【インタビュー】SUPER★DRAGON、グループ史上最高スキルの歌とダンスを詰め込んだ快心作「SWEET DEVIL」

ツイート

■後半のスタートダッシュがこのシングルなので
■来年まで勢いに乗って止まらずにいきたい


――今回のシングルって、AタイプもBタイプもカップリングが夏らしい曲ですね。まずはAタイプが「Ringing Love」ですね。日本語なのに英語に聞こえる歌詞とか、リズムのとり方も洋楽テイストですよね。メロディもJ-POPじゃないし。

洸希:最初に聞いた時に「マジかよ!」ってレベルで。僕は歌い出しなんですけど、日本語の歌詞を英語っぽく歌うというところがすごく難しかったんですよ。その歌い方で自分なりの表現力を出して歌うというのが。プリプロをした時に、なんとなくどんな感じかというのを歌ってみたんですけど、「ここはちょっと違うから、もうちょっとこういう風に」って、いろいろディレクションをしていただいて本番に挑んだんです。あとはラップパートのフロウがめちゃくちゃ難しくて。裏でリズムをとっていたり、いろんなところからどんどん出てくるようなフロウなので。そこにすごい苦戦しました。実は練習の時は毎回のように噛んでたんですよ。


▲「SWEET DEVIL」TYPE-A


▲「SWEET DEVIL」TYPE-B

――リズムの取り方がずっと英語のリズムの取り方だもんね。

洸希:そうなんですよ。

ジャン:僕はレコーディングの時って、だいたい上半身裸で歌うんですけど……。

玲於:その情報いる?

ジャン:いや、シド・ヴィシャスみたいなイメージでね(笑)。裸じゃないですよ。上半身裸なので。全裸ではないです。

――上だけ服を脱いじゃうということですよね(笑)。

ジャン:はい。特に今回、自分のパートが二箇所ある中で、2番のラップは昔のジャンに近いというか。

玲於:「昔のジャン」って、誰や!

ジャン:(笑)結成初期の頃のエネルギッシュでヤンチャな感じが出る歌い方で。ディレクターにも言われたんですけど、「力強く行っちゃって!」ということだったので、とにかくダミ声で、歌ってる時も激しく動きながら歌って。きっと、カップリングでこの曲を聴いたら、「SWEET DEVIL」で聴いた僕とは違う僕に聞こえるような気がするので。そういうところでは「Ringing Love」では違うジャンが見せられたかなと思います。

――和哉くんはいつもゴリゴリな感じだけど、今回はちょっと違う?

和哉:そうなんです。メロ系のパートを担当していて。今までやったことがなかったんですけど、メロをやれるというのは嬉しかったのでむちゃくちゃ頑張りました。レコーディングの時でもニュアンスの出し方とかも、いつものラップの感じでリズムが走っちゃったりしたんですよ。それで、何回も録り直して。

――いつものラップよりリズムはシビアだもんね。

和哉:いつもだとリリックがもっと詰まってる。でも、メロだとゆったり乗せてるから、ちょっとズレてしまうと変に聞こえちゃうんですよ。そこを合わせるのが難しかったですね。


▲壮吾


▲洸希

――メロディーパートを歌っている二人はどうでした?

彪馬:英語がすごく多くて。日本語を英語のように歌うというところで発音を頑張ろうと思ったんですよ。滑舌よく歌おうとするんですけど、日本語っぽく滑舌をよくするんじゃなくて、英語っぽく、ちょっと「R」を入れてみたり。そういうのもメロディの部分でもあったりして。それでなおかつ「Ringing Love」の甘い恋愛観を表現するというのが、「SWEET DEVIL」とも違った難しさがありました。そこは自信を持って、英語っぽい歌詞風に歌わないとダメだなと思ったので、そこは自分で振り切って歌い切りました。

毅:「SWEET DEVIL」とは違って、R&Bならではのグルーヴ感みたいなものも出さなければならなかったので、そういうリズムみたいなのも難しかったです。自分の中で練習はしたつもりだったんですけど、英語っぽく歌うというのは、自分の中で限界があったので、そこは苦戦しながらやった思い出があります。

――レコーディングの現場でも苦戦したんだ。

毅:はい。英語のところも、普通の英語の時の発声と少し違うので、すごく勉強になりました。単純に、キーもめちゃくちゃ高かったというのもありますね。僕が出せる限界の高さだったんですよ。レコーディングはもう終わりましたが、これからライブでも披露するので、そこはもっと自分の中で突き詰めて、いいものを届けられるようにしたいと思います。

――振り付けはこれからなんですよね。

玲於:はい。でも、すごい細かいという噂があります(笑)。

楽:激しそうだよね、結構。

彪馬:たぶん「SWEET DEVIL」より色っぽい感じになると思います。R&Bなので。「SWEET DEVIL」でこの夏を盛り上げて、「Ringing, Love」で魅せる、そういう曲です。

――Bタイプのカップリングは「Summer Breeze」ですね。すごく爽やかなんですけど、ラップパートになると世界観がガラッと変わりますよね。こういうギャップとか意外性を一曲の中で聞かせるのがSUPER★DRAGONならではですね。

彪馬:意外性が大好きです。

毅:ギャップとか好きですよね。

――歌詞は可愛らしいんですけどね。

毅:実は「Ringing Love」と歌詞が連動しているんですよ。

――「ソーダ水」とかね。

毅:はい。伏線的なワードが出てくると思うんですけど「Ringing, Love」が遠距離恋愛で、「Summer Breeze」はその前の話なんです。海で出会った男女の切ない、甘酸っぱい恋愛みたいな。

――しかも、出会った頃は秘密の恋なんですね。

ジャン:そうなんですよ。「Summer Breeze」で連絡先を交換して、「Ringing, Love」で恋心を募らせて電話をしているという。


▲彪馬


▲和哉


▲楽

――この曲も頭から英語ですけど。歌い出しは毅くんですね?

