ザ・ローリング・ストーンズ監修、彼らに影響を与えたブルースのコンピレーション・アルバム発売

twitterツイート

ザ・ローリング・ストーンズのメンバーが監修したブルースのコンピレーション・アルバム『Confessin’ The Blues』がこの秋、リリースされる。

◆ザ・ローリング・ストーンズ画像、動画

彼らに影響を与えたチャック・ベリー、B.B.キング、ハウリン・ウルフ、ジョン・リー・フッカー、エルモア・ジェームス、マディ・ウォーターズらの楽曲を収録。トラッキングリストは、ザ・ローリング・ストーンズのメンバーが選び、アルバムのアートワークはロニー・ウッドが手掛けた。

アルバムを紹介する映像の中では、「ブルースを知らないなら、ギターを手にしロックンロールをプレイする意味はない」とのキース・リチャーズの言葉が引用されている。



このジャンルのビッグ・サポーターであるストーンズとBMG(レーベル)は、セールスの一部をウィリー・ディクソンのブルース・ヘヴン基金へ寄付することを決めたそうだ。

『Confessin’ The Blues』は、11月9日にリリース。収録曲は以下の通りで、ザ・ローリング・ストーンズのオフィシャル・オンラインストア(https://store.digitalstores.co.uk/rollingstones/*/Confessin-The-Blues/)から予約を受け付けている。

CD1

Muddy Waters 「Rollin’ Stone」
Howlin’ Wolf 「Little Red Rooster」
John Lee Hooker 「Boogie Chillen」
Little Walter 「I Hate To See You Go」
Chuck Berry「Little Queenie」
Bo Diddley 「You Can’t Judge A Book By Its Cover」
Eddie Taylor「Ride ’Em On Down」
Slim Harpo 「I’m A King Bee」
Magic Sam 「All Your Love」
Elmore James w/ Sonny Boy Williamson II 「Dust My Broom」
Little Walter 「Just Your Fool」
Muddy Waters 「I Want To Be Loved」
Big Bill Broonzy 「Key To The Highway」
Robert Johnson 「Love In Vain Blues」
Mississippi Fred McDowell 「You Gotta Move」
Jimmy Reed 「Bright Lights, Big City」
Big Maceo 「Worried Life Blues」
Little Johnny Taylor 「Everybody Knows About My Good Thing (Part 1)」
Howlin’ Wolf 「Commit A Crime」
Otis Rush 「I Can’t Quit You Baby」
Jay McShann & Walter Brown「Confessin’ The Blues」

CD2

Howlin’ Wolf 「Just Like I Treat You」
Little Walter 「I Got To Go」
Chuck Berry 「Carol」
Bo Diddley 「Mona」
Muddy Waters 「I Just Want To Make Love To You」
Elmore James & The Broom Dusters 「Blues Before Sunrise」
Eddie Taylor 「Bad Boy」
Boy Blue 「Boogie Children」
Jimmy Reed 「Little Rain」
Robert Johnson 「Stop Breakin’ Down Blues」
Reverend Robert Wilkins 「The Prodigal Son」
Lightnin’ Slim 「Hoodoo Blues」
Billy Boy Arnold 「Don’t Stay Out All Night」
Bo Diddley「Crawdad」
Dale Hawkins「Susie Q」
Amos Milburn 「Down The Road Apiece」
Howlin’ Wolf 「Little Baby」
Little Walter 「Blue And Lonesome」
B.B. King「Rock Me Baby」
Buddy Guy 「Damn Right, I’ve Got The Blues」
Muddy Waters 「Mannish Boy」

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報