フジロックのボブ・ディランをオリジナル曲で疑似体験、全16曲のプレイリスト公開

twitterツイート

7月29日、<FUJI ROCK FESTIVAL '18>最終日にヘッドライナーとして登場したボブ・ディラン。この日のセットリストに基づくプレイリストがApple Music、Spotify、LINE MUSICにて公開されている。

◆ボブ・ディラン画像

ノーベル文学賞受賞後初、初来日から40周年、通算101回目の来日公演にして初の日本のロック・フェス参加ということで、3月の発表以来大きな注目を集めてきたボブ・ディランの<フジロック>出演。直前の韓国・ソウル公演では久々にギターを弾いたことも話題を呼んだが、この日は全曲ピアノ演奏によるパフォーマンスに。夕暮れ迫るGREEN STAGEに姿を見せると、「悲しきベイブ」「追憶のハイウェイ61」「くよくよするなよ」など60年代の楽曲や、近年ほとんど演奏されることがなかった70年代の超レア曲「マスターピース」なども織り交ぜ、後半ではハーモニカの演奏を交えながら、ラストを飾った名曲「風に吹かれて」まで全16曲、約90分のステージを駆け抜けた。当日現地で目撃できた幸運なファンも、残念ながら参加できなかったというファンも、オリジナル曲によるプレイリストでこの記念すべきライブを追体験してみてはいかがだろうか。


なお、ボブ・ディランの日本公式サイトでは現在、各曲ごとの詳細レポート(http://www.sonymusic.co.jp/artist/BobDylan/info/497442)も公開中だ。

■プレイリスト「BOB DYLAN@FUJIROCK18」

https://sonymusicjapan.lnk.to/BobDylanFFRSetlist

【Bob Dylan 2018/7/29 Fuji Rock Festival ‘18 Setlist】
1.Things Have Changed (Bob on Piano) /シングス・ハヴ・チェンジド (『Wonder Boys"(OST)』 2001)
2.It Ain't Me, Babe/悲しきベイブ(『アナザー・サイド・オブ・ボブ・ディラン』1964)
3. Highway 61 Revisited/追憶のハイウェイ61 (『追憶のハイウェイ61』 1965)
4.Simple Twist Of Fate/運命のひとひねり (『血の轍』1975)
5.Duquesne Whistle/デューケイン・ホイッスル (『テンペスト』 2012)
6.When I Paint My Masterpiece/マスターピース (『グレイテスト・ヒッツ第2集』 1971)
7.Honest With Me/オネスト・ウイズ・ミー (『ラヴ・アンド・セフト』 2001)
8.Tryin' To Get To Heaven/トライン・トゥ・ゲット・トゥ・ヘヴン (『タイム・アウト・オブ・ マインド』 1997)
9.Don't Think Twice, It's All Right/くよくよするなよ (『フリーホイーリン・ボブ・ディラン』 1963)
10.Thunder On The Mountain/サンダー・オン・ザ・マウンテン (『モダン・タイムズ』 2005)
11.Make You Feel My Love/メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ (『タイム・アウト・オブ・ マインド』 1997)
12.Early Roman Kings/アーリー・ローマン・キングズ (『テンペスト』 2012)
13.Desolation Row/廃墟の街 (『追憶のハイウェイ61』 1965)
14.Love Sick/ラヴ・シック (『タイム・アウト・オブ・ マインド』 1997)
15.Ballad Of A Thin Man/やせっぽちのバラッド (『追憶のハイウェイ61』 1965)
16.Blowin' In The Wind/風に吹かれて (『フリーホイーリン・ボブ・ディラン』 1963)


twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報