毅:はい。やっぱり英語は難しいですね。ここで一気にサウンドと一緒に世界観を作らなきゃいけないので、そこの表現を自分の中でかなりこだわりましたね。レコーディング中も、前回のシングルよりも「こうしたい」という考えを固めて、いろんなことを試行錯誤しながら、ディレクターと相談しながらできたと思います。

彪馬:「Summer Breeze」自体、他2曲に比べて爽やか系ですし、僕の年齢的にも爽やかさが出せると思ったので、そういう部分をこの曲で存分に出したいなぁと思っていたんですが、物語をしっかり解釈したら僕の持ち味のヤンチャさはちょっと違うかもと思って。

毅:一見爽やかだけど、メロディーは切なさが勝るよね。

彪馬:僕的に今回の3曲の中で、「Summer Breeze」が一番歌いやすかったんですよ。全部恋愛の曲なんですけど、恋愛を表現するには歌詞の解釈が難しい部分もあった中で、「Summer Breeze」は歌いやすくて。自分の中でも、歌詞の内容も曲のイメージも、頭の中で想像しやすかった。連想しやすいキーワードがたくさん入ってるんですよね。実際に、夏で、海でって想像しながら歌うことができたので。自分で聴いていてもすごく好きなんですよ。移動中もよく聴いていますし、この三曲の中でも特にオススメです。

――しかも、ラップパートになるとすごいかっこいい。

洸希:今回のラップは自分的にも力強く歌うような感じでラップをしたんですよ。この歌詞の中には切なさがあるので、僕の2回目のラップの「終わらないで」から始まる部分は、辛さも含めた感情で表現をしようかと思って。このあと「Ringing Love」に繋がりますよね。遠距離恋愛になってしまうわけで、最終的には離れ離れなので、その切なさも曲の中に入っているんです。この曲は、想像しながら、いろんな楽しみ方ができると思うんですよ。

ジャン:僕のところはいつも担当しているようなラップパートっていうより、フックなんです。全部英語で繰り返しているんですけど、ドロップ部分なので力強く歌わないと、この曲を盛り上げてきた土台が崩れてしまうので、次のラップへのバトンパスという意味も込めて、なるべくテンションを落とさずゴリゴリに歌わせていただきました。彪馬と同じで、僕もこの曲が一番気持ちを込めやすかったですね。好きですね。

和哉:この曲って、さっき言ってくださったように、歌の部分とラップパートのギャップっていうのが聞きどころでもあるんですね。僕も、そこの差別化というのはしっかり出したかったので、いつもの僕通りなんですけど、いつもよりもう一押し力強くというのは意識しましたね。

――切ない曲だけど、心の中の熱さを表現しているのがラップパートという感じがしますよね。そういう力強さなのかな。

和哉:そうですね。歌詞は切ないけど、闘志を表現したかったです。

――夏にピッタリなシングルになりましたね。

ジャン:はい。最後に一つだけいいですか。僕の個人的なことなんですけど、今回、このジャケット写真に額縁がありますよね。女性の手が写ってると思うんですけど、実はこれ、僕の手なんです。

――綺麗な手ですね! 指も長いし!

ジャン:はい、基本長いです!

一同:わははは!

ジャン:これ付け爪なんですよ。結構準備にも時間がかかったので、ちゃんと採用されてよかったです。というわけで裏話でした(笑)。

――面白いエピソードを教えてくれてありがとう。では、最後に、2018年の後半はどんな感じで行きますか?

和哉:後半のスタートダッシュがこのシングルなので、このシングルで勢いつけて、来年まで勢いに乗って止まらずにいきたいですね。

取材・文●大橋美貴子

SUPER★DRAGONは、カラオケの第一興商が強力プッシュする8月度D-PUSH!アーティストに決定しており、「SWEET DEVIL」はすでに楽曲配信されており歌唱が可能。また「SWEET DEVIL」のミュージックビデオは、カラオケ背景映像に今だけクリップ(期間限定映像)として7月31日から順次配信。さらに、カラオケ演奏の合間に放映される音楽情報コンテンツ「DAM CHANNEL」内のD-PUSH!コーナーにゲスト出演し、パーソナリティとのトークを楽しませてくれる。DAM express(目次本)D-PUSH!ページでは、ここでしか読むことのできないインタビュー記事とともにアーティスト写真、ジャケット写真が掲載される。そしてリリース情報、インタビュー記事が同社が運営するwebサイト「DAM CHANNEL」(http://www.clubdam.com)でも掲載される。カラオケ店やWEBで、SUPER★DRAGONとの出会いを楽しんでほしい。

インタビューの続きは以下のサイトで。
◆http://www.clubdam.com/


リリース情報

「SWEET DEVIL」
2018.8.1 RELEASE

TYPE-A
品番:ZXRC-1159
形態:CD only
価格:\926+税
【収録曲】
M1. SWEET DEVIL
M2. Ringing, Love

TYPE-B
品番:ZXRC-1160
形態:CD only
価格:\926+税
【収録曲】
M1. SWEET DEVIL
M2. Summer Breeze

ライブ・イベント情報

「SWEET DEVIL」リリース記念フリーライブ
◆8/1( 水) 東京・ラクーア (18:00~)
◆8/4( 土) 大阪・南港ATC(14:00~)
◆8/5( 日) 千葉・アリオ柏(14:00~)

◆インタビュー(1)へ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報