ボン・イヴェールのジャスティン&ザ・ナショナルのアーロン、10年来の友情が生んだコラボAL

twitterツイート


ボン・イヴェールことジャスティン・ヴァーノンとザ・ナショナルのアーロン・デスナーによるコラボプロジェクト“ビッグ・レッド・マシーン”のセルフタイトルアルバムの日本盤が、9月5日(水)にリリースされる(海外発売日:8月31日(金))。

◆アルバム『Big Red Machine(ビッグ・レッド・マシーン)』 画像

このプロジェクトは、2008年にアーロンがジャスティンに、アルバム『ダーク・ワズ・ザ・ナイト』(エイズのための慈善団体レッド・ホット・オーガニゼーションがリリースしたチャリティー・アルバム)のための「Big Red Machine」と名付けられた曲のアイデア・スケッチをインストゥルメンタルで送ったことから始まった。

アーロンとジャスティンは2017年夏の<Eaux Claires Festival>や<Haven Festival>、<Sounds from a Safe Harbour Festival>で即座的に作ったライヴセットのための基盤として、曲のスケッチをそのフェスティバルごとに様々なコラボレーターと披露しながら、2年かけて『ビッグ・レッド・マシーン』のためのマテリアルを磨きあげていった。

今作は、ジャスティンとアーロンが、二人の長年のコラボレーターであるブラッド・クックと共にプロデュースし、ジョナサン・ローがレコーディングとミックスを手掛けている。また、『ビッグ・レッド・マシーン』の各楽曲は、ジャスティンやアーロン等が共同設立したアーティスト集団、“PEOPLE”の人々が大きく貢献してもいる。

「“PEOPLE”の人たちが集まって完成のための力を貸してくれなかったら、このアルバムは存在していなかったと思う」とアーロンは語る。

「僕たちは音楽をある程度のところまで完成させて、友達にアイデアを募りながらそれを至るところに送ったんだ。僕たちは今作とそのプロセスを、コミュニティの視点から捉えてきた。本当に楽しみにしているよ、もっと平凡なシチュエーションでアルバムを作っているときと同じくらい、楽しみにしている。でも今作には新しい何かを感じるんだ── プロセスも違うし、出来上がったものも違う風に感じているよ。」

  ◆  ◆  ◆

▲アルバム『Big Red Machine(ビッグ・レッド・マシーン)』

ボン・イヴェールとザ・ナショナルというUSインディーシーンのトップランナー達の10年来の友情の結果生まれた、夢のコラボアルバムと言えそうだ。現在、アルバムから「Gratitude」「Hymnostic」「Forest Green」「Lyla」の4曲が公開されている。





■アルバム『Big Red Machine(ビッグ・レッド・マシーン)』

2018年9月5日(水)発売
※海外発売日:8月31日(金)
レーベル: Jagjaguwar / Hostess
HSE-6908 ¥2,400 + 税
※歌詞対訳、ライナーノーツ付(予定)

<トラックリスト>
1. Deep Green
2. Gratitude
3. Lyla
4. Air Stryp
5. Hymnostic
6. Forest Green
7. OMDB
8. People Lullaby
9. I Won’t Run From It
10. Melt
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス