちゃんと一緒にするときはネガティヴなことは入れたくないから、ユニットにはしたくないですね。

原:2人で遊んでるくらいがいいよな。

──ある意味、お2人が表現したい世界観は「ドナルドとウォルター」のミュージックビデオ通りなんですね。

フルカワ:ああ、そうですね。まだマーちゃんとは友達というところまで、処理できてないんだけど。

原:おまえの中の友達って敷居が高いんだろうな。俺は、この先、金をむしり取ろうとする奴でも、今が楽しければいいって感じだから。

フルカワ:この発想がむちゃくちゃでしょ? 俺が金をむしり取るわけない!

原:まあ、そうだろうけど(笑)。あまり先を見てないんだよ。今が楽しければそれでいい。

──できれば、またいつか一緒に曲を作って欲しいです。

フルカワ:それはもちろん! でもあまり期待しないでください(笑)。

取材・文◎荒金良介
撮影◎梶原靖夫


■フルカワユタカ feat.原昌和(the band apart)「ドナルドとウォルター」


2018年6月6日発売
NIW141 1,700円(税抜)
1. ドナルドとウォルター (※新曲)
2. too Young to Die (※セルフカバー)
3. Lost & Found (※DOPINDG PANDAカバー)
4. Me, Dogs And Mother Mary (※DOPINDG PANDAカバー)
5. セレナーデ (※新曲)
6. すばらしい日々 (※ユニコーンカバー)
※M2以降はフルカワユタカ

■<フルカワユタカ アコースティックツアー「僕はこう弾き語った」>

2018年7月18日(水) 愛知・sunset BLUE
2018年7月19日(木) 大阪・digmeout
(w/ Key=岸本亮 / fox capture plan)
2018年8月03日(金) 広島・ライブ楽座
2018年8月04日(土) 京都・紫明会館
2018年8月05日(日) 香川・SPEAK LOW
(w/ Par=神林祥太)
2018年8月16日(木) 茨城・MINERVA
2018年8月23日(木) 岩手・BAR CAFE The S
2018年8月24日(金) 宮城・REMEMBER
(w/ Key=岸本亮 / fox capture plan)
2018年9月01日(土) 新潟・Blue Cafe
2018年9月02日(日) 群馬・SLOW TIME café
(w/ Par=神林祥太)
2018年9月26日(水) 東京・下北沢440
(w/ Key=岸本亮 / fox capture plan)
(w/ Par=神林祥太)
▼チケット
3,300円 (+1ドリンク代別)
全自由/整理番号付
【一般発売】
7月18日~8月16日公演:6月30日(土)発売
8月23日~9月26日公演:7月21日(土)発売

■<フルカワユタカ presents「5×20 additional, PlayWith シックス」>



▼〜with 6 & STOMPIN' BIRD〜
8月31日(金) 下北沢SHELTER
w/ HAWAIIAN6, STOMPIN' BIRD
開場19:00/開演19:30
【チケット】
4,000円 (+1ドリンク代別)
オールスタンディング/整理番号付
・SMA☆チケット http://www.sma-ticket.jp/artist/furukawayutaka
・e+ http://eplus.jp/furukawa-520ad/

■<フルカワユタカワンマンショー in 札幌>

2018年10月19日(金) 北海道 KLUB COUNTER ACTION
OPEN 18:30 / START 19:00
▼チケット
3,990 yen (1ドリンク代別途)
(問)マウントアライブ 011-623-5555
【先着先行受付】
受付期間:5/30(水)22:00〜6/10(日)23:59
http://eplus.jp/furukawayutaka18/

■the band apartライブ/イベント情報

2018年07月26日(木) 東京・渋谷 TSUTAYA O-EAST
2018年08月11日(土・祝) ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018
2018年08月19日(日) 香川・MONSTER baSH 2018(naked)
2018年08月25日(土) 兵庫・・三田 ONE MUSIC CAMP 2018(naked)
2018年09月01日(土) 大阪・RUSH BALL 2018 20th ANNIVERSARY
2018年09月08日(土) 神奈川・川崎 BAYCAMP 2018
2018年09月15日(土) New Acoustic Camp 2018 (naked)
2018年09月22日(土) 岐阜・中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2018
2018年10月13日(土) 大阪・the band apart 20th anniversary SMOOTH LIKE GREENSPIA 2018


◆インタビュー(3)へ戻る
◆インタビュー(1)へ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報